ニッポンノワール刑事Yの反乱第7話あらすじ&感想 清春、組織に近づく!

はじめに

『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』第7話では、清春はニッポンノワールという組織を調べようとしますが清春の前には強大な敵が立ちはだかります。

清春は克喜が人体実験をされているということを聞いてニッポンノワールを許せないと思い才門が殺されて清春の怒りは爆発する。

僕はこんな骨太刑事ドラマが好きで観ていますがハラハラドキドキの展開はこのドラマの見どころで初めて見る人でも絶対に気にいると思います。

あくまで僕の見解なので気に入らなければコメントお願いします。

この記事を読み終わった頃にはきっとあなたは『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』を好きになっていることでしょう。

キャスト&スタッフ

脚本:武藤将吾
演出:猪股隆一/小室直子/西村了
監修:石坂隆昌(警察)
出演者:賀来賢人/広末涼子/井浦新/夏帆/工藤阿須加/佐久間由衣/立花恵理/田野井健/細野善彦/篠井英介/杉本哲太/笹野高史/北村一輝
音楽:松本晃彦
エンディング:サザンオールスターズ「愛はスローにちょっとずつ」

第7話あらすじ

ニッポンノワールのアジトでは、監視カメラで清春たちを監視していて南武たちは男たちに発砲するが男たちは怯まずに向かってきた。

そして、喫茶店では克喜が咲良と話をしていてそこに警察が来て警察庁長官の指示で克喜を保護しに来たと言い克喜を連れ去っていく。

南武たちは起爆スイッチが作動したのをみて、突然アジトが爆発した。

清春は才門のジッポを見つけるが才門の姿はなく清春は南武に言われた車に乗り込み清春は才門が運び込まれるのを目撃する。

名護たちは才門のところに駆けつけて才門はすでに心肺停止していると話南武は監視カメラをみていた。

清春はファイター田中のいる撮影所の倉庫に来てそこに南武もやってきた。

南武が強奪事件は組織の存在を隠すためのスケープゴートかと思ったがそれだけじゃないと清春に話す。

南武は人体実験のことは黙っているようにと清春に伝える。

南武は名越たちのところに戻ってきて高砂は才門が司法解剖にまわされても一歩も動こうとしないと名越は話し、そこに眞木がやってきて清春はどこかとしつこく聞いた。

清春は咲良に克喜が警察庁長官に連れ戻されたと話を聞き清春は咲良に碓氷元長官は克喜をモルモットとしか思ってないと咲良に言い清春は南武に電話して元長官が克喜を連れ去ったことを伝える。

南武はちょうど元長官に呼ばれていて南武は清春が碓氷からニッポンノワールのことを聞いた記憶が戻りつつあると話し南武は部屋を出た。

元長官は江國を呼び清春の記憶が戻ったことを伝えて清春は10億円が見つかった時に始末しろと江國に命令する。

南武は部屋に盗聴器を仕掛けていて南武はそういうことかと理解した。

南武は清春に江國が元長官と通じていることを話し江國をつければ克喜の居場所がわかるかもしれないと言い南武は去っていく。

江國は克喜の食事を運びその帰りに清春に会い、江國と清春は闘い江國は清春を倒してニッポンノワールの映像を見せて清春はまた碓氷との記憶が戻り清春は気絶する。

宮城は喫茶店に行き本城に告白しようとしていると3年A組の生徒が話かけてきて立てこもり事件のことを話していたが宮城は覚えていなかった。

清春は目を覚ますと元長官が来てここは警察庁の別館で地下5階にあたると話し、元長官は碓氷が真実にたどり着いたことを告白した。

深水星良はカウンセラーとして組織に関わるようになり碓氷が組織に都合のいい記憶を植え付けて洗脳しようとしていたことを父に話していた。

元長官は碓氷が克喜は自分の手に負えない子供だと父親に話してあなたが克喜を変えたのよと叱責した。

元長官は克喜が自分から望んで人格矯正プログラムを受けたと清春に告白して碓氷はそれを聞いてショックを受けていたと彼は話す。

清春が碓氷は克喜が自分のいうことを聞くようになったが克喜が「はい、わかりました」というたびに辛くなると清春に話し碓氷は「私が克喜を殺した」と泣きながら懺悔しながら伝えた。

清春は本当の克喜と本心からぶつかって碓氷が果たせなかった克喜との思い出を俺が作っていくと元長官の胸ぐらを掴んで叫んだ。

清春は身勝手な父親だからこれから克喜を守ると元長官に言い、元長官は「君には無理だ」と話江國が清春に銃を向けていた。

しかし、江國は元長官に銃を向けて部屋に南武が現れて南武は今の会話は全て録音してあると元長官に言いこれで終わりだと元長官に言う。

江國は南部の指示で動いていて元長官に懐柔されたふりをしていた。

南武は警視総監からの電話を受けて南武は何やら脅迫されているようだった。

南武は清春を喜志殺害容疑で逮捕して宮城はこんなことは許されないと元長官に叫び元長官が宮城は人格矯正プログラムの被験者第一号だと宮城に告白して記憶を消して名前も経歴も新しくした。

宮城はニッポンノワールに作られた人間だと元長官に言われて宮城は激しく動揺していた。

感想

清春はニッポンノワールの正体を突き止めようとしていて南武に協力してもらい警察庁元長官がニッポンノワールのメンバーだと突き止め、克喜の人格矯正したのは祖父の碓氷元長官であると知り清春は元長官に怒鳴ります。

南武は警視総監に脅迫されて清春を逮捕して元長官は宮城が人格矯正プログラムの被験体第一号だと衝撃の真実を話し始めて宮城は驚きます。

僕は人格矯正というのはアイデンティティの崩壊とともに他人に支配されて自分の意思ではどうにもなくなる怖い実験だと知っていて僕なら絶対に受けません!

興味のある人はいるのでしょうかw。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』第7話は、清春はニッポンノワールの正体を調べるうちに元長官が克喜を人体実験していたことが明らかになって清春は本当の克喜を話し合いたいと名セリフを言います。

このシーンが僕は好きで清春は暴力的ですが時々人間的な一面を見せてこのギャップが好きになる理由だと思います。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする