グランメゾン東京 6話あらすじ&感想 尾花、魚料理の研究開始!

はじめに

『グランメゾン東京』第6話では、尾花たちはトップレストラン50のために魚料理の研究にいそしみます。

そこで芹田は尾花たちになかなか食材に触らせてもらえなくてイラついていて「レストラン gaku」のオーナーの江藤にレシピを渡してしまいます。

果たして尾花たちの「グランメゾン東京」はどうなってしまうのか?

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 『グランメゾン東京』第5話では、グランメゾン東京を再起させるために尾花たちはグルメフェスにカレーを出すことにしますが...

キャスト&スタッフ

脚本:黒岩勉
演出:塚原あゆ子、山室大輔、青山貴洋
監修:岸田周三(料理)、トーマス・フレベル(料理)、服部栄養専門学校(料理)、古谷謙二(警備)
出演者:木村拓哉、鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹
音楽:木村秀彬
エンディング:山下達郎「RECIPE(レシピ)」

第6話あらすじ

豊洲市場の緑化広場で、丹後は尾花と話をして平古は隠し事をしたままグランメゾン東京で働けないと丹後に話して丹後は「尾花が育てた見習いが俺の武器になる」と宣言して二人は別れた。

トップレストラン50にランクインすれば世界的なレストランの仲間入りをすると早見はみんなに言い尾花は料理を作っていた。

尾花はトップレストランを目指すには旬の魚を使うと言い、尾花たちは魚市場に行き旬の魚を仕入れていた。

一方の丹後も魚料理を研究していて丹後は平古の作った料理を食べてこれを改良しようと言い柿谷は不満そうだった。

芹田はいつまでも食材に触らせてもらえず江藤にメールで呼び出されて魚料理のレシピを盗むように指示されて芹田は金を受け取った。

芹田は帰りに平古に会い芹田の手を見て5ミリ角を必死にやっているのがわかった。

ホールスタッフに久住栞奈を雇って久住は尾花を尊敬していると話し京野は久住の履歴書に父の欄にある久住荘二郎という名前がひっかかっていた。

芹田が賄いは俺が作りますと手をあげてチャーハンを作ったがスタッフの口に合わずほとんど残して仕事に戻っていった。

京野は芹田を居酒屋に誘い芹田は才能がないんですよと腐っていたが京野が料理人は最初のうちは才能がないところから始めていると芹田を励ました。

尾花と早見は店で魚料理の研究をしていてローストの魚が一番美味しいと二人の意見が一致して尾花は重要なのは火入れだなと呟いた。

あと20日、芹田は魚市場で鰆がさばけるようになりたいと頭を下げて魚屋の親父はまずは掃除だと芹田に指示した。

尾花たちは鰆の火入れの研究をして細かく微調節を繰り返しながらやっと満足のいく料理が完成した。

そして、芹田は鰆の捌きを親父から教わり彼は尾花の料理の仕方を必死にメモっていた。

鰆のローストが完成してみんなに食べてもらい京野も自信を持ってお客様にお届けできると判断して芹田は鰆をさばけますと豪語して尾花たちに内緒で勝手に鰆をさばいてしまった。

それをみた尾花は激怒して相沢がさばいた鰆と見比べて全然違うと芹田に言い放ち芹田は怒ってやめると言って店を出ていったーー。

【グランメゾン東京 6話】 感想

芹田は必死にメモしていたノートを江藤に見せて江藤は雇うと芹田の前で約束したが柿谷には雇うわけないやろと言ってノートを柿谷に渡した。

京野は芹田に会いにいき退職金を渡しにきたと言っていたが芹田は断り京野はグランメゾン東京でご馳走するからと芹田を誘った。

一方、丹後と平古はあんこうの料理を作ってきて江藤に試食してもらったが、柿谷がノートの通りに作った尾花の料理を出してそれを食べた平古と丹後は目を見開いた。

芹田はグランメゾン東京に来て芹田は料理を食べて試食した料理より美味しく感じると京野にはなし京野はお客様の料理には料理人の魂が込められていると言われ芹田は考えていた。

尾花たちは鰆のローストを作り芹田はその料理を食べて芹田は試食した料理より臭いと感じて芹田はアクの強い料理を切った包丁で魚をさばいていたから臭くなったんだと尾花は説明する。

芹田はそれを聞き彼は江藤に魚料理のレシピを渡していたと告白して土下座をした。

尾花はレシピを手に入れても真似のできる料理はこの店では作ってないんだよと芹田に語り「三つ星狙うなら本物を生み出すしかない!」と芹田に説教する。

柿谷が作った鰆のローストは丹後たちから不評を買い柿谷はレシピ通りに作ったと江藤に伝えるが丹後と平古の作ったアンコウの料理を出すことに決めた。

芹田は賄いを作らせてくださいと頭を下げてチャーハンに鰆を入れた料理を作りみんなは味にムラがあるけど美味しいと言ってくれて芹田は喜んで尾花は鰆をさばくよう芹田に言い芹田はグランメゾン東京で働けることになった。

丹後は平古と「レストラン gaku」で話をし、平古はこの店で働くことが尾花の恩返しになると思っていると丹後は平古の心のうちを代弁した。

トップレストラン50の発表会で尾花と丹後は火花を散らせて久住は尾花が働くグランメゾン東京がランクインすることは絶対に許せないとリンダに話していた。

果たして尾花たち「グランメゾン東京」はランクインすることができるのか?

尾花たちが精魂込めて作った鰆のローストのレシピを芹田が江藤に渡してしまい芹田は罪悪感に苛まれます。

尾花と早見は夜遅くまで火入れの研究をしていて尾花は他人にレシピが盗まれても自分の料理が真似できない料理だと絶対の自信があると話すシーンが僕のお気に入りです。

尾花は自分の料理に自信があるからここまでやってこれたんだなあと感心してしまいました。

まとめ

僕の書いた『グランメゾン東京』のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

『グランメゾン東京』第7話では、尾花たちはエリーゼに娘をかけての条件としてトップレストラン50で10位以上を獲ることだと言われて尾花...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする