いだてん第44回「ぼくたちの失敗」あらすじ&感想 田畑、解任の危機!

はじめに

『いだてん』第44回では、田畑はインドネシアが台湾とイスラエルを締め出したことでIOC委員会はアジア大会を正式大会として認めないと宣言した。

非正式大会に日本が出れば東京オリンピックは中止になるかもしれないと日本の政府は考えていて田畑は辞任の危機に追いやられます。

果たして田畑は東京オリンピックを成功させることはできるのか?

キャスト&スタッフ

脚本:宮藤官九郎
演出:井上剛/西村武五郎/一木正恵/大根仁/桑野智宏/林啓史/津田温子/松木健祐
出演者:中村勘九郎/阿部サダヲ/麻生久美子/綾瀬はるか/荒川良々/池波志乃/柄本時生/夏帆/神木隆之介/川栄李奈/小泉今日子/杉咲花/仲野太賀/星野源/松阪桃李/松重豊/皆川猿時/三宅弘城/森山未來/薬師丸ひろ子/リリー・フランキー/浅野忠信/井上順
ナレーター:ビートたけし(噺)/森山未來(語り)
オープニング:「いだてんメインテーマ」

第44回「ぼくたちの失敗」あらすじ

昭和37年(1962年)、開幕直前に対立する台湾とイスラエルに締め出しをして国際問題に発展して田畑は川島に今辞められたら困るだろうと川島にはなした。

川島はどっちでもいいと答えて津島は東京オリンピックに影響がないなら出場するといい、田畑は出ると川島に宣言してジャカルタでアジア大会が中止になるのと東京オリンピックが中止になるのはおんなじ悲しみだと話し出場を決めた。

こうして日本はアジア大会に出場したが大会に出場したことで日本からはバッシングの嵐で誰を糾弾するかで議論が重ねられた。

川島もマスコミの前でアジア大会出場を決めたのは田畑だとはっきり言い田畑は非難の的になった。

岩田たちも新聞の記事には怒り心頭で、田畑もジャカルタから電話をしてきて記事の内容に怒っていた。

田畑が電話に出ると「Bar ローズ」のマリーが出て田畑は自分のことを占ってくれと言い河野が電話をかわり大会の名前を変えるのが常套手段だと話しインド代表のソンディに伝えたらデモ隊が押し寄せてきて抗議してきた。

大会が終わり155個のメダルを獲って総合で一位になったが戦犯は誰だと新聞に書かれまくっていた。

岩田は戦争でオリンピックに出られなかった過去があり今回の件も怒っていた。

田畑がアジア大会は正式競技じゃなかったと投げやりに言い、田畑はすぐにその発言を撤回した。

一方、五りんは師匠の着ていた着物を志ん生の娘の美津子から受け取り美津子は感謝していると五りんに言った。

川島は田畑のニュースを見て川島はマスコミを呼び事実関係を明らかにするとマスコミの前で宣言した。

田畑は国会に召集されて東京オリンピック準備促進特別委員会の席で、政治家は田畑を非難して田畑は発言の仕方が悪かったと言うだけで、東京オリンピックに対する国民の関心は冷めていく一方だと言われた。

田畑はこの席で自分がやりたかったオリンピックと違うと感じどこで間違えたのかとこれまでの自分のオリンピックを考え始めた。

田畑は是清大臣に言った言葉を思い出して「オリンピックを政治に利用すればいい」と言ったことを思い出して田畑はここから間違っていたと後悔した。

津島は非難に耐えられず川島の前で辞任を表明して川島は引き止める。

田畑はオリンピックのテーマソングを考えていて田畑は会議室に行くと政治家たちが揃っていて東は津島と田畑の責任問題を話し合うと言って田畑を追い出した。

津島は「自分が辞めるなら田畑も辞めさせろ」と川島に言い東は引き止めたが川島に押し切られて田畑は事務総長を解任された。

田畑は解任会見で田畑は辞めたくないと発言し最後までやりたいと強く熱望したが津島は辞めると言って聞かなかった。

田畑はレールを敷いてきたのにここで辞めざるを得ないと言って泣いていた。

田畑が辞めたら五りんのオリンピック広報担当の仕事も来なくなる。

古今亭志ん生復活の日、五りんは着物を質屋に入れて五りんの置き手紙には「足袋に出ます」と書かれていて志ん生は五りんの分も落語をやることになった。

そして、田畑は「Bar ローズ」のテレビで三波春夫が歌っている「東京五輪音頭」を大声で熱唱していた。

田畑は家に帰り妻の田畑菊枝に酒を出せと言い菊枝は仕方なく酒を出して人生の全てをオリンピックに捧げてきてこれからは女房孝行でもするかと言っていた。

家に岩田と松澤たちが訪ねてきて田畑たちは「オリンピックの顔と、顔と、顔と、顔と、顔‼︎」と叫んで東京オリンピックへの気持ちを新たにする。

感想

田畑は川島たち日本の政府に東京オリンピックの事務総長に解任されて田畑は傷つきオリンピックに人生の全てを捧げてきた田畑は泣いていた。

僕は田畑が「Bar ローズ」で三波春夫の「東京五輪音頭」を酔っ払いながら歌うシーンで田畑は東京オリンピックが日本中で盛り上がっている中で田畑がオリンピックに関われないと知り泣くところはとても切なかったです。

政治はスポーツに介入されないと嘉納治五郎が言っていたが田畑はスポーツに政治を利用しようと是清大臣に言った時点で田畑の思い描く東京オリンピックではなくなっていた。

東京オリンピックは国民全員が願う平和の祭典ですがその裏でこの涙のドラマがあったことは知れてよかったと思っています。

まとめ

僕の書いた『いだてん』のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする