ニッポンノワール 刑事Yの反乱 第6話あらすじ 清春、アジトへ!

はじめに

『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』第6話では、清春が警察から逃げ回り才門とともに真実を突き止めます。

前回は、碓氷が10億円強奪事件の犯人だと明かして終わりましたが清春は碓氷殺しの犯人を探して克喜と行動をともにします。

克喜の持っていたピルケースには劇薬が見つかり克喜はなぜ劇薬を持っていたのか?

果たしてニッポンノワールとはどんな組織なのか?

キャスト&スタッフ

脚本:武藤将吾
演出:猪股隆一/小室直子/西村了
監修:石坂隆昌(警察)
出演者:賀来賢人/広末涼子/井浦新/夏帆/工藤阿須加/佐久間由衣/立花恵理/田野井健/細野善彦/篠井英介/杉本哲太/笹野高史/北村一輝
音楽:松本晃彦
エンディング:サザンオールスターズ「愛はスローにちょっとずつ」

第6話あらすじ

FAIL No.17、11月2日に才門警部と逃走した清春、同日に才門警部と別れて単独行動を開始した清春は家に帰り克喜を闇医者のところに連れて行き匿うように言う。

清春は逃走を続けて事件のことを独自で捜査をしていて逃亡生活は6日目になり清春は碓氷の話を思い出していた。

碓氷強盗団は碓氷班で捕まえることになっていたがガスマスクの男が強盗団を殺したと碓氷は清春に話す。

清春は陣内に誰がガスマスクの男だと聞きにきたら警察が彼を確保しにきてその時才門が車で現れて清春は車に乗り込む。

才門はGPS対策のスマホを渡して才門は清春を支援する。

清春はまだあの件には気づいていない…、誰かがそう書いていた。

南武は碓氷殺害事件と10億円強奪事件の首謀者は本城ということは上層部が地下組織を隠蔽するために報道させたもので南武は強盗団が殺しあった映像はフェイク映像で警察が地下組織を隠蔽するために作らせたと南武は語る。

その地下組織の名は「ニッポンノワール」だと南武はみんなの前で名前を明かし仁平たちは怪訝な顔をした。

奪われた10億円もニッポンノワールの資金だったと南武話し組織の存在が世間に漏れることの方を恐れて事件の隠蔽を図ったと仁平課長に聞く。

南武は仁平が話していた強盗団の映像はフェイクだったと話した内容の会話をテープに残していた。

南武が組織のことを話したのは自分の身を守る予防線だとみんなに話し実際に自分と清春は命を狙われたと伝える。

容疑者の陣内を取り調べた時に暴動が起きてセキュリティは機能せず本町からの応援もなかったことで組織と警察がつながっていると南武は推測した。

仁平は本町から要請はなかったと話すと清春の時は大勢の公安部が押し寄せたのかと仁平に聞き真実を闇に葬るために殺そうとしたと南武は仁平に問いかける。

仁平はスマホを見て保証はできない、ケースバイケースだと言い南武は苛立って椅子を蹴った。

才門と清春は廃墟の病院に来ていて清春は碓氷が10億円の事件の犯人だと言ったことを才門に話し強盗団を殺した実行犯は別にいて実行犯が碓氷を殺したと才門は話す。

10億円で防げるプロジェクトならこんなに大勢死んじゃいないと言い未成年を巻き込むところも碓氷らしくないと清春に話す。

清春のガスマスクの男が見せた映像がきっかけで記憶が戻ったのも才門は気になり清春がただの記憶喪失じゃないことを才門は感じていた。

その時、闇医者が清春を呼び克喜の持っていたピルケースに劇薬が入っていて大人でも命に支障をきたすと話しどこで手に入れたと清春に聞く。

清春は克喜の病室に行き克喜に薬はどこで手に入れたか聞いて克喜は母からもらっただけだと清春に話す。

そこに咲良から電話があり警察が大勢清春を探しに来たと注意した。

清春と才門は克喜を連れて逃げて、警視庁公安部の刑事で清春と同期の眞木光流を出くわし眞木は突然清春に向かって発砲した。

清春はガスボンベを撃って爆発させて眞木は吹き飛んで清春たちはその隙に逃げた。

一方、南武たちは廃墟の病院で公安部が発砲したと話していて南武は公安部より先に清春を捕まえるようにみんなに話す。

そして、高砂明美の家に清春たちがいて明美は彼らをかくまっていて清春は警察病院で行方不明になったベルムズメンバーがいて才門はこの警察病院が怪しいとにらむ。

名越は清春に電話したが切られて南武は深水喜一に存在を隠したいならガスマスクの男を出さずにスマートに殺せたはずと言って組織には別の目的があると話す。

南武の息子は家出してそれっきりだとみんなに話し南武は深水に目配せした。

一方、才門と清春は明美の家で人間らしさとは何かを話していて碓氷と星良とそのことについて話していて才門は俺たちはよく言えば未完成だと清春にはなし欠陥だらけのお前は嫌いじゃないぜと清春に笑いながら言った。

清春はカラオケボックスにいた石倉に仁科のことについて話を聞きそこに甲斐が現れて石倉は甲斐にも仁科のことを聞く。

その時警官がやってきて甲斐は清春が克喜を隠したのを見て状況を察して克喜と一緒にダンスを踊った。

甲斐が清春は信じてもいい人間だと判断し仁科のことを話し出し甲斐は仁科にベルムズのバイトを紹介してやると言われていてベルムズの仕事なのに勤務先が警察病院なのが妙だと感じたと甲斐は言う。

甲斐は面接に行き書類を手に入れた清春は克喜に踊りが下手なんだなと言い俺とそっくりだと克喜に話した。

清春は才門にベルムズと警察病院はつながっていたと伝えて警察病院には警官らしき男たちが見張っていた。

清春はファイター田中に会いに行き彼にあるお願いをした。

そして、才門は明美に警察病院に潜り込むと話し、明美は婚約者のためと才門に聞き明美にも婚約者がいたと話した。

明美は婚約者が借金を作って逃げてしまいお腹の中にいた子もおろしてしまったと話し才門は明美に会った時自分と似ているなあと感じたと話す。

清春は克喜とお風呂に入り克喜は清春の背中を洗っていると清春はこの事件が解決したら俺と暮らすかと克喜にいい克喜は喜んでいた。

南武は清春の捜査を共有しないことを仁平の前で怒っていてそこに明美が現れて才門と清春が警察病院に潜入すると仁平に報告して名越たちと仁平たち警察は清春を追う。

その頃、清春は克喜が銃を撃ったのに倒れなかったと話し克喜の思いも寄らない力はあの劇薬が関係していると清春は考えていた。

そして、警察病院では「ガルムフェニックス」のヒーローショーが行われていて眞木たちは清春がガルムフェニックスのスーツを着ているとの捜査報告を受けていてショーが終わったガルムフェニックスを捕まえた。

しかし、ガルムフェニックスの中身は3年A組の卒業生でスーツアクターの西崎颯真だった。

清春たちは医者に変装して病院のエレベーターに乗り込み面接の書類に書いてあった番号通りにボタンを通し二人は銃を構えた。

清春は見張りの男をぶっ飛ばし奥に入り男たちが現れて乱闘になり清春が銃を発砲するも男たちは怯むことなく襲ってくる。

清春はちは男たちを振り切り先にはガスマスクの男が現れて清春はガスマスクの男と闘うがガスマスクの男の目にニッポンノワールのマークが出てきて清春はまたも気絶してしまう。

清春は目を覚ますとガスマスクの男の血が壁についていてどうやら男は逃げたらしい。

そして、才門は血だらけになっていて清春は彼に駆け寄り才門はUSBを渡して清春は去っていく。

去った後才門はタバコを吸おうとして才門は力つきた…。

清春は碓氷と話した記憶を思い出し、克喜が元はおとなしい子じゃなくて気性の激しい子だったと碓氷は話し、克喜は人体実験をされていたと清春に告白する。

清春はニッポンノワールの実験場に着きそこには男たちが待ち構えていて南武たちも実験場に到着した。

第2部、覚醒編 開幕――。

感想

清春が警察病院にあるニッポンノワール のアジトに潜入してそこでは何やら人体実験が行われていたというSFみたいな展開になってきました。

第7話から第2部がスタートして『今日から俺は!』以来の共演の賀来賢人と矢本悠馬で「三橋、谷川コンビ待ってました!」とフェンからは熱い声援が尽きないです。

この作品は主演の賀来賢人以外にも豪華な俳優陣が顔を揃えていて、南武を演じる北村一輝は朝ドラの『スカーレット』でヒロインの貴美子の父親の川原常治を演じて今話題になっています。

広末涼子も第1話で遺体となって発見された碓氷薫を演じていて彼女は初回から亡くなっていますからほとんどが回想での出演になります。

広末涼子も物語を盛り上げる重要な役で出演していて彼女の発言にこれからも見逃せません。

まとめ

僕の書いたドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

『ニッポンノワール』は今までの刑事ドラマの常識を打ち破るアクション満載のエンターテーメントになっています。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする