シャーロックアントールドストーリーズ  第7話あらすじ&感想

はじめに

『シャーロックアントールドストーリーズ 』第7話では、誉のところに頭の切れる小学生が現れてまるで誉のように推理を始めて誉はシンパシーを感じて少年のじっちゃんを探しに行きます。

少年のじっちゃんは何者かに攫われて少年が誉に捜査を依頼して誉は事件の捜査を始めてとある真実にたどり着きます。

果たしてじっちゃんを攫った犯人とは?

第7話あらすじ

ある老人が川べりを杖ついて歩いていると黒いマスクとフードをかぶった男が突然袋をかぶせてきて老人をどこかに連れ去った。

若宮は冷蔵庫のプリンが一つなくなっていることに気づき誉に食べただろと問いただし誉は習慣でプリンを食べていて食べたことを忘れたんだそうと若宮に説明した。

誉は給食費を盗まれたと勘違いして騒いでいて結局無くした生徒が家に忘れてきただけだったと自分の過去の話を始めた。

その時、少年の羽佐間虎夫が訪ねてきて行方不明になったじっちゃんの寅二郎と探して欲しいと言ってお守りの袋を見せた。

若宮は虎夫に身に覚えのない話をされて右上を向いて虎夫は誉のいる部屋に行き若宮が誉じゃないことを推理で見抜いた。

若宮が右上を見たということは嘘をついている証拠だと若宮に話して誉は合格だと言い寅二郎を探しに行く。

虎夫は寅二郎が行方不明になった川べりに行き寅二郎がいなくなった場所にゲソ痕があるのを見つけて足跡が深くなっていることからじっちゃんが連れ去られたとわかりタイヤ痕から車がどっちに行ったかを突き止めた。

誉は寅二郎が通っていたデイサービスに行き行方不明になったあの日は天気がいいから歩いて帰ると言って歩いて10分の家に帰っていく姿を職員が目撃していた。

誉は下駄箱の土を詐取してくれと虎夫に言って少年の母親から電話があり少年が恐る恐る出たらやはり母親は怒っていた。

虎夫が家に帰ると寅二郎が見つかっていて認知症の症状が進んでいて何を聞いても答えなかった。

誉は袋の中身が何かわかっていてかつて日本は高度経済成長期で犯罪者も活気があったと誉は寅二郎に話し帰っていった。

江藤は連続殺人事件の捜査をしていて現場にはカードが残されていると話していたその時寅二郎が若宮の部屋に訪ねてきて寅二郎は連れ去られた時のことを話した。

寅二郎は袋をかぶせられて車に乗せられて2時間車に乗っていたと話し2時間だとわかったのはラジオが流れていたからだと話した。

車が止まって男たちはどこかに行ってしまったと思った寅二郎は車の外に出てそこには金庫があり金庫の中身を見るな見たら殺すと書かれていて寅二郎は昔金庫破りをしていて現役の時は2時間で開けられたと話し誉は右手の親指の刺青が気になり誉は親指を使わなかったから2日もかかったんじゃないかと寅二郎に言う。

誉は寅二郎が連れてこられた場所を特定すると約束して若宮と推理をする。

若宮は車が行った方向から茨城方面じゃないかと誉に言うと彼はやるなと若宮を褒めて、誉はデイサービスにいた職員の長峰加奈子という女性の写真を見せる。

長峰加奈子はデイサービスの職員で出身は茨城で言葉に特有のイントネーションがあり彼女が言った「だいじ」は茨城の言葉で「大丈夫」という意味だと若宮に話す。

誉は頭に野球のボールがぶつかり少年がデイサービスの車を引き止めて男の人が倒れていると言って倒れている誉を運ばせて少年は足元を確認していた。

そして誉と少年はタイヤ痕が同じことを確認し二人は「ヨシっ」を言った。

虎夫は寅二郎のところに行き寅二郎に誉の映像を見せて寅二郎が猿のような声を聞いたと言っていたがそれはシャッターに当たった風の音だった。

寅二郎は少年に誉の居場所を教えてくれと言ってデーサービスの車に乗り込もうとしたその時、デイサービスの倉庫のシャッターが開き誉は金庫と一緒に現れた。

誉は寅二郎が連れ去られたのはここだと言い寅二郎は車で2時間走っていたと思い込まされて実際はラジオをつけて近所をぐるぐる回っているだけだった。

犯人は長峰と付き合っている男で二人は真相を知られて逃げようとしたが警察が駆けつけてきて二人は逮捕された。

誉はお守りの袋に入っていたのは鼠小僧の墓の白い石の粉だった。

寅二郎の相棒の銀次は寅二郎と二人で生きるために泥棒稼業を始めて鼠小僧に見習い極悪人にしか盗みをしないと掟にして盗みを繰り返していた。

しかし、金庫を開けていた時にヤクザが入ってきてヤクザは刀を持って襲いかかってきて銀次は寅二郎をかばって右手の親指を切り落とされてしまい二人はなんとかして逃げた。

寅二郎は銀次に罪の意識を感じて親指を自ら封印して右手の親指はなかったことにした。

寅二郎は誉にこの事件に銀次が関わっているんだろと誉に聞き誉は虎二郎に銀次のところに案内した。

行った先には銀次の墓があり若宮が手を合わせていた。

寅二郎は誉に事情を聞き、長峰加奈子が銀次の介護をしていて偶然金庫の中に大金があると聞いていて金庫の番号は忘れて開けられないから寅二郎なら番号がなくても金庫を開けられると銀次は長峰に話していた。

長峰は銀次にもし金庫が開いたら寅二郎に分け前を渡して欲しいと最後に言っていたが欲をかいた長峰が独り占めしようとしたと誉は話した。

寅二郎は疑って悪かったと銀次の墓で泣き若宮は良き相棒がいていいですねと言い誉を見て睨んでいた。

江藤は金庫の金が200万円足りないと誉に言い誉は江藤が固定観念に縛られていると話し突然電話を切った。

実は200万円は誉が隠し持っていて彼は虎夫の元に行き少年に200万円の請求書を渡して同封した問題は金の隠し場所が書かれていて誉は解いてみろと虎夫に言い虎夫は嬉しそうに問題と解いていて気づけば誉はいなくなっていた。

感想

僕は誉が少年のじっちゃんを探して捜査をしますがじっちゃんは昔世間を騒がせた大泥棒でじっちゃんは誘拐した犯人たちに金庫を開けさせられます。

じっちゃんこと寅二郎は相棒の銀次が事件に関わっていると誉に話しますが誉は銀次がヘルパーに金庫のことを言ってそのヘルパーが欲のために金庫を開けようとしたのが明らかになります。

僕は寅二郎が親指を切られた銀次への償いのために親指を封印したと言った時男の友情を感じてジーンときました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『シャーロックアントールドストーリーズ 』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする