ホイチョイドラマ『恋の時価総額』第6話あらすじ&感想 ユキトの母登場!

はじめに

『恋の時価総額』第6話では、ユキトの母が突然ユキトの部屋に訪ねてきて涼介がノリコに恋人のふりをしてもらおうと提案しそのノリコは涼介のことが好きで涼介と食事に行くために嘘に付き合うことにします。

ユキトたちはユキトの母に嘘をつき通すために四苦八苦して、ユキトの母親はユキトに似て強烈な性格でノリコも怒りを抑えながら恋人のふりを続けます。

果たしてユキトの母親にバレずに乗り切れるのか?

第6話「相場は相場に聞け」あらすじ

ユキトは買い物から帰ってきてユキトの母親にそっくりな女性がいたと涼介に話してその時メールが来て母親が駅で迷っているからきてという内容でユキトは驚いた。

ユキトは母親が何の連絡もせずにきたことを怒っていたがユキトは結婚を誓った恋人がいると嘘をついていて母親がそれを確認しにきたんだとユキトは話した。

ちなみにユキトのお見合い相手は武蔵丸と言って顔も性格もドブスの資産家令嬢だとユキトは言ってユキトはそれを避けるために嘘をついたと涼介に話した。

ユキトは細かい嘘が大事だと言ってユキトはまた株にたとえて涼介に話した。

株の買い方には「テクニカル派」と、「ファンダメンタルズ派」がありチャートの線の角度だけを見ているのがテクニカル派で一方ファンダメンタルズ派は業績の変化や売り上げの利益の伸び経済の基礎的条件を見ていると涼介に説明する。

ユキトはファンダメンタルズ派だと言いコンビニに足を運んで変化を常に観察していると涼介に話し、チャートの動きだけを見ているテクニカル派とは違うと涼介に強く言った。

ユキトは母親の電話に出てとりあえず誤魔化したがユキトはノリコと付き合っていると涼介に言い涼介は夜に抱き合っただけで付き合っているとは言ってないと涼介は話す。

涼介はノリコに恋人のふりをしてもらおうとユキトに話し涼介は予行演習だとユキトに説明して涼介はユキトとノリコが付き合えば愛莉と付き合えて部屋をシャッフルするという妄想をしていた。

涼介はノリコにユキトに恋人のふりをしてほしいと頭を下げてノリコは恋人のふりを引き受ける代わりに今度食事に付き合ってくださいと涼介にお願いして涼介は引き受けた。

その頃、ユキトは母親と話していて母親はユキトの恋人をチェックしたらすぐに帰るとユキトに言った。

一方、涼介とノリコは恋人と一緒の部屋に住んでいるように見せるために部屋の模様替えをしていて、ユキトの母が家に来てノリコを見ていきなり貧しい生まれでしょと失礼なことを言った。

美人でしかも実家がお金持ちなんてありえないと言っていてその顔じゃ貧乏も仕方ないわねと悪態をつきノリコはイラついていた。

さらにユキトはノリコにいきなり偉そうな態度をとりノリコは怒りをこらえきれずにいたが涼介がなだめて何とか怒りを抑えた。

ノリコは怒りを抑えながらお茶の用意をしてノリコはできる嫁を演じる努力をした。

涼介は亭主関白キャラでいくユキトに事前に言ってと注意してユキトは自分の理想の夫像を涼介に話した。

長くなりそうなので涼介はユキトを止めてユキトは自分のためにここまでしてくれる姿に感動し今度は涼介の恋を応援すると涼介に誓った。

その時、愛莉がノリコの部屋に帰ってきてノリコの部屋のチャイムを鳴らしたがノリコは出てこなくて愛莉は部屋に入りノリコがいなくなっていたのを見て戸惑った。

ノリコは必死に内助の功の妻を演じていたがユキトの母はノリコの内面には興味がなく母は外見を磨けば女性らしくなると母は言った。

ノリコはお好み焼きの素をノリコに渡してノリコは喜んだふりをしていて母はさらにベルギーのウイスキーボンボンを渡したが涼介はノリコがお酒に超弱くてようと手がつけられなくなることを思い出して涼介はノリコのチョコを横取りした。

涼介は一緒に写真を撮りましょうと提案してユキトの母はノリコのスマホを見るがユキトと一緒に写っている写真がないのが気になりノリコの写真が様々なところで写真を撮っていた理由をノリコは必死にごまかしてユキトは母をベランダに連れて行く。

涼介はくたびれていてノリコはごまかせましたかねと涼介に質問して涼介はベランダにサーフボードなどのスポーツ用品を隠していたのを思い出してユキトは卓球以外のスポーツをやらないから確実に涼介のものだとわかってユキトと同居しているのが涼介だとバレることを危惧していた。

しかもユキトの母と涼介の母は茶飲み友達で涼介は自分の母親に離婚したことはまだ伝えてなくてユキトの母が涼介の離婚のことを知ったら確実に自分の母に伝わることを恐れていた。

涼介は急いでユキトとユキトの母を部屋に呼び戻して涼介はユキトの母に電車の時間は大丈夫ですかと聞いた。

母親はユキトと涼介に世の中は顔か金なのよと言って母親は涼介がテクニカル派だと話しユキトはその言葉と聞いて母親が株をやっていることに気づいた。

母親は息子が株をやっていることはとっくに知っていてユキトがファンダメンタルズ派なのを知り物申した。

ユキトは社長のインタビューを見て人柄に惚れて株を買う傾向にあることを伝えて、銘柄に惚れて買うから痛い目に合うと言ってユキトが3億円を稼いだことは大したことないときっぱり言った。

ユキトはそういうママはいくら稼いだんだよと怒りながら聞いたら母親は30億と答えてユキトも涼介もびっくりした。

母親は豆腐屋の株で儲けたことを話してファンダメンタルズ派のユキトは絶対に買わなかったでしょとユキトに言った。

豆腐の株なんて日本人は誰も買わず外国人が勝っているとユキトに話し外国人は豆腐のことなんてわからないから買えたんだとユキトに話した。

さらにユキトの母は株の格言で「相場は相場に聞け」というのがあり株は銘柄で選んじゃダメだとユキトにアドバイスをした。

ユキトの母親は涼介が離婚したことは知っていて涼介の元妻と連絡先を交換していて知っていた。

涼介の元妻はファンダメンタルズで涼介を選んで失敗したんだとユキトに説明してユキトは何も言えなくなった。

ノリコはすかさずユキトのお金に惚れたんだとユキトの母に言い自分がテクニカル派だとアピールした。

その時、愛莉がユキトの部屋を訪れて愛莉は部屋に上がり込んでユキトの母に挨拶した。

愛莉はノリコは涼介のことが好きと言ってしまったばかりにそのことをユキトの母親に突っ込まれて涼介たちは必死に誤魔化そうとするがユキトの母は愛莉から事情を聞きノリコがユキトの恋人を演じていることが明らかになった。

ユキトの母はユキトに田舎に帰らせるために息子と卓球勝負をすることになり勝負の最中にお見合い話は嘘だと言いユキトはびっくりした隙にユキトの母がスマッシュを決めた。

ユキトはお見合い話が嘘だったとホッとしてノリコは嘘をついていたことをユキトの母に謝った。

ユキトの母は笑顔で帰って行き株主総会には興味がなかったけど今日のことで興味を持ったとみんなに話した。

ユキトは母が帰った後にノリコがユキトのために必死に嘘をついている姿を見てもしかして自分のことが好きなんじゃないのかと涼介に聞いた。

涼介はノリコが恋人のふりをするのに協力する条件として涼介と食事に行くことをユキトには隠してノリコはユキトのこと好きなんじゃないとユキトに話す。

ユキトは嬉しくなり涼介の肩を揉んだが
涼介は浮かない顔をしていた。

感想

僕はユキトの母がユキトの部屋に突然きて恋人を調査しにきたことについて母親から見れば子供は幾つになっても子供なんだなあと改めて感じました。

今回の株の格言、「相場は相場に聞け」は自分が下した判断だからと言って、これにこだわりすぎて意地を張っていては大きな痛手を受けることになりかねないです。

相場の行方は相場だけが知っていて、ここは素直に相場に従うべきだという教えです。

僕も相場というのは人間の思い通りには動いてくれなくてそれで涙を流した投資家もどれだけいることか…。

だからこそ自分の考えに縛られずに相場の流れを読んで株の売買を進める方が賢明な判断ができると僕は考えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『恋の時価総額』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする