火曜ドラマ『G線上のあなたと私』第5話あらすじ&感想 也映子、結婚を考える!

はじめに

『G戦場のあなたと私』第5話では、也映子は婚活パーティーに行きそこである男性と出会いデートにも行きます。

理人は想いを寄せている久住が病気にかかっているのを聞き理人は大学のゼミで教えている梶谷先生に久住を合わせ、理人は也映子が男性と話しているのを見てある感情が芽生えます。

3人は久しぶりにカラオケで揃いバイオリンを引こうとしますが…

果たして也映子は結婚するのか、それともしないのか気になる方はこの後のあらすじをご覧ください。

キャスト&スタッフ

原作:いくえみ綾『G線上のあなたと私』
脚本:安達奈緒子
演出:金子文紀、竹村謙太郎、福田亮介
監修:上地芙実(バイオリン)、秋久知美(バイオリン教室)
出演者:波瑠、中川大志、桜井ユキ、鈴木伸之、真魚、滝沢カレン、森岡龍、永野宗典、小西はる、矢崎由紗、小木博明(おぎやはぎ)、夏樹陽子、松下由樹
音楽:末廣健一郎、MAYUKO
エンディング:緑黄色社会「sabotage」

第5話「なんで結婚するの?」あらすじ

也映子は婚約者と偶然の再会をして也映子はいろいろと妄想を膨らまして理人が自分を取り合っていることを思い出して也映子は動揺した。

果たして現実の婚約者は何ていうかというと彼は別れてから親知らずが抜けたとどうでもいいことを也映子に言って也映子は帰ろうとすると婚約者に引き止められた。

婚約者は也映子が無職になってどうしていたのか気になって聞いて、彼は親父が脳梗塞で倒れてもう意識が戻ることはないと彼は言って彼は親父のお見舞いに通っていることも話した。

彼は婚約していた彼女とは別れたと言い、彼女は親父が倒れた途端に別れを切り出されて彼はこういう時に本性が出たと笑っていた。

也映子は元婚約者の智史と別れて也映子は一度結婚しようとしていた人はどうしたって嫌いにはなれないと彼女は思った。

理人は久住と大学に行き理人は脳神経外科の梶谷先生を久住に紹介し、それを影で清水は見ていて理人がここまで粘るとはと驚いていた。

也映子は婚活パーティーに出席したが誰ともカップルが成立しなくて也映子は幸恵に相談する。

幸恵は夫が浮気したことを也映子に話して也映子は何で許せるんですかと幸恵に聞き彼女は夫との積み重ねてきた時間がありそれが憎めない何かを作ると也映子に語って也映子はまだそのことを理解できなかった。

也映子はコンタクトを買いに来ていたができるのに時間がかかると病院の人に言われて困っていたところにコンタクトの営業に来ていた理人の兄の侑人と会い也映子は侑人の勧めたコンタクトを買った。

也映子は眼鏡を外しドレスアップして婚活パーティーに臨み、理人は侑人とバーで会っていた。

理人は久住の話をして彼女が留学から帰ってきた理由を知らないだろうと言って理人は侑人に久住のことを話し始めた。

数週間前、理人は久住と侑人と行っていた蕎麦屋に行き久住は侑人がよく蕎麦湯をガブガブ飲んでいたと楽しそうに話した。

医療大学の梶谷教授が理人のゼミの先生と聞いてびっくりしていた。

局所性ジストニアと言って久住の左手が思うように動かなくなる病気でギタリストやバイオリニストがかかる病気だと侑人に説明して成功するあと一歩のところでその病気にかかって全てを失ったと理人は侑人に話す。

侑人はかわいそうになあというだけで理人は侑人の態度に怒ったが、侑人は今の今まで病気のことを久住から聞いていなかったと怒った。

侑人が久住は結婚のことを聞いても何も答えてくれずにそれで急に妊娠した彼女と別れてくれと言われて侑人は戸惑っていたと話しやっぱり久住と結婚しなくてよかったよと理人に話す。

理人は怒って帰って行き侑人は頭を抱えた。

也映子は婚活パーティーで惨敗してカラオケに行くと理人が部屋で熱唱しているのを見かけて理人と一緒に部屋に行き理人は結婚って何なのかと也映子に聞いた。

也映子は結婚については自分でもわからないと理人に答えて理人は眼鏡をかけていない也映子を見て「なんか忘れてきた人みたい…」と言い、也映子はもう少し話したかったと胸の内を吐露した。

そして、也映子は婚活パーティーで地味だが温和で誠実そうな白鳥敬一と一緒になり敬一は子供の頃にバイオリンをやっていたと言って也映子と話が弾み也映子は敬一のことを家族にも話した。

也映子のいとこは結婚ってホントゴールじゃないと言っていとこの夫はバカだけど気持ちを楽にしてくれると也映子に嬉しそうに話し也映子も結婚したくなってきたといとこに語る。

一方の幸恵はリハビリのために義母を連れて行こうとするが義母は嫌がり、幸恵は義母のお化粧を手伝い義母は元気を取り戻す。

侑人の妻は花見にどこの公園に行こうか理人に尋ねて理人はめんどくさそうに答えていたら幸恵からメールが来てバイオリンを一緒に弾こうと誘われる。

也映子は幸恵がバイオリン教室に戻ってくると嬉しそうに話して也映子、理人、幸恵は久々にカラオケで3人揃った。

幸恵は也映子が婚活パーティーで知り合った敬一とデートに行く約束をしていてたまたま3人で会う約束をしていた日と重なって幸恵は行きなさいと強く也映子に勧めた。

幸恵と理人は結婚のことについて話して理人が結婚のことについて全く無頓着なことに驚いていた。

也映子は敬一とレストランで会い敬一が早速二人で住むマンションのリストをリストアップしているのを見て也映子は戸惑っていた。

幸恵は理人と二人だけでバイオリンを弾いたがうまく弾けなくなっていて幸恵は情けなくなって、理人はコンサートをやりませんかと幸恵に言い幸恵は驚いていた。

理人はバイト先の居酒屋で也映子と敬一が話しているのを見て理人は何だかわからない気持ちに戸惑っていて也映子は理人を見たが声をかけずにすれ違い理人は動揺した。

也映子は理人を焼き鳥屋に呼び敬一は居酒屋で別れたと也映子は言って結婚したら白鳥也映子になるって悪態をついた。

也映子は時間を無駄にしたと理人につぶやき幸恵と理人との大切な時間を無駄にしたと言って理人はその「時間を無駄にする」というワードが自分にはきついと也映子にいった。

也映子は久住が理人に時間を無駄にするって言ったのは優しさのためだと也映子は言って也映子は人の時間は限られているから時間を割いてもいいと思える人が大事な人だと也映子は思った。

也映子は敬一のことは生理的に無理だと理人に話して会って2回目の人に新居リストを渡されてどうしたらいいかわからなくなってリストも思わず持ち帰ってしまったと理人に話す。

理人はその気がないなら返しに行けと言って也映子は今すぐ返しに行くと言って店を出て行く。

理人は相手を見つけてから結婚したいって思えよと也映子に説教する。

そして、理人はそういう人が見つからなかったら結婚なんてしなくていいと也映子に話し、也映子は突然叫んでバイオリンを弾きたかったと言って3ヶ月間休まず通って絶対上手くなっていると理人に言った。

也映子は敬一が私のどこに惚れたのと理人に聞いたら眼鏡をかけている女性に萌えると言って笑い、理人はそんな奴サクッと別れた方がいいと也映子に話し也映子は笑顔で帰っていった。

感想

也映子は婚活パーティーで白鳥敬一という男と知り合い也映子はその人とカップルが成立して合うようになりますが2回目に会った時に敬一が新居リストなるものを作ってきてさすがの也映子もドン引きします。

一方の理人は也映子が敬一と話しているのを見てジェラシー?みたいな感情を抱きますが本人はそれがどういう感情か自分でもわかっていないようです。

僕は結婚というのは理人が言うように相手と付き合うようになって初めて結婚したいと強く思えると言っているのは正しいと僕は思っていて、相手もいなくて結婚したいなあと思っていてもなかなか巡り会えないものです。

結婚は難しいもので当たり前ですが相手がいないと結婚はできない、愛情がないと結婚は長続きしないと考えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『G線上のあなたと私』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする