ドラマ『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』最終回ネタバレあらすじ

新川優愛主演のドラマ『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』最終回のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

高校時代と同じように、遊園地でデートした後に想い出の場所へ来た爽と秋山。

離れたくない思いをお互いに抱きつつ、2人は別れて…。

ドラマ『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』最終回のあらすじ

高校時代と同じように、遊園地でデートした後に想い出の場所へ来た爽(新川優愛)と秋山(町田啓太)。

離れたくない思いをお互いに抱きつつ、2人は別れるのだった…。秋山は、瑠衣(中村ゆりか)と家族として寄り添っていく決意をする。

瑠衣は秋山と一緒に暮らしたいと言い、秋山もそれを受け入れていた。

爽は守屋(桜田通)から、秋山との遊園地デートがどうだったかと探りを入れられる。

爽がムキになってしまい、爽と秋山の間に何もなかったことを察する守屋。「お互いにフリーになったのに、何やってんだか」と言いながらも、爽の様子をある人物に報告する。


その人物とは一真だった。無理をしている爽の様子を守屋から聞いた一真は、爽の事を想って“ある行動”を起こすが…。


お互いに強く惹かれ合いながらも、別々の道を選んだ爽と秋山。

その“純愛”の結末は――!?

ドラマ『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』最終回のネタバレ

爽はこれはデートじゃなくて永遠に別れるための儀式だと気付いた。

イルミネーションを見た爽は綺麗だと言い、慶一も爽を見て綺麗だと呟いた。

嘘が下手になったと爽はいい、慶一は本音じゃない時に目を逸らす癖変わってないと爽に告げる。

そんな顔させてごめんと慶一は爽に言い、爽は慶一に別れを告げた。

「じゃあ、また」と言おうとして躊躇して、「じゃあ」と一言言って去っていく爽。

慶一は電話で爽に絶対に幸せになれよと言い、爽のことが好きだったよと電話を切った後で呟いた。

爽が去っていく間際に慶一は爽のことを名前で呼んで何で今名前で呼ぶのと呟き慶一の前から姿を消した。

初めて名前を呼んでくれたのに振り向くことができない、2人は別々の道を歩くことになった。

瑠衣は慶一から家族だと言われて変わってないと呟き高笑いした。

守屋はこのままだと本当に悲劇が起きると一真に電話で伝えた。

慶一の店に一真がやってきて爽の元夫だと話す。

爽のことどう思っているのかと聞くが慶一は答えない。

許されるなら俺が幸せにしたいと一真は慶一に話し、慶一はどの口がそんなことを言うと怒った。

一真は慶一も爽を裏切ったと睨み、慶一は爽のために別れたことを知っていた。

目の前に幸せがあるのに掴まないなんてもったいないと一真は慶一に訴える。

お互いの幸せのために離れているなんて間違っていると言い一真は店を出る。

爽は実家でかすみと話をして、心配してるのとかすみは爽に話す。

爽は今更心配するならなんで高校時代に慶一と付き合うなら死ぬと言ったのと怒鳴った。

ごめんと謝るかすみに爽は慶一と別れる決意をしたのは自分だから全部私のせいだと言って爽はかすみの胸の中で泣いた。

爽は慶一と愛し合っていた時のことを思い出して慶一のことを思っていた。

仕事に行く時に爽はかすみに今まで我慢させてごめんと謝られて、もう我慢して道を決めるんじゃなくて自分の気持ちを思いっきりぶつけてみたらとアドバイスしたかすみ。

爽は高校時代に慶一に渡されたマスコットを見て決意を新たに慶一のもとへ駆け出していった。

慶一の店にやってきた爽は慶一にやっぱりこのままじゃ嫌だと自分の気持ちを伝えた。

慶一が何か言おうとすると、瑠衣から電話があった…。

慶一と爽は瑠衣のもとにやってきて瑠衣は慶一の包丁を持っていた。

瑠衣は7年前に慶一と爽を見てこの2人は何をしても離れられないんだなと実感したと2人に話す。

2人を引き離すには自分が死ぬしかないと瑠衣は衝撃的なことを言い出した。

自分が死ねば慶一は罪悪感で瑠衣のことを絶対に忘れられず2人は罪悪感で会うことはできないと話す。

何でそこまでと慶一が瑠衣に尋ねると、瑠衣は慶一との子供が欲しかったと自分の気持ちを吐露する。

しかし、瑠衣は生まれつき子供が産めない身体で何で私には誰もいないのに爽には慶一がいるのと怒鳴る。

瑠衣は包丁を降りかざして死のうとした時、爽は瑠衣から包丁を取り上げてビンタをする。

爽は瑠衣のことがわかりたくないのにどうしようもないほどわかっちゃうと叫んだ。

爽も母親のことを恨んでいて人のせいにしてきたがそれでは何も変わらなかったと爽は瑠衣に訴える。

結局は自分で決めるしかないと爽は瑠衣に語り、爽はもう二度と慶一から離れないと決意した。

死んでも無駄だよと爽は瑠衣に言い、瑠衣は勝手に悟ってんじゃねえよと怒鳴った。

瑠衣が爽を見つめていた時、瑠衣は突然倒れて後ろには睦月が立っていた。

手には瑠衣の血のついたナイフを持っていて、瑠衣の背中から血が滲んでいた。

一真は拘置所で睦月と面会して睦月は瑠衣からメールが来て瑠衣が死なないから俺が刺したと睦月は話す。

睦月の人生まで狂わせてしまったと一真は自分を責めて泣いていた。

爽と慶一は2人でよくきた思い出の場所に来て、慶一は瑠衣のそばにいようと思うと爽に話す。

爽は慶一の意思を尊重して、慶一に別れを告げた。

慶一は爽の前から去っていき、爽はずっと好きだったよとひとり心で呟いていた。

一方、病室で瑠衣は寝ていたが意識を取り戻した。

一年後、慶一は海外から届いた絵葉書を見て一年前のことを思い出す。

爽と別れた後、慶一が瑠衣の病室に行くと瑠衣の姿がなかった。

瑠衣は海外から絵葉書を送って、慶一は引き出しに絵葉書をしまった。

爽は慶一と街ですれ違って2人は別々の道を行こうとした。

爽がふと振り返ると、慶一が爽のことを見ていた。

2人はお互いを見つめ合い「今度は間に合った」と慶一は爽に告げる。

爽は慶一を見つめて笑顔を浮かべるのだったーー。

ドラマ『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』最終回の感想

いよいよこのドラマも最終回を迎える。

ドロキュンサスペンスは一体どういう結末を迎えるのか!

爽と慶一はお互いの幸せのために別れを決意する。

瑠衣に負けた感じで2人が別れるのは納得がいかない、恋は勝ち負けじゃないのはわかってるけど( *`ω´)

瑠衣は慶一と爽が離れることはないのだと悟り自ら死を選ぶことを決意する。

爽は人のせいにするのは楽だけど結局は自分で決めるしかないと話す。

爽がまた正論を言ったけど、今までで一番心に刺さった💖

瑠衣は睦月に刺されて重傷を負い病院で意識不明になる。

睦月は瑠衣のメールを見て瑠衣を襲撃しに行った。

結局、瑠衣が睦月の手のひらで踊らされていただけか!

瑠衣のそばにいたいと慶一は爽に話し、爽は慶一の幸せを願って別れを告げる。

こういうところ爽は変わってないな(`・∀・´)

瑠衣は慶一の前から姿を消して海外に行った。

瑠衣は自分の道を選んだってことか?

爽は慶一と街で再会してようやく2人は前に進み出す。

爽と慶一が今度こそ幸せになることを願ってる♬

まとめ

ドラマ『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』最終回のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

爽はファッション誌の仕事に戻り、また仕事に忙しい毎日を送っていた。

そんな中、彼女は街で、1人の男性とすれ違っていた。

それは、秋山で爽と秋山はお互いに気付かないまま、別々の方向へ向かう。

爽がふと振り返ると、秋山も振り返っていた。

これまでは、ずっとすれ違いだった。

でも今度は、爽と秋山は、お互いに微笑み合っていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする