木曜ドラマ『モトカレマニア』第5話あらすじ&感想 ユリカの決断は?

はじめに

『モトカレマニア』第5話では、ユリカはマコチを忘れるためにユリカは温泉に行くことになるが親友のひろ美は彼氏と温泉に行く予定があって行けず、丸の内さくらと一緒に行くことになる。

彼女もモトカレマニアだと明らかになりそれからユリカはさくらと仲良くなりさくらはモトカレマニアの先輩としてユリカにアドバイスをする(まるで師匠w)。

ユリカは温泉で山下の元カノのむぎに会いユリカは山下は今でもむぎのことが好きだと伝えるがむぎは山下のことは今でも許していなかった。

果たしてユリカはむぎをモトカレマニアの道から救い出すことはできるのか?

そしてマコチとはやり直すのか、それとも…。

木曜ドラマ『モトカレマニア』第5話あらすじ

マコチは心を入れ替えて眼鏡をかけて会社に出社して、社長はマコチにユリカはいないと言い、そのユリカは丸の内さくらと温泉に来ていた。

ユリカはマコチをふったときに覚悟を決めてもう恋なんてしないとさくらに言ったら、中年の女性たちがこの温泉は傷心旅行の女性たちの人気スポットでユリカはそこで来栖むぎに会った。

ユリカはむぎに山下の知り合いだと言って引き止めたがむぎはツーンとした態度で去っていった。

むぎはユリカとまた会い、むぎはラジオ放送中に女性と見せつけるようにキスをしたと彼女は話してユリカはむぎもモトカレマニアなんだと嬉しそうに話した。

むぎはモトカレマニアじゃないと自分に言い聞かせていた。

一方、マコチはユリカにあんな態度を取ってしまったことを反省していてユリカにどう話したらいいか悩んでいた。

山下はユリカに電話しようとしていたがマコチが止めて山下はユリカのいる温泉に行こうとするが山下にユリカから写真が送られてきてむぎが写っているのを見て山下は行くのを断念した。

ユリカはカラオケで熱唱していてユリカはむぎに山下が東京に誘っても来なかったのにどうして今頃東京に来たのかと聞いた。

むぎはあの時は東京のラジオ局に声がかからなくてそれに山下はむぎの意思とは関係なく東京に誘ったことを今でも許していない。

マコチと山下はサウナに一緒に入りマコチは写真を大学で専攻していたが突然つまらないと感じてやめてしまったと話す。

ユリカは山下のことを後押ししようとするがむぎは前を向いて進んじゃいけないですかと突っぱねて自分の未練を私に被せないでくださいと怒って出て行った。

ユリカはふったとはいえ今でもマコチのことが忘れられないでいて、さくらも元彼のことを思っていたら突然悲鳴が聞こえた。

ユリカとさくらとむぎは温泉の向こうの茂みに何かがいて3人は熊かと思い怯えていたが茂みから女性が出てきた。

彼女は草木染めの講座に出演する柿沼という女性で彼女はユリカたちに草木染めの講座に誘った。

マコチは白木たちにユリカとはどうなんだと聞かれ何もないと言ってマコチは落ち込んでいた。

その頃山下は加賀が急にキスをしてごめんなさいと謝られて山下は加賀の気持ちが測りかねてマコチにどうしたらいいかと相談したら、マコチはエスパーでもない限り人の気持ちはわからないと励ました。

ユリカは草木染めを干しているそのさきに柿沼がタバコを吸っていて草木染めみたいなナチュラル系をやっているのにおかしいでしょと言ってこうした矛盾が人間にはあると語る。

ユリカも自分の中の矛盾に気づいてもどうしていいのかわからなかった。

そして、さくらとむぎはユリカがむぎを自分と重ね合わせてあそこまでムキになっているとさくらは話しむぎは心の中に踏み込んでくる人は苦手だとさくらに言った。

ユリカはマコチに対してしたことは本当に正しかったのか不安になって柿沼に相談して柿沼はバツイチで失敗していて失敗しても命までは取られないからとユリカを励ました。

一方の山下は加賀にあなたのことは好きじゃないとはっきりいい面倒くさい人だけどその人のことが好きなんですと加賀に言いプレゼントを返した。

加賀はプレゼントをゴミ箱に捨ててあんな男もいるんだとつぶやき加賀の作戦は失敗した。

山下はむぎにメールをしたがむぎはメールを削除してユリカは山下さんのメールに返信してくださいとお願いしむぎはどうしようと私の勝手でしょとユリカに怒った。

その時中年の女性たちがこんな時は卓球対決だと言ってユリカとむぎは卓球で対決することになった。

同じ頃、山下はむぎにメールをしたとマコチに報告して山下は今でもむぎのことが好きでむぎから返信が来るのを待っていた。

ユリカは劣勢が続きむぎは山下が優柔不断なくせに東京に行くことだけは一人で決めて山下がダイヤの指輪を渡せばついてくると思われたことが悲しくて山下と別れた。

ユリカは気持ちにピリオドを打たないと幽霊みたいに付きまとってくるとモトカレマニアのユリカはむぎに語りかける。

むぎは楽しい思い出を思い出した時点で私の負けだと認めて、山下に返信することを決めた。

そして、マコチもユリカに気持ちを伝えてくると山下に言た。

翌日、ユリカは柿沼に会って恋なんてしないなんて言わずに頑張れとユリカを励まし、ユリカはスマホのメールを見てユリカは考える。

山下とむぎはラーメン屋で会い初めて会った時の楽しい思い出を思い出していた。

そして、ユリカとマコチは公園で会いマコチはユリカに気持ちを伝えようとするとタクシーから男が降りてきてマコチは驚いた。

ユリカの隣にいる男がマコチに誰と聞くとユリカは「仕事仲間ッス」と男に言いマコチはショックを受けた。

マコチは戸惑いユリカに隣の男は誰と聞いたが結局わからずじまい…。

果たしてユリカと一緒に来た男は何者か?

感想

最後は衝撃的な展開になりましたねw。

ユリカはマコチのことを諦めるために温泉に行っている間に男と付き合っていたということなのでしょうか?

それにしても展開早くね?

ユリカは山下の元カノのむぎにモトカレマニアにはなって欲しくなくてモトカレマニアがどれだけ辛いか卓球対決で語り尽くします。

むぎも最後は山下との楽しい思い出を思い出して負けを認めるシーンは彼女が山下のことをどこかで許していたが素直になれなかっただけなのかもしれないですね。

ユリカはモトカレマニアなだけあってモトカレの幻影をいつまでも追いかけることは次の恋愛に進むことができず過去しか見えなくなって一歩も前に進めない辛さを誰よりもわかっているからだと思います。

僕も恋愛経験は乏しいですがこんなに愛される男に僕もなりたいなと考えたりします💓

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『モトカレマニア』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『モトカレマニア』第6話では、ユリカは元彼の源翔と一緒にいてマコチは驚きマコチは翔と対決しユリカを取り戻そうとします...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする