ドラマ『BG〜身辺警護人〜』最終回ネタバレあらすじ 劉を守れ!

木村拓哉主演のドラマ『BG〜身辺警護人〜』最終回のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

警察に追われ逃走した劉がなぜか、敵視していたはずの章に「護ってほしい」と依頼してくる。

かつて章に続く形で劉の経営方針に異を唱え、「KICKSガード」を辞めた高梨雅也は警護に猛反対して…。

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』最終回のあらすじ

 島崎章(木村拓哉)を付け回していた謎の男の正体は元警護課の警察官・加藤一馬(中村織央)だった! しかも、その加藤が総裁特別補佐・桑田宗司(小木茂光)を再び襲い、大手警備会社「KICKSガード」を擁する「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)の指示でやったと主張。警察に追われ逃走した劉がなぜか、敵視していたはずの章に「護ってほしい」と依頼してきた。かつて章に続く形で劉の経営方針に異を唱え、「KICKSガード」を辞めた高梨雅也(斎藤工)は警護に猛反対。だが、章は依頼承諾の可能性を匂わせ、高梨と決裂…! まもなく劉と落ち合って事の経緯を聞いた章は、今度こそ命の保証はないと予感しながらも、たった一人で彼を護る覚悟を決める――。
 一方、今も「KICKSガード」に所属する菅沼まゆ(菜々緒)や沢口正太郎(間宮祥太朗)は、血眼で劉を捜す警察に協力することに…。そんな中、かねてより劉と裏でつながっていた桑田は「KICKSガード」の身辺警護課長・小俣健三(勝村政信)に対し、秘密裏に“おぞましい指示”を出す。しかもその矢先、高梨が「KICKSガード」に現れて…!
 その頃、海外逃亡を図る劉から“ある約束”を取り付け、彼を信じると決めた章は、指定された空港まで送り届けるべく行動を開始する。ところが、その行く手に高梨が出現! 章はあろうことか、立ちはだかる高梨を崖から突き落とし…!?
 やがて章自身にも“命の危機”が到来! はたして、章は劉を護り抜くことができるのか!? そして、破綻の兆しを見せる章と高梨の運命、かつて固い絆で結ばれたまゆや沢口との関係の行方とは一体…。命を懸けた“最後の任務”が、ついに始まる――。
(出典: 『BG〜身辺警護人〜』最終回あらすじ)

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』最終回のネタバレ

警官隊に囲まれて章は追いかけ回される。

辛くも逃げた章は劉からの電話に出て次の待ち合わせ場所に向かう。

一方、「KICKSガード」から劉がいなくなり警備免許が剥奪されるのではないことボディガードは不安になる。

家に帰った章は卵かけご飯をちゃんと食えと言い残して警備に行く。

小俣は章が劉を匿っているのではと話し、桑田は必ず劉を見つけるように指示を出す。

いっそ死んでくれた方がいいと桑田は小俣に告げ、小俣は加藤に桑田が劉を消そうとしていることを伝える。

待ち合わせ場所の倉庫にやってきた章は高梨に電話して高梨は何で章がボディガードの仕事に命を張れるのか疑問に思っていた。

高梨は章に不信感を抱くようになり、章は電話を切る。

劉と待ち合わせをした章は劉から桑田に嵌められたことを告げられる。

桑田が加藤にわざわざ劉と偽装襲撃と同じ手口で襲撃したということは全て劉の仕業にみせる為だ。

劉は高飛びする算段を立てて章に警護を依頼する。

劉の命が危なければ命がけで守ると章は劉に語る。

小俣は沢口とまゆを尋問したが二人は何も知らなかった。

事務所に瞬がやってきて何かあったのかと高梨に尋ねる。

高梨は章が危険な仕事をしていることを話し、帰ろうとする瞬を呼び止める。

一般道の抜け道を使い劉を運ぶ章。

その頃、瞬は多佳子に会いに来て章のことをどう思ってるのか尋ねる。

もし多佳子が章のことを好きなら止めた方がいいかもと伝える。

「KICKSガード」に来た高梨は章を助けてほしいと小俣に頼む。

駿河飛行場に章と劉が向かっているのではと高梨は推測して小俣は章と劉を信頼できる人に引き渡すと高梨に告げる。

章たちの向かう先に検問がしかれて方向転換しようとしたら警官に止められる。

トラックの荷物の中身は医療機器の精密機器で開けるわけにはいかないと説明して多佳子に電話させる。

多佳子は事情を察して嘘をつき章は多佳子に話をすることなく電話を切る。

警官は問題ないと判断して章のトラックを通した。

章はトラックを乗り捨ててトンネルで飛行場まで行くことになった。

まゆを真剣に口説かなかったことがやり残したことだと劉は章に話す。

章と劉がトンネルを歩いていると、加藤が目の前に立ちはだかる。

章は加藤と対決して、加藤のナイフ攻撃を必死にかわす。

加藤に押さえつけられて万事休すかと思われたその時、高梨が助けに入り加藤を拘束する。

高梨は劉に警察に自首するように勧めるが、劉は章に高梨を処理するように命じる。

章に投げ飛ばされて崖にある木にしがみついた高梨、章はこいつを始末しましょうと劉に話す。

小俣は高梨からの連絡を待っていたが全く連絡がないことに焦りを感じる。

まゆが何かを知っていると察した小俣は沢口にある事を頼む。

章は車に乗り込んで多佳子に電話して瞬が来て仕事を止めてくれと言っていたと伝える。

仕事で命を落とすなんて最低よと多佳子は章に言い章は勇気が出たと言い電話を切った。

まゆと沢口は章が乗り捨てたトラックの前まで来ていた。

高梨が本当に死んだか確かめる為まゆと沢口はトンネルの奥に進む。

章は劉に変装した高梨は道の途中で拾い高梨の服を着た劉がまゆと沢口の目の前に現れる。

最後にまゆにお別れを言いたかったと言いながらまゆに抱きつく劉。

章と高梨のところまで案内してくれと劉はまゆに命じる。

飛行場の前まで待機した章に高梨と沢口は劉のことが信用できないと話す。

たとえ敵対する人間でも未来を守る為に警護をすると章は仲間たちに告げる。

本心が分からないから信じるしかない、じゃないと命をかけられないと章は仲間たちに叫ぶ。

劉は章の訴えに聞きもう逃げるのはやめにすると章たちに話し沢口、まゆ、高梨も警護を引き受ける。

桑田の自宅前に待機した章は正面から桑田に会いにいく。

桑田は章を中にいれて小俣にアイコンタクトを取る。

駐車場に止めた章は劉を降ろした時、銃撃された。

劉が章に警護を頼んだのは信じているからだと高梨に話す。

章が両手を挙げると、加藤が章に銃を向けていた。

加藤を説得した章だったが、加藤が引き金を引き章は倒れる。

倒れた章に近づいた加藤だが章は加藤の腕を掴み押さえつける。

そこに小俣が現れて加藤を取り押さえて章たちは中に入る。

桑田の自宅に入った劉は桑田に会いこれから警察に出頭すると話す。

ここに来た時点で桑田の負けだと劉は言い何も見えなくなっていると警告した。

章は突然倒れて高梨たちは章の名前を呼び続けた。

病院に運ばれた章だが幸い弾は貫通していて大事にならずに済んだ。

多佳子は章と一生付き合うことはできない、縛ることはできないと言う。

桑田は警察に逮捕されて議員辞職し、加藤も逮捕された。

保釈された劉はマスコミの前でボディガードに感謝を伝えたと話した。

中島は勝手に事務所に入ってきて独立するのは無理だから就職すると言って帰っていく。

「島崎警備」に高梨が残ることになりホームページに依頼のメールが来た。

まゆは「KICKSガード」のボディガードを取り仕切り章と高梨も合同で警護することになった。

章たちは市川海老蔵の警護にあたり章たちはこれからも護り続けるーー。

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』最終回の感想

章は天敵の劉のボディガードをすることになった。

劉のボディガードをすることになるとは思いもしなかっただろう。

高梨は章と喧嘩したけど章のことが心配なんだな…。

多佳子に電話するとは考えたな章、多佳子は章がどこにいるかすごく気になってたけど(`・∀・´)

章があんなこと言うとは思わなかった、まるで別人のようだ。

多佳子は章を止めようとするけど章には信念があるから止まらないな!

劉は章が命をかけて護る姿を目にして考えが変わりボディガードに感謝を伝える。

人がここまで変わるのは驚きだ、相変わらず金のことしか考えてないけど^ – ^

ラストに登場した市川海老蔵が輝いてたな♫

まとめ

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』最終回のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

章自身にも“命の危機”が到来した。

はたして、章は劉を護り抜くことができるのか!?

そして、破綻の兆しを見せる章と高梨の運命、かつて固い絆で結ばれたまゆや沢口との関係の行方とは一体!

命を懸けた“最後の任務”が、ついに始まった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎