月9ドラマ『SUITS2』3話ネタバレあらすじ 瀬川の陰謀とは?

織田裕二&中島裕翔主演の月9ドラマ『SUITS2』第3話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)は、『幸村・上杉法律事務所』のトップの座を狙っている上杉(吉田鋼太郎)の動向を注視する。

上杉が、シニアパートナーの過半数の票を集めて代表権の交代を画策するものと考えたチカは…。

月9ドラマ『SUITS2』第3話のあらすじ

甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)は、『幸村・上杉法律事務所』のトップの座を狙っている上杉(吉田鋼太郎)の動向を注視した。

上杉が、シニアパートナーの過半数の票を集めて代表権の交代を画策するものと考えたチカは、まず企業再生部門の瀬川修一(笹野高史)を味方につけるよう、甲斐に命じる。

一方、真琴(新木優子)と交際を始めたばかりの大輔(中島裕翔)は、彼女にすべてを打ち明けるべきかどうか悩む。

そんな折、チカからディナーに誘われた大輔は、幼いころのことなどをいろいろと尋ねられる。

だが、チカが自分を呼び出した目的がわからず、困惑するばかり。

瀬川のもとを訪ねた甲斐は、チカに対して不満を抱く彼に、力になれることを証明したいと申し出た。

そこで瀬川が提示したのは、建設中の商業ビル『大手町スカイビスタ』プロジェクトを潰せ、というもの。

『大手町スカイビスタ』は今年の春に完成予定だったが、大幅に建設が遅れていた。

原因は、プロジェクトを進めるマディソン建設のワンマン社長・芹沢(石丸幹二)のこだわりで、度重なる仕様変更にあったためだった。

また、同社はメインバンクの東京ナショナル銀行への返済も迫られていたが、資金は完全に底をついている状態。

しかし芹沢は、建設を断念すべきだという甲斐たちの提案を聞き入れず、追加融資をしない銀行の方がおかしい、と主張して最新の財務計画書を甲斐に手渡した。

同じころ、アソシエイトを統括する蟹江(小手伸也)は、経済誌に載った“アソシエイトが選ぶ働きやすい法律事務所”という記事で、『幸村・上杉法律事務所』がワースト2位だったことにより、東大ロースクールはインターンシップの廃止も検討しているということでチカに責められていた。

改善を命じられた蟹江は、東大ロースクールから抜き打ちで視察に来た真野麻子を出迎えるが……。

月9ドラマ『SUITS2』第3話のネタバレ

大輔はとあるホテルでチカと待ち合わせをしていた。

なぜ弁護士になったのとチカは尋ね、大輔は悪友のせいと答える。

人生がどん底になりかけた時に甲斐に救ってもらったと大輔はチカに話す。

チカは甲斐が大輔を手放さない理由がわかったと言い去っていく。

本当にクビになるかもしれないと大輔は甲斐に言い甲斐は話すかどうか結論は出たのかと話す。

事務所のエントランスで真琴が大輔に挨拶して大輔は言うべきかどうか悩んだ。

チカは今のうちに味方を増やそうと甲斐に言い上杉が動く前に手を打ってと命じる。

企業再生部門の瀬川修一を味方につけようとゴルフ場にやってきた甲斐。

瀬川は甲斐に建設中の商業ビル『大手町スカイビスタ』プロジェクトを潰せ、と要求する。

真琴は大輔にイチゴを差し入れして、上杉の差し入れだと言うと甲斐は嫌々ながらも食べた。

一方、蟹江はアソシエイトに抜き打ちで東大ロースクールが視察に来ると伝えいつもどおり楽しい職場の雰囲気を作るよう言う。

『大手町スカイビスタ』のプロジェクトを進めるマディソン建設のワンマン社長・芹沢に開発を断念するように告げる大輔。

しかし、芹沢は断念するつもりはなく次来る時に建設続行の提案をするように言いつける。

そんななか、東大ロースクールから抜き打ちで視察に来た真野麻子を出迎えてアソシエイトに紹介するが大々的な紹介は視察に影響すると叱った。

大輔は東京ナショナル銀行の吉永由紀子にマディソン建設の追加融資を認めてもらうように蟹江に頼む。

東京ナショナル銀行にやってきた蟹江は追加融資を頼んだが吉永は断った。

蟹江は追加融資が認められないことを怪しみ東京ナショナル銀行に何か裏があると甲斐に話す。

甲斐は吉永に会ったが追加融資が認められない理由は話さなかった。

甲斐のオフィスに瀬川がやってきて芹沢の担当は自分だと釘を刺しに来た。

建設計画を断念するように契約書に書かせろと瀬川は甲斐に命じる。

その頃、玉井は真琴が大輔と付き合っていることに気づいていて大輔との関係を聞く。

家に帰ってきた大輔は真琴の留守電を聞いて嘘のない関係を作りたいと話して大輔は胸を痛める。

大輔は甲斐のオフィスでビルの模型を作り『大手町スカイビスタ』の周りに4つのビルがありそのビルを建設した会社のメインバンクがどれも東京ナショナル銀行だと甲斐に話す。

『大手町スカイビスタ』だけ融資しないのは明らかに不自然だと大輔は言い甲斐から調査を依頼される。

芹沢は甲斐のオフィスを訪れてこのままだと役員会議で社長を解任されると話す。

「夢を見過ぎだのかもしれない…」と芹沢は甲斐に話し、甲斐は渋い顔をする。

真野は蟹江にアソシエイトからの聞き込みで蟹江がだらけてアソシエイトの士気を下げていると話す。

真野に話しかけた真琴は司法試験になかなか受からないと悩みを打ち明けてどんどん試験を受けなさいと真野に言われる。

甲斐はクライアントの意思を尊重しようとしたがチカは瀬川の意向に従うように命じる。

甲斐がどうすべきか悩んでいると蟹江がレコーダーに自分の今の気持ちを録音していた。

蟹江はアソシエイトには自分が怠けているように見えていたことに落ち込む。

最近の若い奴らは楽をしすぎていると蟹江は甲斐に話し少し楽になったと言い甲斐に感謝した。

「蟹江先生、君はすごい」と甲斐は一度だけ蟹江を褒めて蟹江は今の言葉をレコーダーに録音して何度も聴いていた。

蟹江はアソシエイトに仕事を振り分けて、それはアソシエイトを育てる為だと告げてアソシエイトは仕事に精を出す。

東京ナショナル銀行にやってきた甲斐と大輔は、マディソン建設の融資を断れば建設予定地のビルを差し押さえ物件で手に入れることができると甲斐は話す。

東京ナショナル銀行が『大手町スカイビスタ』が建設するはずだった土地に銀行が建ったら4つのビルの建設会社は怒るでしょうねと甲斐は吉永に告げる。

甲斐は役員会議の場にやってきて東京ナショナル銀行の追加融資が認められたと報告した。

芹沢は引き続き社長を続けられることになったが、瀬川は甲斐とチカに激怒した。

このことは上杉にも報告すると怒鳴ったが甲斐は瀬川が東京ナショナル銀行と手を組んで銀行役員の座を手に入れようとしたと話す。

チカは瀬川に今日中に退所届を提出するように要求した。

上杉の味方が消えたことは狙いだったのかとチカは甲斐に言い、これが私のやり方だとチカに言う。

玉井は大輔に甲斐先生の気持ち踏みにじらないでと声を荒げて話す。

悩んだ末、大輔は真琴と別れることを決意し真琴に別れを告げたが真琴は怒って帰っていく。

苦渋の決断で別れたことに大輔は憤慨し、分かっていても辛いと甲斐に呟く。

大輔はエレベーターに乗ろうとしている真琴を見かけて声をかけられずただジッと見ているだけだったーー。

月9ドラマ『SUITS2』第3話の感想

甲斐は上杉と争う為にチカを嫌っている瀬川を味方につけようとした。

兵士は多いほうがいいからな、チカと甲斐は敵を作りそうな性格をしてるから大丈夫か(`・ω・´)

芹沢に『大手町スカイビスタ』の建設を断念するように言うが芹沢は建設をやめない。

東京ナショナル銀行がマディソン建設に融資をしないのはなぜ?

甲斐が蟹江を褒めるなんて滅多にないことだな♪( ´θ`)ノ

瀬川の陰謀を暴いて彼を事務所から追放した甲斐とチカの連携プレーに惚れ惚れする💕

大輔は玉井に甲斐の気持ちを踏みにじらないようにと告げ、大輔は真琴に別れを告げる。

辛いだろうな大輔、でも嘘をついて真琴と付き合う方がもっと辛いと思うぞ(泣)

まとめ

月9ドラマ『SUITS2』第3話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

アソシエイトを統括する蟹江(小手伸也)は、経済誌に載った“アソシエイトが選ぶ働きやすい法律事務所”という記事。

その記事で、『幸村・上杉法律事務所』がワースト2位だったことにより、東大ロースクールはインターンシップの廃止も検討しているということでチカに責められた。

改善を命じられた蟹江は、東大ロースクールから抜き打ちで視察に来た真野麻子を出迎える。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする