ホイチョイドラマ『恋の時価総額』第1話あらすじ&感想 涼介とユキトのラブコメ!

はじめに

『恋の時価総額』は、2015年10月23日から12月25日まで、BSスカパー!にて放送されたシチュエーションコメディで全10話のドラマで主演は田中圭です。

田中圭演じる栗野涼介は巨乳好きで巨乳の美女と浮気して妻と離婚して友人のユキトの家に突然転がり込んできます。

キャスト&スタッフ

製作総指揮:馬場康夫(ホイチョイ・プロダクションズ)
企画:小牧次郎
脚本:吉高寿男/山中隆次郎
プロデューサー:長内敦/浜川久美
演出・プロデュース:羽多野健
株式監修:ダイヤモンド・ザイ(篭島裕亮)
出演者:田中圭、木南晴夏、中村静香、波岡一喜
テーマ曲:jeff Miyahara feat.Paul Ballard 「Love & Money」

ホイチョイドラマ『恋の時価総額』第1話あらすじ

浜崎ユキト(波岡一喜)の部屋にチャイムがなりユキトは誰だよと言いながら玄関に向かうと、栗野涼介(田中圭)が勝手に上がり込んできて部屋の広さに驚いていた。

ユキトは涼介の結婚には反対していて亮介は彼女の胸に惚れて結婚したとユキトは言っていた。

ユキトは貧乏ゆすりをしていて運動にはいいと涼介に持論を話した。

涼介はカウンセラーの女性に浮気して妻に家を追い出されたと言い涼介は家に住まうことを条件に卓球勝負をして涼介が勝ち涼介は妻と離婚したことをさらっと話した。

涼介はなんでこんな立派な家に住めるのかとユキトに聞いたらユキトは株で3億円を儲けたと涼介に自慢げに話してユキトは株のことについて涼介に説明する。

ユキトは親の土地をこっそり抵当に入れて1億円を借りてそれを4億円に増やしたと話し銘柄を慎重に選んでいると涼介に話す。

銘柄とは上場している株式や企業名のことで3億円が手元に残っている。

涼介はユキトに株を教えてと頭を下げてユキトは株とは何か詳しく教えると豪語していたその時、ある女性が部屋から出てきてユキトは何やらそよそよしかった。

ユキトと涼介は買ってきた牛丼を食べてユキトは突然コンドームを取り出して説明を始める。

オカモト01は男性避妊具用品で初めて中国に工場を建てたと話して中国はいいものを使いたいという傾向が強くてシェアの拡大は十分に見込めると考えオカモトの株を買った。

458円だった株が1091円になってたった2ヶ月で2.8倍になったと聞いて涼介は納得した。

小売業は個人投資家にとって株主であると同時に顧客でもあると涼介に説明し、わかりやすい銘柄だと話す。

ユキトは株の格言に「遠いものは避けよ」があり初心者は自分がよく知っているわかりやすい会社の株を買えという意味だとユキトは話す。

株はギャンドルだから負けることがあるとユキトは言い涼介は怖気づいた。

すると隣の部屋から何やら変な音が聞こえてきてユキトはこの楽器は中国のニコだと涼介に話しユキトはニコを持っている女性の写真を見せた。

ニコを持っている女性は辰巳ノリコ(木南晴夏)という女性でノリコはニコを撮るためにわざわざ一階の共有スペースに行ったとユキトは言った。

涼介はノリコみたいな意識高い系の女性は嫌いだとユキトに話してユキトは本当のノリコのことを知らないとユキトは涼介にノリコの部屋に仕掛けた監視カメラの映像を見せる。

涼介は盗撮は犯罪だからカメラを回収しに行くぞと言って2日係でなんとかカメラを回収した。

あとはノリコの飼っている猫についているカメラだけ…。

ユキトはコーヒーを株主優待でもらったと涼介に自慢していた。

涼介はカメラの回収をしにノリコの部屋に行こうとするがユキトが止めてユキトはある作戦を思いつく。

涼介はノリコの部屋のチャイムを鳴らして涼介は身体中に鰹節の匂いを染みつかせてきたが猫は全く寄ってこなかった。

涼介はユキトの部屋に戻りシャワーを浴びて鰹節の匂いを落として涼介はテレビのプロディーサーだと彼女に話したら食いついてきてユキトの部屋に来ることになり涼介は精一杯のパスをしてやるとユキトに言った。

そして部屋のチャイムがなりユキトは焦りユキトは玄関の覗き窓からノリコを見た。

ノリコが外に立っていてユキトはこれまでにない緊張をして過呼吸になった。

涼介は彼女を酔わせている間に猫のカメラを回収しようとするが彼女は缶チューハイを飲んだだけで酔っ払ってしまって猫のカメラは回収できずにいた。

ノリコは東京でローンを払い続ける毎日に嫌気がさしていると涼介に愚痴をこぼして涼介はユキトにパスを出した。

ユキトはノリコに株の話しを始めるがノリコはユキトをマットがわりにして眠り込んでしまう。

翌朝、ユキトは上機嫌になっていて涼介は何か進展はあったのかと聞いたらユキトはノリコの下にずっといたと言ってただそれだけだった。

涼介はユキトの部屋を出て行くと言い荷物をまとめて出て行こうとしたらエレベーターで上がってきたのは巨乳の美女で涼介は一目惚れをしてしまう。

涼介は彼女がノリコの部屋に来たのを見て涼介はノリコに彼女は後輩の赤葉愛莉(中村静香)だと紹介された。

そして、愛莉はユキトを見ると声をあげて喜び、ユキトは投資家としてかなりの有名人だと彼女は言ってお金儲けのこと教えてくださいとユキトに言った。

ユキトは1日で20億円稼いだ男の話をして愛莉は興味を示しユキトと一緒にノリコの部屋に転がり込む。

涼介は引っ越し屋さんにユキトの部屋に荷物を運んでくださいと頼みこれからの生活が楽しみになる涼介だった。

感想

僕はこのドラマはラブコメであり涼介がユキトの部屋に転がり込んで二人が巻き起こす恋のあれやこれやがとてもおかしくておもわず笑ってしまいました。

途中で笑いが起こるところはアメリカのコメディドラマを見ているようでどこか懐かしい感じがしました。

また、ドラマの中で株のことが話されて僕はこのドラマは株の勉強にもなるなと感心してみていました。

株というのはどうも敷居が高いイメージがあったのですが安く帰る株もあると知り貯金があったら株を一度はやってみたらいいかなと思いました。

でもやりすぎはほどほどにw。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『恋の時価総額』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしたでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする