ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』6話ネタバレあらすじ

木村拓哉主演のドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第6話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

島崎章と高梨雅也のもとへ、商店街でカレー食堂を営む佐久間華絵から“厄介な警護依頼”が舞い込む。

この40年間、夫と二人三脚で店を切り盛りし、カレーを作り続けてきたという華絵だったが…。

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第6話のあらすじ

 島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)のもとへ、商店街でカレー食堂を営む佐久間華絵(名取裕子)から“厄介な警護依頼”が舞い込んだ。この40年間、夫と二人三脚で店を切り盛りし、カレーを作り続けてきたという華絵。だが、懇意にしていた大家が亡くなった途端、相続した息子・玉井充(永沼伊久也)が立ち退きを要求! 裁判を起こされた上に、ガラの悪い連中に嫌がらせまで受け、追い詰められた夫は発作を起こして亡くなってしまったという…。充との交渉の場に立ち会い、夫が命を懸けて守ろうとした店とカレーを護ってほしい、と訴える華絵。だが、法律的には大家側に理があり、下手に介入すれば、章たちも法律違反に問われてしまう。この現状を鑑み、高梨は逡巡するが…。
 そんな中、立ち退きの断行日がやって来た。充は立ち退きのために強引な手段に出るが、華絵は諦めず、籠城を開始! 華絵の依頼で、章と高梨も立てこもりに付き合うが、店内を見渡した章はふと華絵の意図に違和感を覚え…!?
 時を同じくして、章のかかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)の脳裏には、章を付け回す謎の男(中村織央)と以前会ったときの記憶がよみがえる! 章の身を心配し、男の正体を調べようとする多佳子。一方、総裁特別補佐に就任した桑田宗司(小木茂光)の記者懇親会を警護していた菅沼まゆ(菜々緒)と沢口正太郎(間宮祥太朗)は、会場に紛れ込んでいる謎の男を発見し…! 男の正体と目的とは一体何なのか!? ますます謎が深まる中、やがて桑田や謎の男と裏でつながる「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)を“窮地”に追い込む事態が発生してしまう――。
(出典: 『BG〜身辺警護人〜(2020)』第6話あらすじ)

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第6話のネタバレ

佐久間華絵は店でらっきょうの味見をしていて、その時ドアを叩く音がして驚く。

その頃、章は高梨に沢口を襲った男に襲われたと報告する。

カフェの店員の中島がカレーを届けに来て高梨がカレーを食べる。

事務所の電話が鳴り章が電話に出ると華絵が家まで来てくれるとお願いする。

章は高梨を連れて「カレー食堂さくま」にやってきた。

嫌がらせの貼り紙を必死に剥がしている華絵。

華絵は主人が殺されたと章に告げ章はご主人が亡くなった経緯を話してほしいと尋ねる。

華絵の夫は近所の人から出ていけと迫られて発作を起こしたから殺されたようなものだと華絵は話す。

店は借家で大家の息子が後を引き継いだ途端勝手に店を売りに出して明日までに出ていけと迫られていた。

他の店はなくなく売りに出して後は華絵の店だけとなった。

主人が必死に守った店だから何とかこの店を残したいと章に訴える。

一方、桑田は自宅でマスコミ接待を行いまゆと沢口で警護を担当をすることになった。

高梨は襲われる危険性があると章に忠告したが章は華絵の依頼を遂行しようとする。

そんななか、多佳子は夫の葬儀に来ていた男が章と自分を襲った男と同一人物だと気づく。

家で瞬に自分を狙っている男がいると章は警告する。

自宅に多佳子がやってきて章は驚き、多佳子は電話では言えない話があると章に告げる。

まゆと沢口は桑田の自宅に警護に来て記者の一人一人を金属探知機でチェックした。

多佳子は男が夫の葬儀に来ていたことを章に伝える。

その時、高梨から連絡があり華絵の依頼が思ったより厄介だと報告した。

華絵の店に来ると大家の息子・玉井充が弁護士と仲間を引き連れて華絵に立ち退きを要求した。

章は力づくは良くないと訴えるが玉井たちはやめる気がない。

章と高梨が店に入ると華絵は突然シャッターを閉めて籠城した。

沢口は桑田の自宅で自分を襲った男が食事会に来ているのを目撃した。

華絵の店にマスコミと警察が集まりネットニュースにもなった。

一方、まゆは懇親会で桑田を襲った男がパーティーにいると劉に報告した。

あの男はなぜここにいるのかとまゆは劉に尋ねるが劉は何も答えない。

パーティーが終わり男が桑田に詰め寄り桑田は男と二人きりになる。

カレーが仕込まれていないことで章はもうここで店をやれないことを受け入れてるんじゃないかと華絵に尋ねる。

ここで騒ぎを起こすことが目的だと章は気づき華絵は分かってほしいと話す。

その直後、玉井が合鍵で店の中に入ってきた。

玉井は華絵が弁護士と相談して高い立ち退き料を手に入れるために騒ぎを大きくすることが条件だと弁護士に言われたと章と高梨に話す。

玉井は仲間に命じて店の物を破壊し始めた。

章と高梨は玉井の仲間たちを制圧して華絵は立ち退きを了承した。

玉井たちは帰っていき、章は本当にこれでいいんですかと華絵に問いかける。

ここまで粘ったんだから主人も許してくれると華絵は呟き壊された店の物を片付けようとする。

章はカレーを作るという日常はどこでもできると華絵に告げ、華絵は章と高梨の為にカレーを作った。

任務中に食事はいただけないと章は言うが高梨は無理やり任務を終わらせて章は華絵のカレーを食べる。

私の日常を守ってくれてありがとうと華絵は章と高梨に感謝を伝える。

まゆと沢口が桑田の警護をしていると男が桑田に襲いかかりまゆが男を追いかける。

まゆが男を押さえつけて、男は劉に頼まれてやったとまゆに言いまゆは驚愕する。

その隙に男はまゆを突き飛ばし逃走した。

桑田は警察から事情聴取を受けていて自分のわがままが招いたことだからKICKSガードに非はないと話す。

警察に詰問されてまゆは男が劉に頼まれて桑田を殺しに来たと証言する。

劉は警察に桑田を襲わせたのかと問いただされて警察を振り切り逃亡した。

章が多佳子の病院に来て多佳子はあの男が元警察官で夫と組んでいたと話す。

男の名前は加藤一馬で彼は不祥事を起こして警察官を辞めていた。

多佳子は無茶だけはしないでと章に警告する。

元妻の話をして章は多佳子との距離が縮まりかける。

その時、沢口から電話があり加藤が劉に命じられて桑田を殺しに来たと報告した。

事務所に戻った章は高梨が桑田襲撃事件がネットニュースになっていると話す。

そんななか、劉は章に電話して桑田が警察とグルになって自分を消しに来たと伝える。

自分の警護を依頼した劉に章は少し考えさせてくださいと返事をする。

高梨は劉を守るなら「島崎警護」を辞めると章に宣言して章は高梨に背を向ける。

お辞儀をした高梨は章の前から去っていった。

劉に指定された場所までやってきた章だったが警察に囲まれてしまうのだったーー。

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第6話の感想

今回の依頼人はカレー店を営む佐久間華絵で、章は彼女を守ろうと決意する。

立ち退きを要求する玉井がムカつくな、大勢で立ち退きを迫れば出ていくと思ってる乱暴者め( *`ω´)

華絵は立ち退きせずに籠城を始めた。

つい華絵を応援してしまう。

桑田を襲った男は一体何者なんだろう?

多佳子と何が関係があるのか…。

華絵は立ち退いた他の店の苦しみを分かってほしくて籠城したのか。

劉が何で桑田を殺そうとするんだ!

章は劉に警護を依頼されて高梨はボディガードを恨んでいる劉の警護をするのを反対する。

困っている人が目の前にいればほっとけないのが章^ – ^

章が劉の指定した場所まで駆けつけるとなぜか警察が目の前にいて囲まれてしまう。

まさか劉に嵌められたわけしゃないよね、劉ならやりかねないかも…。

まとめ

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

総裁特別補佐に就任した桑田宗司の記者懇親会を警護していた菅沼まゆと沢口正太郎は、会場に紛れ込んでいる謎の男を発見する。

男の正体と目的とは一体何なのか!? 

ますます謎が深まる中、やがて桑田や謎の男と裏でつながる「KICKS CORP.」の社長・劉光明を“窮地”に追い込む事態が発生する。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎