ドラマ『ギルティ 〜この恋は罪ですか?〜』7話ネタバレあらすじ

新川優愛主演のドラマ『ギルティ 〜この恋は罪ですか?〜』第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

爽(新川優愛)は一真から、寺嶋の正体が、一真の元妻・弥生の弟・睦月だと聞かされる。

一真に電話をかけてきた寺嶋は「姉貴が会いたがってる」と告げて…。

ドラマ『ギルティ 〜この恋は罪ですか?〜』第7話のあらすじ

爽(新川優愛)は一真(小池徹平)から、寺嶋(神尾楓珠)の正体が、一真の元妻・弥生(智順)の弟・睦月だと聞かされる。

一真に電話をかけてきた寺嶋は「姉貴が会いたがってる」と告げた。

一真は、寺嶋と弥生に会いに行くことに。爽は、寺嶋と会うのは危険だと言って引き止める。

しかし、一真は「自分がまいた種だから」と、寺嶋と弥生に向き合う覚悟だった。


瑠衣(中村ゆりか)と寺嶋は手を組み、お互いの目的を果たそうとしている。

秋山(町田啓太)から、瑠衣をそっとしておいてほしいと頼まれた爽だったが、瑠衣と寺嶋を止めなければならないと決意した。


彼女は瑠衣のマンションを訪ね、瑠衣に向かって妻として一真を守ると宣言する。

その後、瑠衣は、”守れるもんなら、守ってみれば?”というメッセージを爽に送り付ける。


一真は寺嶋と弥生に会うため、ある場所へ向かう。

そこで一真は、衝撃的な事実を知らされる――!「絶対に、お前を許さない!」と迫る寺嶋だった。


さらに寺嶋は、一真にナイフを突きつけ「社会的に死ぬか? 今この場で死ぬか?」と究極の選択を迫るが――!


ドラマ『ギルティ 〜この恋は罪ですか?〜』第7話のネタバレ

一真は睦月に電話で話をして、睦月は10年間一度も忘れたことはないと一真に話す。

楽しんできてねと瑠衣は睦月に言い睦月はずっとこの日を待っていたと告げる。

一真は自分で撒いた種だからケリをつけてくると爽に言い残して家を出てゆく。

そっとしておいてほしいと慶一に言われたが、爽は瑠衣と睦月のことをそっとしておくつもりは微塵もなかった。

瑠衣の部屋に来た爽は部屋の中には入らず瑠衣と睦月が私とカズくんを潰そうとするなら私は全力でカズくんを守ると宣言した。

瑠衣は慶一の心を掴むのが目的だが、こんなことをしても慶一の心は手に入らないと爽は話す。

瑠衣は爽の宣戦布告に、やれるものならやってみればとメールで受けて立つ。

一方、睦月は12年前のことを思い出していた。

弥生は睦月に一真との結婚が決まって幸せだと話していたが、一真に捨てられてショックを受けて泣いていた。

睦月はその時に弥生を守ると約束していたが…。

睦月が待つ教会に現れた一真は弥生がどこにいるか睦月に尋ねる。

睦月は弥生が一真に捨てられたショックで自殺したと一真に告げる。

弥生が自殺したことで、息子の駿は母親を失った悲しみで心を閉ざして、児童施設に行く時に睦月に生まれてこなければよかったと話す。

睦月は自分と駿の電話の音声を一真に聞かせて弥生の命も駿の幸せも奪った一真を絶対に許さないと叫ぶ。

一真は倒れ込み、睦月は週刊誌の記者に金を握らせて書かせた一真の記事を見せる。

その記事には一真が弥生を自殺に追い込んで家族を破滅させたという文面でこれが公表されたら社会的に死ぬと睦月は話す。

睦月はナイフを取り出して「社会的に死ぬか? 今この場で死ぬか?」という究極の選択を迫る。

その時、爽が教会に現れて何でこんなことをするのと睦月に聞く。

睦月は弥生を一真が殺したと爽に答えて一真に弥生と一真が大学の同級生だったと打ち明ける。

弥生の手紙を爽に渡して爽は弥生の手紙を読んだ。

弥生は大学の時から一真のことを片思いしていて、父親に頼みこんで一真と弥生は結婚した。

弥生が一真と別れた後もしばらくは駿を大事に育てていたが、一真と爽が結婚したと聞いてぼう然自失となった。

その後、弥生が自殺して睦月は一真のことを深く憎んだ。

睦月は一真に向けてナイフを振り下ろして一真は爽を庇ってナイフで腕を切られる。

自分には何をしてもいいが爽だけには手を出さないでくれと一真は睦月に訴える。

爽は睦月が自分の記事を読んで立ち直れたという話をしたことを話し、睦月が一生懸命立ち直ろうとしていたことを察する。

睦月が一生懸命立ち直ろうとしていたのに、瑠衣が引き戻りしてしまったから睦月をこんな風にさせたのは自分の責任でもあると爽は睦月に謝った。

「もう弥生を守れなかった自分を許してあげて」と爽は睦月の手を握りながら話し睦月は泣きながら自分を許した。

記事は出しますからと睦月は一真に呟いて帰っていき、爽は倒れ込む。

一真は両親を憎んでいたせいで弥生と駿を捨てることがどれだけ罪深いことかにも気づかなかったと爽のことを抱きながら話す。

爽は一真のことが人間らしく見えると泣いて一真に言い、一真は前に進む為に爽と別れることを決意する。

お互い片目を瞑って結婚した爽と一真はやっと両目でお互いのことを見た。

瑠衣は慶一に電話して爽に一真を守ると宣戦布告されたと言い慶一は不安を感じて爽のもとに向かう。

爽の実家に来た慶一は爽の怪我の手当てをして瑠衣の過去のことを話し始める。

瑠衣は慶一の父親との再婚相手の連れ子で瑠衣の母親は瑠衣とともに夫から暴力を受けていたと慶一の父親に話していた。

でも、実は瑠衣を虐待していたのは母親のほうだとわかり慶一の父親は瑠衣の母親と別れる。

母親は瑠衣を捨てて出て行ったが、一年もしないうちに戻ってきて瑠衣を引き取る。

瑠衣は母親との二人暮らしに耐えられなくなり時々慶一の家に来ていた。

その時に、慶一は爽と付き合い始めて瑠衣は爽に対して激しい嫉妬心を抱いた。

慶一と爽はお互いが必要だと感じていた。

瑠衣と久しぶりに会ったら母親みたいになっていたと慶一は爽に話す。

爽は虐待されたら人の旦那と寝てもいいのと怒鳴り、慶一は瑠衣のことは俺がなんとかすると言って家を出る。

「秋山だけが支えだったよ!」と爽に言われた言葉を思い出して慶一は帰る。

一方、瑠衣は入院しているかすみのもとに行き自分が爽だと唱え続けていた。

爽は離婚届を出して一真と正式に離婚して睦月は一真の記事を週刊誌に掲載した。

一真は会社を辞めて消息を絶つ…。

瑠衣の部屋に慶一がやってきてイタリアに行っている間に何があったんだと瑠衣に尋ねる。

瑠衣は自分には慶一しかいないと訴えるが、慶一はこれ以上爽に何かしたら本気で怒ると瑠衣に警告した。

爽には二度と近づかないと瑠衣は慶一に約束して慶一は兄としてならここに来てもいいと話す。

慶一が帰った後、瑠衣はショートケーキを潰して「何がすべて失っただよ、まだ残ってんだろうが!」と悪魔のような表情を見せる。

瑠衣はかすみの病室に忍び込んだがそこにはかすみがいなかった。

爽は結から事前に警告の手紙を受け取っていて瑠衣に「潰せるものなら潰してみれば」とメールで宣戦布告を伝えるのだったーー。

ドラマ『ギルティ 〜この恋は罪ですか?〜』第7話の感想

瑠衣と爽の激しい女のバトルが見どころである『ギルティ 〜この恋は罪ですか?〜』。

この作品はドロキュンサスペンスと銘打ってドロドロした女のバトルもあり爽と恵一の甘く切ない恋模様も描かれている。

今回では瑠衣の過去が明らかになり瑠衣は母親から虐待を受けてあんな歪んだ性格になったのかと妙に納得した。

やっぱり虐待された子供って将来瑠衣のような人間になるのかと思うと社会の闇が深いと思うな…。

慶一は瑠衣が虐待された過去があると知っているから妹として守りたいと思ったんだろう。

睦月は一真を深く憎んでいるがそれ以上に姉の弥生を守れなかったと自分を責めていた。

その心を爽によって解きほぐされて睦月は一真の前から姿を消した。

いよいよ次回は瑠衣vs爽の全面戦争が見られそうだ⁉️

まとめ

ドラマ『ギルティ 〜この恋は罪ですか?〜』第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

一真は寺嶋と弥生に会うため、ある場所へ向かう。

そこで一真は、衝撃的な事実を知らされる。

「絶対に、お前を許さない!」と迫る寺嶋。

さらに寺嶋は、一真にナイフを突きつけ「社会的に死ぬか? 今この場で死ぬか?」と究極の選択を一真に迫った。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする