ドラマ『半沢直樹(2020)』1話ネタバレあらすじ 半沢が帰ってきた!

堺雅人主演のドラマ『半沢直樹(2020)』第1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

あの『半沢直樹』が帰ってきた!

堺雅人演じるバンカーの半沢直樹は常務の大和田を糾弾したことで、東京中央銀行の子会社のセントラル証券に出向させられる。

型破りのバンカー、半沢直樹が再び「倍返し!」のために動きだすーー!?

ドラマ『半沢直樹(2020)』第1話のあらすじ

東京中央銀行のバンカーとして活躍していた半沢直樹(堺雅人)。

しかし、大和田常務(香川照之)の不正を暴き糾弾したことが原因となり、中野渡頭取(北大路欣也)から、子会社である東京セントラル証券へとまさかの出向を命じられてしまう。

こうして出向先の東京セントラル証券・営業企画部長となった半沢。

扱う金融商品企画はどれも銀行時代とは比べものにならないほど小さなものだった…それに加えて、親会社の銀行からは不良案件を押し付けられる始末。

さらに、銀行からの出向組に対するプロパー社員たちの不公平感は根強いものがあり、反骨心と確執が渦巻いていた。

一方、大和田は、敵対していたはずの中野渡頭取派に華麗に転身、保身のために組織を利用し新たな地位を築いていた。

さらに、大和田の忠実な部下である証券営業部長・伊佐山泰二(市川猿之助)もまた、“半沢潰し”を目論んでいた。

そんなある日、東京セントラル証券に大型買収案件が舞い込む。

プロパー社員・森山雅弘(賀来賢人)が担当する大手IT企業「電脳雑伎集団」が、瀬名洋介(尾上松也)率いるIT業界の雄「東京スパイラル」を買収したいと申し出て来たのだ。

買収における株式取得にかかる費用はおよそ1500億円以上。

東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。

「銀行を見返せ!」と大規模買収に沸き立つセントラル証券だったが、突如電脳雑伎集団からアドバイザー契約を一方的に断ち切られてしまう—。

そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった——。

飛ばされた半沢は銀行に下剋上なるか!?

不屈のバンカー半沢の新たな戦いが今、始まる!

(出典: ドラマ『半沢直樹(2020)』第1話あらすじ)

ドラマ『半沢直樹(2020)』第1話のネタバレ

証券営業部部長の伊佐山泰二は大和田常務を糾弾した半沢を深く憎んでいた。

伊佐山は役員会議の後、伊佐山が会議室に行くと大和田が土下座したまま床に座り込んでいるのを目撃する。

それを見た伊佐山は大和田だけでなく自分の出世コースの道も白紙にした半沢に復讐を誓った。

そんななか、東京セントラル証券は電脳雑伎集団の平山一正と平山美幸の二人にIT業界の雄「東京スパイラル」の買収案件を持ちかけられる。

小型案件ばかりの東京セントラル証券にかつてないほどの大型案件が舞い込み担当の営業企画部調査役の森山雅弘は燃えていた。

銀行出向組の社長の岡、営業企画部次長の諸田、営業企画部の三木は買収を森山に任せるべきか不安に思っていた。

東京中央銀行本店にやってきた半沢たちは伊佐山に酷い案件を押しつけてばかりいた。

岡は半沢が来たことで銀行への風当たりが強くなったと怒っていた。

東京スパイラルの買収を何としても成功させろと岡は半沢に命じる。

レストランに行けなくなったと半沢は妻の花に謝った。

電脳雑伎集団からのまさかの裏切り!

契約締結日、岡は平山夫婦に成功報酬の契約書を交わした。

諸田は担当であるはずの森山をメンバーから外して銀行から押しつけられた案件を森山に押し付けた。

買収がうまくいったのは営業努力の結果だと半沢は森山を慰めて飲みに誘ったが森山は断った。

半沢は同期の渡真利と小料理屋に行き、女将の智美が愚痴の相手をした。

あんなに対立していた中野渡頭取に大和田は取り入り、弟子の伊佐山を押し上げて副頭取の三笠洋一郎を追い落とそうと画策。

1週間後、半沢はいい加減な提案は信用を無くすぞと部下の三木たちを奮い起こした。

半沢が電脳雑伎集団を訪れると、平山夫婦からアドバイザー契約を解消したいと突然言い出す。

美幸と一正が言うには急ぐように伝えたはずなのに連絡の一つもよこさなかったという理由だった。

このままでは今期の目標も未達になると伊佐山は渋い顔をして岡に話す。

伊佐山は人事部に岡社長の指示という名目で地方に出向させようとしていた。

小料理屋で渡真利は銀行員人生を取り戻すには何としても大型案件を成功させろと告げる。

証券営業部に大型案内が舞い込み実績を上げた伊佐山は報告のために三笠と料亭で会う。

大和田は伊佐山と料亭で待ち合わせをしていたが、伊佐山に裏切られたと知り憤っていた。

東京セントラル証券にいる半沢は営業企画部の浜村瞳に東京スパイラルの資料を持って来させた。

その資料は森山が担当を外される前にまとめた物で、半沢はその資料を見て森山を呼べと浜村に指示した。

森山は電脳雑伎集団に行き、もう一度契約を見直してほしいと頼み込むが断られる。

森山の目の前に半沢が現れていきなり傘で面をくらわせたが森山は傘でそれを防ぐ。

半沢は東京スパイラルの社長・瀬名洋介と森山が中学の同級生だと突き止める。

居酒屋で森山は瀬名に親父が作った万年筆を渡されてそれを今でも大事に持っていたと半沢に話す。

瀬名は中学時代に父親の借金があり夜逃げして、それからはバイトをいくつもこなしてプログラミングを一から学び東京スパイラルを立ち上げた。

東京スパイラルを瀬名が立ち上げたのは父親の技術を世の中の人にもっと知らせる術があったのではないかと森山は考える。

森山も瀬名の父親のような技術力のある人の力になりたいと思い銀行員になった。

半沢は森山のまとめた資料を持って再び電脳雑伎集団を訪れる。

二重契約は契約違反だと半沢は警告して美幸は向こうから持ちかけてきたと話す。

電脳雑伎集団に来た半沢と森山は伊佐山と遭遇して伊佐山は異動になる前にせいぜい頑張るんだなと嘲笑っていた。

半沢は渡真利に電話して東京中央銀行は東京セントラル証券の大型案件を横からかっさらったと告げる。

東京中央銀行は東京セントラル証券が電脳雑伎集団のアドバイザー契約のことを東京セントラル証券の誰かにリークされてその情報を知りアドバイザー契約を奪った。

このままで悔しくないんですかと銀行出向組と半沢に言う森山。

半沢の怒涛の逆襲が始まる!?

取締役会議で伊佐山は電脳雑伎集団の東京スパイラルの買収の話を始めて、大和田はそのことを何も知らなかった。

1500億円の融資が通り、半沢は何か裏があると渡真利に話す。

半沢はこのままですませるつもりはないと渡真利に宣言した。

電脳雑伎集団の株の動きを見張れと半沢は森山たちに命じたが、動きはなかった。

渡真利から電脳雑伎集団のネット記者会見があると聞き、半沢は会見を見る。

電脳雑伎集団の時間外取引で東京スパイラルは電脳雑伎集団に買収されて瀬名はこんな騙し打ちのようなやり方は許せないと会見で語る。

森山は半沢たちに東京スパイラルの加納と清田が東京スパイラルの30%の株を伊佐山に売ったのではと推測を話す。

伊佐山と三笠は加納と清田に株の売却を提案して二人は提案に乗った。

半沢に瀬名に連絡するように促されて森山は瀬名に電話をした。

久しぶりの再会を喜んだ森山と瀬名。

渡真利は半沢に銀行に契約のことをリークした犯人を見つけるしか生き残る手はないと伝える。

半沢は岡に異動届を見せられて、打開策を考える。

その時、東京セントラル証券に森山が戻ってきて瀬名に会うんじゃなかったと呟く。

瀬名は森山を東京セントラルまで連れてきて加納と清田に電脳の買収の話をリークしたのかと疑っていた。

出向組から命令されてやりたい仕事もできず森山は悔しがる。

半沢はそんな森山を奮起させて何をすればいいかと森山は尋ねる。

浜村は三木に半沢が東京中央銀行に買収の情報をリークした犯人を徹底的に見つけるために社員のパソコンを調べると報告した。

夜中の東京セントラル証券にやってきた三木はパソコンを開いていた…。

伊佐山は買収の情報を流した諸田を東京中央銀行に栄転させると約束していた。

その時、半沢が突然現れて三木が諸田が電脳雑伎集団の買収話を流したことを告白した。

半沢は諸田のパソコンからコピーした伊佐山宛てのメールを見せる。

そのメールの文面は諸田が電脳雑伎集団の東京スパイラルの買収の内容で、諸田が伊佐山に買収の情報をリークした何よりの証拠だった。

だが、伊佐山はそんな事実は知らないとシラを切る。

実は、半沢が来る前に諸田は半沢が情報をリークした犯人を特定しようとしていると電話で報告していた。

伊佐山はすぐに東京中央銀行に電話してサーバーごとメールの受信記録を削除させた。

伊佐山がメールを受け取った証拠を隠滅して伊佐山は得意げに半沢を嘲笑った。

半沢は親会社が子会社の大型案件を横取りする伊佐山の行為はまるでヤクザだと言い放つ。

「やられたらやり返す、倍返しだっ‼︎」と半沢は大声で叫び、伊佐山にリベンジを宣言した。



ドラマ『半沢直樹(2020)』第1話の感想

半沢は中野渡頭取に東京セントラル証券への出向を命じられて、東京セントラル証券の営業企画部部長として邁進していた。

東京セントラル証券に電脳雑伎集団から東京スパイラルの買収という大型案件が舞い込む。

しかし、電脳雑伎集団は急遽東京セントラル証券のアドバイザー契約を解消して他社に乗り換える。

アドバイザー契約を奪った東京中央銀行の伊佐山のやり口は許せんな( *`ω´)

伊佐山は半沢に復讐しようとしているだけなんだ!

大和田を裏切って三笠に寝返った伊佐山は大型案件のアドバイザー契約が決まったと三笠に報告する。

買収の情報をリークした犯人は諸田だと明らかになり諸田は東京中央銀行に戻るために東京セントラル証券を裏切った。

銀行に戻りたい気持ちは分からんでもないが、それでこんな汚い真似をされたらたまったもんじゃないな!

半沢の名ゼリフ「やられたらやり返す、倍返しだっ‼︎」がパワーアップしてるな💕

まとめ

ドラマ『半沢直樹(2020)』第1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

半沢は諸田のパソコンからコピーした伊佐山宛てのメールを見せる。

そのメールの文面は諸田が電脳雑伎集団の東京スパイラルの買収の内容で、諸田が伊佐山に買収の情報をリークした何よりの証拠だった。

だが、伊佐山はそんな事実は知らないとシラを切る。

実は、半沢が来る前に諸田は半沢が情報をリークした犯人を特定しようとしていると電話で報告していた。

伊佐山はすぐに東京中央銀行に電話してサーバーごとメールの受信記録を削除させた。

伊佐山がメールを受け取った証拠を隠滅して伊佐山は得意げに半沢を嘲笑った。

半沢は親会社が子会社の大型案件を横取りする伊佐山の行為はまるでヤクザだと言い放つ。

「やられたらやり返す、倍返しだっ‼︎」と半沢は大声で叫び、伊佐山にリベンジを宣言する。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする