木曜ドラマ『モトカレマニア』第4話あらすじ&感想 ユリカ新たな恋に突入?

はじめに

『モトカレマニア』第4話では、ユリカはマコチに振られてようやくユリカはマコチを忘れる決意をします。

ユリカはマコチを忘れて新しい恋に踏み出すことができるのか?

前回(第3話)のあらすじ

ユリカはキャリアウーマン的な服装でチロリアン不動産に出社した。

ユリカは社長にマコチと一緒に仕事に行くことになった。

ユリカはマコチと付き合う前に先輩と後輩の関係に戻ったとユリカはそう言った。

ひろ美は本当の難波ユリカで勝負しろと怒って帰っていく。

ユリカはひろ美とハロウィンを祝いたかったができなくて残念そうにしていた。

山下はユリカのことが好きだったがユリカとマコチの恋を応援すると決めていた。

あるお客様が別の不動産会社の物件とユリカの担当する物件と迷っていた。

ひろ美はユリカは最初に入った会社が倒産して次に入った会社がブラック企業で期待して裏切られる辛さをわかっているから臆病になっているとひろ美は語る。

ユリカはお客様のために物件周辺の手作りマップを作成していた。

そして、山下は食べログ会で加賀千鶴を連れて行き、その帰りに山下は彼女に告白された。

マコチは物件の値下げをするために奔走していて、一方のユリカは物件の庭の草むしりをしていて突然倒れた。

妄想マコチは助けてくれないとユリカはさとった…。

そこに本物のマコチが現れてユリカを抱き上げて病院に連れて行った。

ユリカは熱中症で倒れていたのでマコチは水分を摂るようにとマコチは言った。

翌日、ユリカが物件に行くとチロリアン不動産の社員たちが草むしりや家の掃除を手伝ってくれてお客様はすごく喜んでいた。

ユリカとマコチは事務所に帰りユリカは人を見て頑張れる性格を褒めたが、一人で頑張りすぎなところは変わらないとマコチはユリカに言い、ユリカもマコチは変わらないとユリカは言った。

そして、ユリカは唐突に「好きです」って告白した。

ユリカは混乱して脳内会議を開き”いい女ユリカ”が「先輩として好きだよ」と言いなさいとアドバイスをして、ユリカはそう言おうとしたがうまく言えず「なんか言ってよ」と呟いた。

マコチは呆然とした後に、ユリカと一緒にファミレスに行かないかと誘って、マコチは好きって言葉は答えが欲しいやつなのか欲しくないやつなのかをユリカに聞いた。

ユリカはどうせ傷つくならとユリカは「答えが欲しいやつです」と答えた。

マコチは今は答えは出せないと返事をしてユリカは一緒に住んでる女性は?と聞いたらマコチは一緒に住んでるだけで気持ちはないとマコチははっきり言ってユリカは動揺した。

マコチとユリカは仕事でもなんだかぎこちなかった。

ユリカは誕生日を丸の内さくらの小説を読んで過ごすことに決めてそこに来栖むぎがいてユリカは驚いたがその時にユリカは前にあった高級柔軟剤の女に再会してその女性が一緒に食事しないと誘われた。

女性とユリカは高級料亭に行き女性は「丸の内さくら」と自己紹介した。

ユリカは大ファンですと愛読書を渡してサインをしてもらった。

ユリカはさくらが自分と同じ”モトカレマニア”だと感じ手を握り合って、さくらは20代女性の圧力に押されていた。

さくらはユリカに自分の小説を恋愛の参考にしてはいけないとアドバイスをして帰っていった。

ユリカは自分が今一番幸せでこの後は不幸が待ってると自分に言い聞かせた。

そして、さくらはバーで元彼と再会した。

ユリカは一人ハロウィンをしようと意気込んでいるとマコチがベンチに座っていてユリカはマコチに誕生日プレゼントとしてレーザー測量機を渡された。

ユリカはマコチに久しぶりにプレゼントを渡されたことで泣いて喜んでいた。

その時、マコチはユリカにキスをしてそれを見たひろ美が驚いて付き合うことにしたのとマコチに聞いた。

そしたらマコチは「キスしたけど付き合うとは言ってない」と言い、ひろ美は怒って「これ以上親友を振り回さないで!」と怒鳴った。

マコチは走り去り、ユリカはひろ美に寄り添い号泣した。

そうしてユリカは気づいた、「私今でもマコチが好きなんだ…」

木曜ドラマ『モトカレマニア』第4話あらすじ

ユリカはマコチに振られて泣いて、ひろ美と自分の部屋に帰りマコチがこの部屋に来て付き合えるかもと期待していたがその願いは叶わなかった。

一方のマコチはルームランナーで走り「最低だ」と呟いて男前マコチに叱られた。

マコチは失敗を繰り返すのを怖がっていて可愛かったからキスしたと自分に言い聞かせていてもユリカのことが頭から離れない。

丸の内さくらは高校の同級生で元彼の駒込と再会してさくらは高校時代を懐かしんでいた。

山下は加賀千鶴に告白されて加賀は返事を聞いたが山下は好きな人がいると彼女に話した。


ユリカはひろ美に化粧をしてもらい会社に行く決意をした。

ユリカが会社に行くと社長たちはユリカのためにフラッシュモブを披露したがユリカはフラッシュモブってそういうことじゃないですよと電飾まみれの三人に突っ込んだ。

そして、社長はユリカの担当の物件が無事ローンの審査に通ってユリカは正式に正社員になることができた。

社長はユリカに裁判所に行くと言い残して出て行き、社長はユリカの前にこの会社に勤めていた女子社員に好きだからかしつこくアプローチしてセクハラで訴えられた。

社員の白井は相手の気持ちも考えろってことッスかねと言っていたのを聞いてユリカはマコチのことを考えていた。

山下はユリカにマコチとの仲をはっきりさせるためにマコチとはどうなったのかをバーで聞いた。

そしたらユリカはマコチに盛大に振られたと山下に話してユリカは来栖むぎが東京に来ていると山下に伝えた。

ユリカは山下の気持ちもむぎの気持ちもわかると山下に話した。

一方の丸の内さくらは小説の続編をかけずに悩んでいてさくらは昔の桜と駒込の妄想が出てきて自分たちは結ばれるんでしょと今のさくらに問いかけた。

ユリカが会社で仕事をしているとマコチが出社してきて二人はぎこちなく後でユリカはメールで後で話したいと言っていた。

白井は会社の帰りにマコチとさくらが一緒にマンションに入っていく姿を目撃する。

マコチはさくらにもう一度付き合って幻滅されたらどうしようと話していたらさくらがどうして君が決めるのとマコチに怒鳴った。

ユリカはさくらに誘われてさくらが通っていた高校に一緒に観にいく。

ユリカは一緒に聖地巡礼できて嬉しいですとさくらに言ったがさくらはお葬式だとユリカに話しさくらは高校の時の思い出を楽しそうに話したが二人の物語は高校で終わるとさくらは言ってもう終わりにしなきゃとユリカに言った。

ユリカはさくらの家に招かれて自分の気持ちをんぶつけられる人が幸せになるとユリカに言いそうしないとこの状況は打開できないとユリカに話した。

ユリカもマコチに期待していてユリカはマコチも考えていると思っていてさくらは知恵熱出すほど考えていたと伝えた。

さくらはマコチは優しい人だと言って人間の気持ちは一瞬一瞬で変わってそれに期待すると振り回されるとユリカもそう感じた。

さくらはユリカがこれからどういう物語を進んむのか興味を惹かれていた。

マコチは仕事で失敗してさくらに慰めて欲しかったがさくらはただ一緒にいるだけでよかったと語る。

さくらは都合のいい時だけ寄り添う関係は不毛だとマコチに話しマコチは不思議な関係だと思いすごく居心地がいいとさくらに言った。

山下と加賀は来栖むぎの公開ラジオを見に行き加賀は山下に来栖の前でいきなり山下にキスをした。

その頃、ユリカの部屋にマコチが来てマコチはキスをしたのに付き合うつもりはないと言ったことを謝り自分の気持ちはわからないけど大切に思っていると言うなんとも曖昧な返事だった。

ユリカはもうこの関係は終わりにしたいと言ってドアを閉めた。

ユリカはスマホを見て「捨てる神あれば拾う神あり」とつぶやき懸賞で温泉旅行が当たった。

マコチは雨の中歩いていると山下がマコチに傘をさしてマコチは「山下さん」と言って泣きそうになっていた。

感想

僕はユリカはモトカレマニアで元彼のマコチのことがずっと忘れられずにユリカはSNSでマコチの近況を見ていたがマコチに振られてユリカは自分がマコチに期待していたからだとようやく悟ったのはユリカが過去を振り切ろうとしていると僕は考えます。

僕は恋愛というのは独りよがりではいけなくて二人で想い合うことで本当の感情が生まれると僕は勝手に考えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『モトカレマニア』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『モトカレマニア』第5話では、ユリカはマコチを忘れるためにユリカは温泉に行くことになるが親友のひろ美は彼氏と温泉に行...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする