ドラマ『家政夫のミタゾノ(2020)』6話ネタバレあらすじ 元ヤンが花嫁に!

松岡昌宏主演のドラマ『家政夫のミタゾノ(2020)』第6話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

「結婚相手の母親が来るので、隅々まで掃除をして昼食の用意もしてほしい」という依頼を受けた三田園薫と霧島舞。

依頼人である八木翔子のもとを訪ねると、リビングは荒れ放題で酒臭く、翔子自身もなぜこんな事態になったのか覚えていない様子だった。

ドラマ『家政夫のミタゾノ(2020)』第6話のあらすじ

「結婚相手の母親が来るので、隅々まで掃除をして昼食の用意もしてほしい」という依頼を受けた三田園薫(松岡昌宏)と霧島舞(飯豊まりえ)。

依頼人である八木翔子(星野真里)のもとを訪ねると、リビングは荒れ放題で酒臭く、翔子自身もなぜこんな事態になったのか覚えていない様子。

結婚を前に、昨晩は古い友人であるチャコ(佐藤乃莉)とナナ(うらじぬの)と自宅で食事をしていたという翔子。

しかし途中からの記憶がなく、帰宅したはずの結婚相手・小野寺文雄(岩瀬亮)が寝ているはずのベッドには、文雄の代わりに鼻血を出した見知らぬ男が寝ていた!

三田園がなぜか血の付いたヌンチャクを発見し、ますます混乱する中、予定よりも1時間も早く文雄の母・麗子(小川菜摘)が到着してしまい、大慌てになった。

どうにか風呂場の浴槽の中から行方知れずだった文雄を発見するが、身に覚えのない写真がチャコから送られてくるなど、身の危険を感じた翔子は、“決して知られてはいけない過去”が麗子にバレてしまうのをどうにか食い止めようと奔走する!

三田園と舞の手を借りながら、なんとかその場を取り繕う翔子だったが、麗子から譲り受けた伝統的な茶器が紛失していることがわかった。

記憶を失った前日の夜、いったい翔子たちの身には何が起こっていたのか?

ドラマ『家政夫のミタゾノ(2020)』第6話のネタバレ

依頼人である八木翔子から結婚相手の母親が来るので隅々まで掃除をして料理も作ってほしいと依頼される。

翔子はチャコとナナで鍋パーティーをして、婚約者の小野寺文雄が帰ってきた。

姑に知られたくない過去があることを翔子は言い、三田園はたとえ婚約者の家族でも知られてほしくない過去はあると語る。

朝になり翔子が目を覚ますと家が荒放題になっていた。

昨夜何があったのか全然覚えてなくてちょうど三田園と舞がやってきて急いで掃除をした。

嫌な匂いが充満しているということで三田園は窓を二箇所以上開けて緑茶の茶葉を炒めて消臭剤がわりにした。

自分のベッドに見知らぬ男がいると慌てていてこんな時に姑が来たらと大変だと翔子。

その時、最悪のタイミングで姑の麗子が家にやってくる。

翔子が時間を稼いでいる間に三田園と舞が部屋を片付ける。

麗子はついて早々嫁いびりをして翔子は我慢していた。

この家は翔子の亡くなった父親が残してくれた家で母親が不倫して家を出て行った。

そんななか、翔子のスマホにヤンキー時代の写真が送られた。

翔子がお風呂場に行くと浴槽かれ物音がして蓋を開けると文雄がなぜか裸の上身体に落書きされていた。

三田園は文雄の身体にで油性ペンで書かれた落書きにオリーブオイルを塗って石鹸で落とす。

「過去の汚点ごと消して差し上げました」と三田園は翔子を見ながら話す。

翔子は文雄にベッドで寝ている男を見せて麗子が帰るまで隠し通すと決意する。

とその時、三田園が暴走族の特攻服を庭に干していた。

麗子は和食が食べたいと言っていたのに急に洋食が食べたいと言い出した。

急遽三田園は翔子にカンペを見せて肉じゃがをハヤシライスを作らせた。

しかし、トラブルはまだ続き麗子のお気に入りの茶碗を三田園が勝手に食器に使った。

翔子が風呂敷の中を見ると茶杓と茶せんがなくそれがなくては茶道ができず茶道をクリアしないと嫁として認めてもらえないと三田園と舞に叫ぶ。

翔子のベッドで寝ている男のことを突き止めるため男のスマホのロックを解除して中を見ると翔子の写真が大量に収められていた。

一方、麗子は翔子にプレゼントしたテディベアの腕を見つけて慌てて翔子の部屋に来た。

麗子がベッドをめくるとテディベアかわ寝かされていて麗子はテディベアを直しにいく。

文雄は正直に話したほうがいいと言うが、翔子は元ヤンだとバレたらこれから一緒暴走族という目で見られると話す。

文雄と家族になりたいと翔子は文雄に話し、舞が時間稼ぎのために麗子に茶道を教えてもらう。

光にナナを探させて彼女が茶杓を持っていた。

次に三田園は茶せんの在り処がテディベアの中にあると話し、本当にテディベアの中に茶せんがあった。

その頃、ナナとチャコが駆けつけて翔子はふたりを友達として麗子に紹介した。

三田園はどんな人間にも裏と表があると語り嫁と姑の顛末を見届ける。

麗子の前で翔子は茶道を披露して麗子は彼女のいれたお茶を飲む。

「まだまだだけど…悪くないわ」と麗子は言い翔子は嬉しかった。

すると、テレビに昨夜の映像が流れていて翔子が暴走族だと明らかになった。

翔子たちが暴れて部屋はめちゃくちゃになり翔子はテディベアの目に隠しカメラが隠してあったことに気付く。

麗子は慌てて翔子と文雄を結婚させないためだと弁解して、馬鹿なお友達と付き合う人を嫁にはできないと話す。

それから、文雄がチャコと浮気していたことが判明してチャコは翔子にずっと嫉妬していたと告白した。

ナナも食べたら記憶障害になるキノコを鍋に入れていたことが分かり翔子が記憶喪失になった原因が判明した。

その時、翔子のベッドで寝ていた男が起きて麗子が元ヤンであると暴く。

翔子のライバルチームであると麗子は言い翔子を結婚させるわけにはいかないと話す。

そんななか、三田園は抹茶とヨーグルトを混ぜてシェイクを作った。

合わないと思っていた物でも混ぜれば合うこともあると三田園は告げる。

麗子は息子をよろしくお願いしますと頭を下げて文雄も翔子に過去は忘れて結婚しようと話す。

しかし、翔子はチャコと寝たことに激怒して「お前ら親子と家族になるくらいなら、孤独死上等!」と小野寺親子に叫び親子は退散する。

翔子は結婚より友情を選んだ。

舞たちが家政婦紹介所に戻ると結が元ヤンだった過去が明らかになり驚いていた。

三田園にも知られたくない過去があるんですかねと内緒話をして、三田園は鼻で笑っているのだったーー。

ドラマ『家政夫のミタゾノ(2020)』第6話の感想

元ヤンの翔子は小野寺家の文雄に嫁ぐことになり文雄の母・麗子の花嫁修行の成果を披露することになった。

翔子はその前日にヤンキー仲間だったチャコとナナと飲んでいたが、翌朝になるとベッドには謎の男がいて翔子は混乱する。

家がメチャメチャになっていてこのまま麗子を迎えるのはダメだよな….。

翔子は家政婦の三田園と舞を雇って部屋の掃除を依頼した。

部屋が片付いた時に麗子がやってきて翔子が花嫁に相応しいかどうかチェックしにきたのだ。

こんな姑がいたら息苦しいな、翔子を全力でバックアップする三田園がカッコいい♬

翔子の秘密がバレてしまって、麗子も元ヤンだったことが明らかになった。

麗子がまさか翔子のいた暴走族のライバルだったとは驚き❗️

翔子は自分らしく生きる道を選んで麗子と文雄を追い出した。

翔子が見栄を切るシーンが今日一でカッコいい💗

まとめ

ドラマ『家政夫のミタゾノ(2020)』第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

身に覚えのない写真がチャコから送られてくるなど、身の危険を感じた翔子は、“決して知られてはいけない過去”が麗子にバレてしまうのをどうにか食い止めようと奔走する!

三田園と舞の手を借りながら、なんとかその場を取り繕う翔子だった。

だが、麗子から譲り受けた伝統的な茶器が紛失していることがわかる。

記憶を失った前日の夜、いったい翔子たちの身には何が起こっていたのか。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする