ドラマ『探偵 由利麟太郎』最終回ネタバレあらすじ さくらの亡霊の正体は?

吉川晃司主演のドラマ『探偵 由利麟太郎』最終回のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

オペラ歌手の原さくら(高岡早紀)が何者かに殺された。

その場に居合わせた由利麟太郎(吉川晃司)も遺体を確認するが…..。

今回で『探偵 由利麟太郎』は最終回を迎えるが、はたしてさくらの亡霊の正体は?

ドラマ『探偵 由利麟太郎』最終回のあらすじ

オペラ歌手の原さくら(高岡早紀)が何者かに殺された。

その場に居合わせた由利麟太郎(吉川晃司)も遺体を確認するが、その後、楽団員たちは死んだはずのさくらの亡霊を見たと口をそろえて言うのだった。

その亡霊の謎が解けぬなか、今度は宿泊先のホテルでマネージャー助手の雨宮順平(水沢林太郎)が死亡した。

4階にあるさくらの夫・原聡一郎(大鶴義丹)の部屋の窓が開いていたことから転落死と思われる。

だが、遺体を確認した由利(吉川晃司)は、残された痕跡から絞殺だと確信していた。

さくらに続く仲間の死に、さくらのマネージャー・土屋恭蔵(鈴木一真)、若手歌手の相良千恵子(吉谷彩子)ら楽団員たちが騒然とするなかで聡一郎の部屋を検証した由利。

彼は、次に三津木俊助(志尊淳)と、居合わせた小野(佐野岳)を連れて5階の衣裳部屋へ向かう。

そして再び部屋の中を調べた後に「雨宮くんはここから落とされた」と告げ、俊助を驚愕させる。

由利によると、嵐でホテルが停電しているさなかに雨宮は4階の部屋で殺されて犯人によって5階まで運ばれて落とされたということだ。

さらに、事件の一部始終を説明しようと由利が等々力警部(田辺誠一)を呼び出すと、傍らにいた小野が重い口を開くのだった……。

はたして、雨宮は誰によって何のために殺されたのか?

いまだ捕まっていない、さくら殺害事件の犯人と同一人物による犯行なのか!?

楽団員たちの複雑な人間関係と知られざる過去、さくらの亡霊の正体が次々と明らかになっていく!

ドラマ『探偵 由利麟太郎』最終回のネタバレ

聡一郎の部屋に牧野が駆けつけて下をのぞくと雨宮の遺体がそこにあった。

現場に聡一郎がやってきて雨宮の死体を見て驚く。

由利は牧野に話を聞きにいき、転落したのではなく雨宮は首を絞められて突き落とされたと話す。

犯人がどうやって逃走したかということよりなぜ雨宮がこの部屋にいたのか気になる由利。

聡一郎を殺そうとした犯人が間違って雨宮を殺害したのではないかと由利は俊助たちに話す。

土屋もさくらの亡霊を目撃して最高のディーバだったと呟く。

現場検証をしていた由利は俊助と小野を5階の衣裳部屋へ連れていく。

雨宮はここから犯人に突き落とされたのだと由利は話す。

清風荘のことはもう知ってるんですよねと小野は由利に尋ねる。

さくらの秘密を小野は由利たちに話し始めた。

少女から楽譜をもらって暗号に書かれた待合場所に向かったがさくらは来なかった。

頻繁に暗号のやりとりをしてさくらと小野は親子のような関係だと小野。

さくらを尾行すると清風荘のさくらの部屋から黒いコートの男が出てきて小野は隠し子がいることをさくらから聞かされる。

さくらは会って抱きしめることができないままだったと小野に話す。

黒いコートの男に脅迫されていた事実をさくらから聞きさくらに黙っているように小野は告げられる。

俊助も清風荘で黒いコートの男を目撃していて、由利はひとつの謎が解けたと話す。

その黒いコートの男の正体は男装をした千恵子だと由利は見抜き、千恵子は衣装室に現れた。

黒いコートはさくらからもらった物だと千恵子は話し、悔しいから先生のためにやってきたと告げる。

千恵子はさくらの部屋から写真を持ち出して俊助たちが来る前に写真を戻した。

藤本の写真は骨董市で購入された物でさくらと藤本は親子ではなかったと由利。

千恵子は世間を驚かせたいからさくらは嘘をついたと話す。

黒いコートの男は男装したさくらだと由利は話し、小野の愛情を確かめるためのゲームだと千恵子。

藤本を子供だと妄想することで愛情を感じていたかった、小野にも愛情を確かめようとした。

その話を聞いた由利はさくらが何らかの精神疾患をかかえていたからではないかと話す。

さくらが子供を欲しがり、聡一郎がちょうど年頃の雨宮を連れてきたと千恵子は由利に言い、由利は「今的を捉えました」と事件の真相が見えた。

一方、雨の中屋上で志賀は短刀を手に自分の胸に突き刺した。

由利たちが駆けつけると志賀が短刀で胸を突き刺して死んでいた。

その短刀は舞台の小道具でそれで亡くなるとは考えにくい。

聡一郎は雨宮の遺体のそばにきていた。

短刀で亡くなったわけではなく志賀は心臓麻痺を起こして死んだと由利。

由利たちはプロジェクターを使い志賀が残した映像を見た。

その映像にはさくらに呼び出されたがさくらはもうすでにこの世の人ではないから自分もさくらと同じ場所に行くとの遺言だった。

さくらの亡霊の正体はさくらに扮装した千恵子で、犯人にボロを出させるために亡霊のふりをした。

志賀はさくらの亡霊に取り憑かれて亡くなったのだと由利は話す。

聡一郎は雨宮が亡くなって数分しか経っていないのに老け込んで見えた。

隠し子のことを話すと聡一郎はあり得ないと言い子供ができない身体だったと告げる。

さくらは男に襲われた過去がトラウマとなって男たちとセックスをしても襲った男の顔が浮かんで子供が産めなかった。

藤本がさくらの取材に行った時、さくらの子供だと世間に知られることを恐れてさくらを責め立てた。

藤本を殺してしまったさくらは代わりの子供を求めた。

そして、出会ったのが雨宮で雨宮は聡一郎の血を分けた息子だったと由利。

雨宮を殺害したのは土屋で、土屋は聡一郎を殺害しようとして間違って雨宮を殺害した。

ドラマ『探偵 由利麟太郎』最終回の感想

さくらの亡霊が見えて事件関係者は怯えていた。

そんななか、雨宮が何者かに突き落とされて由利は捜査を始める。

由利の名推理で犯人が捕まればいいな…。

さくらは愛情を求めて子供のようにゲームを楽しんでいたのか。

芸術家というのは妄想に囚われやすいということが分かった(*_*)

聡一郎と雨宮の関係は親子のようなものなのか…。

まとめ

ドラマ『探偵 由利麟太郎』最終回のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

そして再び部屋の中を調べた後に「雨宮くんはここから落とされた」と告げ、俊助を驚愕させた。

由利によると、嵐でホテルが停電しているさなかに雨宮は4階の部屋で殺されて犯人によって5階まで運ばれて落とされたということだ。

さらに、事件の一部始終を説明しようと由利が等々力警部を呼び出すと、傍らにいた小野が重い口を開いた。

楽団員たちの複雑な人間関係と知られざる過去、さくらの亡霊の正体が次々と明らかになっていく!

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする