ドラマ『刑事ゼロ』5話ネタバレあらすじ 八咫神伝説の正体は?

沢村一樹主演のドラマ『刑事ゼロ』第5話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦はコンビを組む刑事、佐相智佳を連れて、京都の山奥にひっそりとたたずむ“八咫神村”に足を踏み入れて…。

ドラマ『刑事ゼロ』第5話のあらすじ

 京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)はコンビを組む刑事、佐相智佳(瀧本美織)を連れて、京都の山奥にひっそりとたたずむ“八咫神村”に足を踏み入れた。八咫神村は、“神様が棲む”といわれる村…。そこで転落死亡事故が起きたと聞き、興味を抱いたのだ。やる気満々な時矢刑事に対し智佳は、「記憶を失う前の時矢刑事なら考えられない」ことと呆れるが…。
 崖の上から転落死したのは村役場の職員・浅木浩太郎(大高洋夫)で、第一発見者は村の住人・小野千秋(大後寿々花)と羽山敬太(尾上寛之)。所轄署は、足を滑らせて落下したものと断定。事件性はないと判断するが、村長の森幸介(佐戸井けん太)は「八咫神様の天罰が下った!」と叫び、村は騒然となる。
 八咫神とはこの村に古くから伝わる鳥の神様で、村人たちは代々、八咫神様が崖の上に建つ鳥居の上から村を見守ってくれている、と信じてきたという。森村長によると、500年前、村の乗っ取りを企んだ野武士が突然、苦悶しながら鳥居に向かって走り出し、まるで鳥のように崖から飛び降りたという伝説が村ではまことしやかに伝えられており、伝説どおりのことが村では度々起きていると打ち明ける。1年前にも村の消防団長だった飯田透(太田雅之)が村を裏切るような怪しげな行動を取りはじめた矢先、同じ崖から転落死したらしく、村長は天罰としか思えないと断言する。時矢は、ますますこの事件が気になってしまうが…!?
 その頃、時矢をライバル視する同僚刑事・福知市郎(寺島進)は、時矢の鼻を明かそうと、未解決事件の再捜査を開始。半年前、身元不明の女性が殺害された事件を改めて調べはじめたところ、八咫神村と意外なつながりが…!?さらに村では第二の事件が起こり…!?
(出典:『刑事ゼロ』第5話あらすじ)

ドラマ『刑事ゼロ』第5話のネタバレ

八咫神村に向かう途中で時矢と智佳は遭難した。

その時、警官に声をかけられて村へ案内された。

一方、福知は13係で時矢が解決できなかった事件の資料を探していた。

福知は目撃者との連絡が取れて内海とともに目撃者に会いにいく。

八咫神村に到着した時矢は事件現場に向かった。

被害者の浅木浩太郎は鳥居のある崖から転落して頭を打ちつけて亡くなった様子。

八咫神村の村長・森幸介は浅木の死は八咫神様の祟りだと時矢と智佳に話した。

伝説では浅木と同じように大昔八咫神様の祟りによって死んだ男がいると森は話す。

一方、福知は容疑者の男を取り調べて監視カメラの確認にいく。

浅木の転落死は事件性がないと判断され、一年前にも消防団長の飯田透が浅木と同じように転落死して事件性はないと判断。

時矢は本当に天罰か確かめるため八咫神の鳥居を見に行く。

鳥居の前には門があり八咫神山の山菜を食べて中に入る時矢と智佳。

鳥居のすぐ下は崖になっていて浅木のげそ痕を確認した。

八咫神村の村民の小野千秋は飯田とその娘の幸子が村を裏切ったから天罰が下ったと時矢たちに話す。

時矢と智佳は福知と内海と遭遇して転落事件のことを調べていると伝える。

福知と内海は半年前に女性を撲殺した犯人はこの村から来ていたことが判明したと時矢たちに報告する。

時矢が犯人の似顔絵を見ると浅木で、浅木が幸子を殺害したことが明らかになる。

一年前に飯田が転落死し、その半年後に娘の幸子が浅木に殺害され、今回浅木が転落死した。

半年前の事件が今回の転落事件とつながっていると想像もしていなかった時矢と智佳。

死者からのメモとは?

千秋に呼ばれて時矢と智佳は「八咫神村伝説は終わらない」という張り紙を目にする。

その一方で、福知と内海は飯田の遺留品のメモを解読してバスの時刻表だと判明する。

幸子がそのメモを頼りにバスを降りたところで浅木に殺害された。

その頃、千秋の家に来た智佳はふきのとうを見て慌てて植物図鑑を確認する。

すると、ふきのとうとよく似た”ハシリドコロ”という毒草があると分かり転落事件の被害者がそれを食べて転落したのではと智佳は考える。

その話を聞いた時矢は現場の鳥居に行って門が中からは開けられないような構造になつていることに気づく。

犯人がふきのとうと毒草をすり替えて浅木と飯田を殺害するために門を閉めて転落するように仕向けたのではないかと推理した。

福知と内海は幸子が殺害された現場に行き現場周辺の聞き込みにかけだした。

転落死事件の犯人は?

時矢は森の家に行き鳥居の門の前で見張ると約束した。

寒くて眠くなり智佳に起こされるまで寝ていた。

時矢と智佳は鳥居の前の門を開けて鳥居の下を覗き込むと、森が転落死していた。

鑑識がやってきて現場検証が行われて、森の身体にトゲのような物が付着しているのを発見。

一方、福知と内海は幸子が殺害された現場付近の聞き込みを続けていた。

風力発電の会社であるヤミーテックに行き、浅木と幸子が風力発電所建設のために山を売ろうとしていたことが明らかになる。

時矢と智佳は森がハシリドコロを栽培していた痕跡を見つける。

その時、背川から連絡があり森の指に付着していたトゲはヒサメノキであることが分かった。

時矢は証拠を全て見て、事件の真実への糸口が見えた。

時矢たちは村の人たちを集めて事件の真相を話し始める。

風力発電所を建設する計画は森と浅木が密かに計画していて、森の自宅からヤミーテックから受け取った裏金が発見される。

飯田は村を裏切ったわけじゃなくて逆に森と浅木の計画を阻止しようとしたのだ。

しかし、森にハシリドコロを食べさせられて苦しんだ飯田は崖から転落して命を落とす。

父の死を不審に思った幸子は浅木を問い詰めるが、彼女は浅木に撲殺されてしまう。

時矢は森を殺害した犯人が村民の羽山敬太だと言い出す。

森の遺体が発見された現場に行き、川の上流である福井から敬太がいかだを使って森の遺体を運んだと推理した。

森の指に付着していたヒサメノキは福井の山にしかなく、八咫村に唯一いなかった敬太しか森を殺害することはできないと告げる。

敬太は森を殺害したと告白し、動機は大事な人である幸子を殺されたからだと話す。

浅木が幸子を殺害したと浅木と森が話しているのを聞いていて、森はこの後浅木を口封じで殺害する。

敬太が集会所に貼り紙をして森を福井の山に呼び出した。

敬太が森に幸子を殺したのかと問い詰めると森は敬太に襲いかかり敬太はもみ合いの末、森を殺害してしまう。

森が崖から落ちた時、八咫神伝説になぞらえることを思いつき森の遺体をいかだに乗せて川に流したのだ。

敬太は森と浅木が殺されて当然の人間だと叫んだ。

だが、時矢はそんな敬太の胸ぐらを掴み「殺されていい人間なんていない、あなたのしたことは立派な殺人です‼︎」と訴えた。

時矢たちは村を出ていき、こんな閉鎖された空間では神様のような見えない存在を信じたくなると智佳は話す。

村人のことを心配する智佳に時矢は八咫神様が守ってくれると言い、時矢の言葉に応えるように山から風が吹いていたーー。

ドラマ『刑事ゼロ』第5話の感想

時矢と智佳は八咫神村で転落死した飯田の死の真相を突き止めるために事件の捜査に乗り出した。

パッと見は転落死に見えるけど時矢の刑事の勘は殺人だと睨んでる。

村役場の職員の浅木が転落死したと思われたが、1年前にも村の消防団長だった飯田透が同じように転落死して二つの事件が実は繋がっていたことが判明。

時矢の未解決事件がまさか浅木の転落死事件と繋がってるとは思いもしなかった!

さらに、1年前に転落死した飯田には幸子という娘がいて彼女は浅木に殺害されたことが明らかになる。

その事実を敬太が知ってしまい浅木を殺害した村長の森を問いただす。

敬太が森を殺害した後に川の上流である福井から筏を使って森の遺体を流したのだ。

このトリックで村にいなかった敬太が疑われることはなかったけど、トリックが時矢にバレたことによって逆に追い詰められることになった。

時矢の名推理は相変わらずすごいなーって感心しちゃうヽ(*^ω^*)ノ

まとめ

ドラマ『刑事ゼロ』第5話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

時矢をライバル視する同僚刑事・福知市郎は、時矢の鼻を明かそうと、未解決事件の再捜査を開始する。

半年前、身元不明の女性が殺害された事件を改めて調べはじめたところ、八咫神村と意外なつながりがあった。

さらに村では第二の事件が起こった。

敬太は森を殺害したと告白し、動機は大事な人である幸子を殺されたからだと話す。

浅木が幸子を殺害したと浅木と森が話しているのを聞いていて、森はこの後浅木を口封じで殺害する。

敬太が集会所に貼り紙をして森を福井の山に呼び出した。

敬太が森に幸子を殺したのかと問い詰めると森は敬太に襲いかかり敬太はもみ合いの末、森を殺害する。

森が崖から落ちた時、八咫神伝説になぞらえることを思いつき森の遺体をいかだに乗せて川に流した。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする