朝ドラ『はね駒』97話あらすじネタバレ 新婚初日に寝坊するりん

斎藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第97話のあらすじネタバレと感想をまとめてみた。

結婚生活初日、はいきなり朝寝坊してしまう。

早起きし朝食の支度をしている母・やえに「今日からお前は、この家の主人・小野寺源造の奥さん、つまり女主人だからしっかりしろ」とたしなめられて…。

朝ドラ『はね駒』第97話のあらすじ

結婚生活初日、りん(斉藤由貴)はいきなり朝寝坊してしまう。

早起きし朝食の支度をしている母・やえ(樹木希林)。

りんはやえに「今日からお前は、この家の主人・小野寺源造(渡辺謙)の奥さん、つまり女主人だからしっかりしろ」とたしなめられる。

また父・弘次郎(小林稔侍)は、りんと源造の仲むつまじい夫婦の様子を見て、どぎまぎしてしまう。

そして朝食の際もちょっとした騒動が起き…。



朝ドラ『はね駒』第97話のネタバレ

結婚生活初日の朝を迎えても、りんはまだ寝ていた。

慌てて飛び起きたりんはやえが先に支度をしていて謝ったが、やえは橘家の家族の分しか用意してなかった。

りんはやえに意地が悪いと言って怒ったが、やえはここが源造の家である以上源造の嫁であるりんのほうが偉いと話す。

自分が小野寺家の嫁である自覚はあるかとやえはりんに諭して、りんもそのことを十分理解した。

本当はりんと源造の分も作っていて、りんは驚いて大声をあげる。

源造は井戸で顔を洗いりんは源造の顔を拭いた。

それを見た弘次郎はやえに顔を拭いてもらおうと顔を洗ったが、自分で拭けとそっけなくやえに言われる。

橘家のみんなは源造とりんを上座に座らせようとしたが、源造は橘家の家族が窮屈に感じているのではないかと心配した。

りんはこのことで源造と喧嘩して、りんは家に帰ると言い出すが源造はどこに帰るんだとりんに告げる。

自分たち夫婦は今まで通り接してくれて構わないと源造とりんは橘家の家族に言いお互い挨拶をした。

源造とりんが新婚生活を楽しんでいたその時、いちが突然家を訪問してきた。

源左衛門が吉原から帰ってきて怒って家出してきたといちは橘家のみんなと源造夫婦に話す。

しばらくこの家に泊めてほしいといちは言い、りんの新婚生活はまだ始まったばかりだが波乱続きだった。

朝ドラ『はね駒』第97話の感想

りんは源造との新婚生活を始めるけど、いきなり寝坊してしまいやえに叱られる。

もう橘家の人間じゃなくて源造の妻になったんだとやえがりんに告げるシーンで、りんは身の引き締まる思いだったんだろうなヽ(´o`;

りんと源造は橘家の家族から上座に座るように勧められたが、源造は橘家のみんなが窮屈な思いをするのではないかと心配した。

婿にとってはこれこそ窮屈だな…。

りんと源造は今まで通り普通に接してほしいと弘次郎にお願いした。

橘家と源造夫婦の絆が深まった時、いちが突然家を訪れる。

いちが来たってことは絶対何かあるな!

まとめ

朝ドラ『はね駒』第97話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

また父・弘次郎は、りんと源造の仲むつまじい夫婦の様子を見て、どぎまぎしてしまう。

そして朝食の際もちょっとした騒動が起きる。

源造とりんが新婚生活を楽しんでいたその時、いちが突然家を訪問する。

源左衛門が吉原から帰ってきて怒って家出してきたといちは橘家のみんなと源造夫婦に話したのだった。

しばらくこの家に泊めてほしいといちは言い、りんの新婚生活はまだ始まったばかりだが波乱続き。

第98話では、小野寺りんと源造の新婚生活初日の夜に、源造の母・いちが突然やってきて泊ると言いだして…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする