ドラマ『半沢直樹』特別総集編・後編ネタバレあらすじ 100倍返しだ!

堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』特別総集編・後編のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

伊勢島ホテルの資金運用による損失の事実を隠蔽する工作に関わる東京中央銀行京橋支店融資課の課長代理・古里則夫(手塚とおる)、同支店長の貝瀬郁夫(川原和久)といった“小物の敵”が登場する。

そのほかにも半沢は、金融庁検査の“模擬検査”で大和田派である福山啓次郎(山田純大)、そして大和田暁(香川照之)と一騎打ちを繰り広げる。

ドラマ『半沢直樹』特別総集編・後編のあらすじ

半沢が、東京中央銀行が200億円の融資をした。

その後、資金の運用失敗で120億円もの損失が出た老舗の伊勢島ホテルの経営再建へと動き出す。

それと、金融庁が東京中央銀行に対して行う「金融庁検査」への対応に追われる……。



ドラマ『半沢直樹』特別総集編・後編のネタバレ

半沢が大阪西支店にいたころからの“因縁の相手”黒崎との対決が見どころ。

伊勢島ホテルの経営再建の方法が金融庁検査での論点となって、半沢は伊勢島ホテルの先代社長の更迭と資産の売却、ITシステムを使った予約システムを構築するなどの再建案で調査を乗り切った。

しかし、ITシステムを構築中の外注会社が破綻する事態となって黒崎に追い詰められてしまった。

検査の最終聞き取り調査により半沢は、同期の渡真利(及川光博)の協力を仰ぎ、大逆転の一手に出るのであった。

“オネエ言葉”でじりじりと半沢を追い詰めてきた黒崎だったが、半沢の機転でやり込められたシーンでは、金切り声を上げて悔しがるなど、見る者を爽快な気分にさせている。

“東京編”のラストを飾るのは、ドラマの本軸となる“父の敵”大和田との最終決戦のシーンだ。

半沢と大和田の因縁は、半沢が中学生のときにまでさかのぼる。

当時、半沢の父・慎之助(笑福亭鶴瓶さん)が経営する小さな工場が、資金繰りで苦しくなって、慎之助は当時の担当者だった大和田にひざまずいて融資を懇願した。

しかし大和田に断られた慎之助は絶望の末自殺してしまう。

半沢は「銀行に殺されたようなもの」と大和田にずっと憎悪を抱いてきたのだ。

半沢は、伊勢島ホテルの資金運用による損失の背後に大和田が絡んでいることをつかんだ。

そんな中で、ITシステムの外注先の破綻により、先代社長の更迭と資産運用だけでは金融庁調査を乗り切れないと踏んだ大和田。

彼は、同ホテル現社長の湯浅威(駿河太郎)の代わりに、羽根夏子専務(倍賞美津子)の社長就任という案を画策していた。

湯浅社長での再建を図りたい半沢は、大和田に「もう少しだけお時間をください。お願いします」と訴え、床に額を擦り付ける。

その後、半沢の同期・近藤(滝藤賢一)が、出向先のタミヤ電機を利用して、大和田が迂回融資していたという事実をつかむ。

半沢は、近藤の情報を元にして取締役会で大和田の不正を暴こうとする。

だが、同時期に黒崎から頭取宛てに「金融庁検査における半沢次長の検査受け入れ態度に問題あり」という書面が送られてきた。

取締役会で大和田の不正問題と半沢の処分案について議題されることになる……。 

終盤では、迂回融資の報告書を取り下げさせようと、大和田が半沢の椅子に座って待つシーン。

この場面では、大和田がへの字口で応じたり、大和田が半沢に「やれるもんなら、やってみな」と“顔芸”で挑発した。

負けじと半沢が大和田に「やられたらやり返す! あなたに対しては100倍返しだ!」と言い放つという、見どころたっぷりのシーンがあり見どころ満載。

そして、取締役会で半沢が大和田の不正を突きつけるシーンの後には、堺雅人と香川照之の迫真の演技に思わず息をのむクライマックスシーンが待ち構えている。

クライマックスシーンでは、おおわだ常務が半沢に土下座を命じられて苦虫を噛み潰したような物凄い顔をして土下座をした。

こうして半沢は見事に親の敵討ちを果たした。

東京中央銀行本部では半沢に2階級特進だって不思議はないのではとサプライズ昇進が噂される。

しかし、蓋を開けてみると頭取の中野渡は半沢に出向を命じる。

半沢は「東京中央銀行」の子会社「東京セントラル証券」への出向を命じられるという予期していなかった結果を聞かされる。

出向の通告に、通告に戸惑いとも怒りともつかない複雑な表情が浮かび上がっていた。

その後は、同期2人に囲まれて赤じゅうたんが敷かれた銀行の階段を下りていく半沢の無表情のシーンがあり物語は終わりを告げるのだったーー。

ドラマ『半沢直樹』特別総集編・後編の感想

取締役会で大和田の不正問題と半沢の処分案について議題されることになっている。

大和田vs半沢の一騎討ちが東京編の最大の見どころ。

大和田演じる香川照之の顔芸があまりにもすごくて逆に面白いww

半沢は父親の敵である大和田の不正を暴いて大和田を土下座させたシーンは数々の名シーンの中でも語り継がれる有名なシーンだと思う。

あの土下座には大和田のプライドを傷つけられた敗北感が身体中で表現されている。

そして、半沢は大和田の不正を暴いた後頭取に出向を命じられる。

頭取からの予想外の通告に半沢自身驚いていた。

衝撃のラストの続きがずっと気になっていたけど、続編が放送されるということで今からワクワクしてる💓

半沢がどう逆襲するのかが見どころだな♪(v^_^)v

まとめ

ドラマ『半沢直樹』特別総集編・後編のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

 取締役会で大和田暁常務の不正を暴いて父親を首つり自殺に追いやった張本人をみずからの足元に土下座させた半沢。

半沢は、みごとに親の敵討ちを成功させるのだった。

昇進が待っていると内心喜んでいた半沢だが、頭取の中野渡から出向を命じられる。

半沢は無表情で同期二人とともに赤じゅうたんが敷かれた銀行の階段を降りていく。

この衝撃なラストの続きは、続編を楽しみに待つぞ💕

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする