映画『オーシャンズ8』ネタバレあらすじ 8人の泥棒美女、集結!

主演サンドラ・ブロック&監督スティーブン・ソダーバーグの映画『オーシャンズ8』のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

スティーブン・ソダーバーグ監督が手がけ、主演のジョージ・クルーニーほかオールスターキャスト共演で話題を集めた「オーシャンズ」シリーズ。

「オーシャンズ」シリーズを、新たにオール女性キャストで描くクライムエンタテインメント。

クルーニーが演じたダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャンが主人公となり、女性版オーシャンズが結成された。

映画『オーシャンズ8』のあらすじ

史上最強の犯罪ドリームチーム「オーシャンズ」を率いたカリスマ的リーダー、ダニー・オーシャンの妹デビーが仮釈放された。出所したデビーは犯罪プロフェッショナルである7人の女性に声をかけ、ニューヨークで開催される世界的ファッションイベント「メットガラ」の会場で1億5000万ドルの宝石を盗み出すという前代未聞の計画を実行に移す。
(出典:映画.com『オーシャンズ8』



映画『オーシャンズ8』のネタバレ

『オーシャンズ8』のあらすじ【起】

アメリカのとある刑務所で、現在亡くなった伝説の強盗ダニー・オーシャンの妹、デビー・オーシャンは仮出所を許可される。

出所後すぐに昔の相棒ルーのもとを訪ねたデビー。

彼女は、服役中に練った強盗計画を打ち明け、作戦決行の仲間に勧誘した。

デビーの計画とは、メトロポリタン美術館で開催されるファッションの祭典である「メットガラ」で、1億5千万ドルの価値を持つダイヤモンドのネックレス「トゥーサン」を盗み出すというもの。

悪酒を提供する場末のバーの経営で、冴えない日々を送っていたルーは、犯罪へのスリルやデビーと組んでいた頃に感じていた興奮への誘惑に抗えなかった。

ルーはデビーの計画に協力することを決意した。

デビーとルーが、作戦決行の仲間として最初に選んだのは、ファッションデザイナーのローズ・ワイル。

彼女はかつて一世を風靡したが、今はすっかり落ちぶれてしまい、借金に苦しむ。

デビーとルーは、ローズにメットガラのホストであるハリウッド女優ダフネ・クルーガーのドレスデザインを担当させる。

ドレスに合わせて身に着ける宝飾品として、トゥーサンを指定させることで、トゥーサンに近づく。

デビーとルーの協力もあって、ローズは、売り出し中の新人女優を引き合いに出して、ダフネの嫉妬心に火をつけることで、無事メットガラのドレスデザイナーへの就任を遂げた。

デビーとルーのふたりは作戦決行に必要な仲間を次々とスカウトする。

ジュエリー職人のアミータに、スリ師のコンスタンス、ハッカーのナインボール。

さらには、デビーの友人であり、かつて盗品売買を専門とする主婦タミーは、スカウトを受けて現役復帰を果たした。

デビーとルーのもとに集まった全員が、凄腕の技術を持った天才的な人材。

『オーシャンズ8』のあらすじ【承】

ローズとアミータは、トゥーサンを所有している、宝飾品ブランドのカルティエと交渉に臨んだ。

粘り強い説得の末、メットガラでのトゥーサン貸与を許された。

ローズは更に、デザインに活かすためと理由をつけて、トゥーサンの実物を今すぐ見せるよう要求する。

カルティエに、トゥーサンの実物を取り出す。

屈強なガードマンにより厳重に見張られるトゥーサン。

ローズは、デジタルスキャン機能付きの眼鏡で、秘密裏にトゥーサンをスキャンした。

そのデータをもとに、チームは3Dプリンタでジルコニウム製の精巧なトゥーサンの模造品を作り出す。

一方で、チームは、メトロポリタン美術館内に、防犯カメラに映らない死角を作り出そうと動く。

まずは、美術館の展示室内に風刺画を内密に持ち込み、飾ることで、セキュリティの脆弱性を美術館側に認識させた。

そうすることで、美術館と契約しているセキュリティ会社は、警備の見直しをせざるを得なくなる。

そのタイミングで、ナインボールが警備設計担当者のパソコンをハッキングし、防犯カメラの操作が可能になる。

こうしてチームは、美術館内のトイレの前に、防犯カメラに映らない死角を作り出すことに成功した。

時を同じくして、タミーはメットガラ主催のVOGUE編集部に潜入する。

潜入により、メットガラ当日の詳細情報を入手すると共に、ニューヨークの画商クロード・ベッカーを、ダフネの同伴者としてセッティングすることにも成功した。

画商クロードは、デビーの元恋人で、絵画詐欺の罪を被せてデビーを刑務所送りにした男であった。

ルーは、デビーが今回の強盗計画と並行して、クロードへの復讐も企んでいることを察して、計画への支障を懸念する。

しかし、デビーは計画の成功を約束する。

計画は順調に進んでいるかに見えたが、トラブルが発生した。

トゥーサンの留め具を外すには特殊な磁石が必要で、その磁石はカルティエ側が用意した屈強なボディーガードが所持していることがわかった。

このトラブルに、ナインボールは、自身の妹へ協力を仰いだ。

ナインボールの妹は科学に詳しく、映像解析ですぐに留め具の構造を把握して留め具を外す磁石を自ら作った。

『オーシャンズ8』のあらすじ【転】

メットガラ当日に、会場内にダフネが、クロードを同伴して出現した。

パーティーでの食事を楽しむ二人、厨房で栄養士に成りすましたルーは、ダフネのスープに薬物をまぜた。

スープを口にしたダフネは激しい吐き気に襲われ、トイレに駆け込んだ。

そのトイレこそが、チームが死角を作り上げたトイレだった。

ウェイターに扮していたコンスタンスは、トイレの中で、嘔吐で苦しむダフネに寄り添った。

そして、ダフネを介抱して、その首から、こっそりとトゥーサンを奪うことに成功。

その後、コンスタンスはトゥーサンを、ウェイターが運ぶ皿の下に忍ばせる。

その皿は、厨房で皿洗い係として潜入していたアミータのもとへ届けられる。

アミータはトゥーサンをこっそりとトイレへ運んで、トイレの中に隠していた工具で、ばらばらに分解し始めた。

そのころ会場内は、トゥーサンの紛失が明らかになり、大騒ぎ。

招待客から厨房のスタッフまで、出席者全員が会場から締め出され、トゥーサンの大捜索が始まった。

トイレに身を潜めるアミータが、警備に見つかりそうになる直前に、主催側としてトゥーサン捜索に加わっていたタミー。

タミーは、トゥーサン発見を叫んだ。

発見されたトゥーサンは、3Dプリンタで作ったジルコニウムの複製品だった。

警備員たちは、ダフネがトイレに行く途中でトゥーサンを落としたのだと思い込んで無事、メットガラは再開される。

アミータによって分解されたトゥーサンは、それぞれのダイヤモンドパーツを活かして、複数のアクセサリーに生まれ変わる。

そのアクセサリーは、コンスタンスによってメンバーたちに配られた。

デビーは、内一つのダイヤを持ってクロードに近づいた。

デビーは、こっそりとクロードの懐にダイヤを忍ばせることに成功した。

メットガラは盛況のうち無事閉幕する。

すぐにカルティエの鑑定士は、ダフネから返却されたトゥーサンをチェックし、それが偽物であることに気付いた。

カルティエは、すぐさま保険調査員のフレイジャーに調査を頼む。

フレイジャーは、デビーの兄である伝説の強盗ダニー・オーシャンを捕まえた実績を持つ、凄腕の調査員だった。

彼は、当日の会場にデビーがいたことを突き止める。

だが、防犯カメラの死角により、デビーとメットガラ盗難とを結びつける決定的な証拠を見つけられなかった。

『オーシャンズ8』の結末・ラスト

アジトで計画の成功を祝うチームのもとに、ダフネが現れた。

驚くメンバーに、デビーとルーは経緯を話し始める。

ダフネはもともと、ローズの挙動を訝しんでおり、今回のトゥーサン盗難事件にローズが関わっていると踏む。

その様子に気付いたデビーとルーは、ダフネに通報されて逮捕されるよりも、ダフネを仲間に引き入れ、報酬の分け前が減るほうがマシだと判断した。

ダフネは「友達が欲しかったから」と、チームへの参加を受け入れ、こうしてチームは8人になる。

ダフネは早速、今回の計画を確実なものにするべく、クロードの自宅へ向かう。

メットガラで親しくなり、すっかり恋人気分のクロードは、何も疑うことなくダフネの誘惑に夢中になっていた。

ダフネは隙をついて、デビーがメットガラの会場でクロードの上着に隠していたトゥーサンのダイヤモンドを見つけ出し、写真を撮った。

その写真が証拠となり、クロードは逮捕される。

そもそもダイヤモンドの存在に気付いていなかったクロードは困惑し、無罪を主張した。

しかし、デビーはクロードへの復讐を完璧に仕上げ、尚且つ自分たちへの捜査の追及を断つべく先手を打つ。

デビーは、老婦人を雇って、トゥーサンを加工して作ったアクセサリーを売却させる。

そして、その売上金をクロードの口座に入金するよう指示していた。

このダイヤ取引が決定打となり、クロードは刑務所に収監された。

完全犯罪を成し遂げ、喜ぶメンバーたちであった。

しかし一方で、ダフネは分け前が減るのではないかと疑問視する。

なぜなら、自分を含めてメンバーは8人に増えたのだから。

その疑問に答えるようにルーは冷蔵庫のドアを開けた。

冷蔵庫の中には溢れんばかりの宝飾品が詰め込まれた。

なんと、メットガラ開催当日、トゥーサン強奪の裏で、美術館に展示されていた他の宝飾品の数々を盗んでいた。

会場でトゥーサン紛失に伴って出席者全員が会場から締め出されている中、かつてダニー・オーシャンの仲間だった軽業師のイエンと協力する。

そして、会場内の展示室にある宝飾品を模造品とすり替えていた。

こうして強奪した、トゥーサンと他多数の宝飾品によって分け前の金額は、当初の予定額を大きく上回るものとなった。

大金を手に入れ、チームは解散し、ローズは借金を返済し、自分のブランドで店を立ち上げる。

アミータは男性との良い出会いに恵まれ、パリでデートをしている。

ナインボールはビリヤードバーを開業した。

コンスタンスは広い部屋に移り住み、ユーチューバーとして活躍する。

タミーは再び主婦に戻ってそのかたわら、ビジネスの手腕を活かして事業を拡大させる。

ダフネは女優だけにとどまらず監督業に挑戦してルーはバイクで旅に出た。

そしてデビーは、兄ダニーの墓前で計画成功の祝杯をあげるのだったーー。

映画『オーシャンズ8』の感想

主演をサンドラ・ブロックに迎えて8人の美女が1億5000万ドルの宝石を盗み出すという前代未聞の計画を企てる。

伝説の強盗であるダニエル・オーシャンの妹のデビーをサンドラ・ブロックが演じて、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、歌手のリアーナなどの豪華女優陣がこの映画を盛り上げている。

僕は『オーシャンズ11』から観ているけど、ジョージ・クルーニーのクールでカッコいい今までのシリーズとは違って女性らしい華やかな世界観が『オーシャンズ8』にはある💕

サンドラ・ブロックも大人の色気があってカッコいいよねー╰(*´︶`*)╯♡

ダフネ演じるアン・ハサウェイがセクシーで虜になりそう♬

まとめ

映画『オーシャンズ8』の映画レビューはいかがでしたでしょうか?

デビー役のサンドラ・ブロックほか、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、歌手のリアーナら豪華女優陣が顔をそろえた『オーシャンズ8』。

ソダーバーグがプロデュースを務め、「ハンガー・ゲーム」のゲイリー・ロスがメガホンをとった。

美女8人組の華麗な泥棒っぷりをとくとご堪能あれ!?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする