ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』4話ネタバレあらすじ

木村拓哉主演のドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

 「至急! 警護乞う!」と、ただごとではない様子で訴えるメールが、「島崎警備」のホームページに届く。

島崎章と高梨雅也は直ちに送信者・生田大輔に電話して…。

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第4話のあらすじ

 「至急! 警護乞う!」と、ただごとではない様子で訴えるメールが、「島崎警備」のホームページに届いた。島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)は直ちに送信者・生田大輔(岡田義徳)に電話。なんと大輔は監禁され、今も見張られているという! ところが…。教えられた住所へ急行すると、そこは大輔と両親が暮らす自宅。実は監禁というのは、すぐ来てもらうためについたウソで、本当の依頼は別にあったのだ――。
 20年もの間、ニート生活を続けるアラフォーの大輔。そんな折、出身小学校のクラス会開催の知らせが届き、“将来の夢”を書いた色紙を保管していたタイムカプセルを開ける行事も予定されていることが分かったという。だが、この行事に拒絶反応を示した大輔は、自分の色紙だけ先に回収してもらうよう、教師に頼みに行こうと決意。外出には不安があるため、身辺警護を依頼したのだという。というのも大輔は、自分が常日頃より誰かに狙われている、と信じて疑っていなかったからだ!
 にわかに信じがたい大輔の話…。一向に働こうとしない大輔に常々苛立っていた父・生田洋次(平泉成)も「バカバカしい」と一蹴するが、章は「クライアントを信じる」と決め、高梨と共に大輔を警護。いざ小学校へと向かう。ところが道中、大輔は“ある場所”まで来ると、なぜか遠回りになる道を選択。さらに、偶然出くわした同級生・谷口守治(丸山智己)の優しい言葉にも、完全に背を向けて…!?
 そんな中、怪しい人影が後をつけてくるという、不穏な事態も発生! 大輔は急に小学校へ行くのを断念し、警護依頼も取り下げると言い出す。そんな息子にあきれ果て、見限ろうとする洋次。だが、自らも“息子を持つ父”である章は、すれ違う大輔と洋次を放っておけず…。
(出典: 『BG〜身辺警護人〜(2020)』第4話あらすじ)

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第4話のネタバレ

「島崎警備」のホームページに依頼のメールが届いた。

章は早速、生田大輔の番号に電話をかけて、生田の家に向かった。

まゆも警備依頼の通報を受けているが、テレビの取材だった。

小俣はあまりまゆを特別扱いしないように話すが劉はまゆに特別な感情を抱いている。

その頃、章と高梨は生田家に押しかけてきて大輔は行きたいところまでの警備をしてほしいと依頼する。

小学校のクラス会の最後にタイムカプセルの開封式があり手紙をみんなの前で読まれる前に回収したいと話す。

誰かに命を狙われていると大輔は章と高梨に告げ、命をかけて守ってほしいとお願いする。

洋次は命を狙われてるのは大輔の妄想だと言い早期退職になっていっそのこと大輔を殺して自分も死ぬと考えたこともあると章たちに話す。

事務所に戻った章と高梨だが高梨は大輔の警備をするのに気が乗らなかった。

その時、沢口がやってきてまゆがテレビ取材を受けたことを高梨に伝える。

まゆは劉から恋人を強盗に殺された話をしてボディガードはクライアントが傷ついても責任を取らなくてもいいことを学んだと笑いながら話す。

生田家にやってきた章と高梨は大輔を警備する。

外に出るのを怖がっていた大輔だが勇気を出して歩き出し、大輔を影から見ている1人の男がいた。

大輔は近所のおばさんから話しかけられたが近所の人は自分のことを馬鹿にしていることを知っていて彼女に怒鳴った。

踏切の前で誰かに突き飛ばされようとした時に大輔は電車の運転手をしていた父親に最高の厄介払いをしようと電車の前に飛び出して死のうとしたと話す。

その時に誰かに突き飛ばされたと大輔は章に告げる。

大輔が道を歩いていると同級生の谷口守治が話しかけてきた。

谷口は妻と子供がいて大輔は谷口に嫉妬していた。

小学校の時に親友だったと谷口は章に言い同窓会に来てほしいと大輔に伝えるようにお願いする。

大輔と高梨に合流した章は不審者を見つけて追いかけるが不審者は逃げてしまう。

大輔は怖くなって家に帰り洋次は大輔のことをクズと罵った。

洋次は大学に行けずに電車の運転手になりせめて大輔を大学に行かせてやりたいと話し、章も息子がいるので気持ちがわかると話す。

大輔の部屋に来た洋次は息子を罵り大輔は怒ってムキになり外に出る。

学校の前まで来たが勇気が出ずに学校に入れずにいた。

章は同窓会に行ったことがないと大輔に話し、高梨も自分のことを覚えてない奴がいてプライドが傷ついて帰ったと言う。

その時、谷口が大輔に話しかけて理科室を案内すると言い学校の中に入っていく。

その様子を見た章と高梨は嫌な予感を感じていた。

理科室にやってきた大輔は谷口から小学校の時に大輔に命じられて塩酸を盗んだ事件があったことを話す。

その時に谷口の母親は心を病んで挙げ句の果てに自殺をしたと大輔は訴える。

それから谷口は大輔のことを深く憎み、妻とも別れて人間不信になったと泣きながら話す。

章は自分を殴れと谷口に言い谷口は章を殴ろうとして章は谷口の首を絞めようとする。

それを大輔が必死に止め、大輔は泣いて谷口に謝った。

谷口は大輔を殴り、同級生たちと何食わぬ顔で会う。

タイムカプセルを開けて大輔は手紙を持って帰っていく。

手紙にはお父さんのような電車の運転手になりたいと書いてあり洋次は泣きながら手紙を読む。

大輔は小学校の頃によく洋次の運転する電車を見に行っていて父親に憧れたが父親から大学に行って世の中を動かす仕事がしたいと言われて次第に自分が分からなくなったと話す。

その時、洋次が部屋に入ってきて大輔に謝り小学生の時に取っていたポーズをした。

大輔はスーツ姿で現れて警護料をお年玉で払った。

足元の革靴を見て決意を固めて踏切の向こうへ歩き出していった。

家に帰ると瞬が多佳子が章のことかなり意識してると話し、章は瞬の診察をしたお礼を言った。

今度食事に行きませんかと章は多佳子を食事に誘ったが多佳子は断った。

章が悶々としているその時に、章の部屋を見ている男がいたーー。

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第4話の感想

子供部屋おじさんの大輔の警備を大輔から依頼された章と高梨。

高梨はいつものように不満そうだな( ̄∀ ̄)

大輔が変わればいいと章は大輔を外に連れ出そうとする。

大輔の父の洋次は迷惑そうな顔をして息子のことを厄介に思ってるってことか…。

あまりにも谷口がいい奴すぎるから絶対何かあると感が働く。

谷口は大輔に塩酸を盗むように命じられてその結果母親が自殺したのか。

そんな過去があったとは知らなかったな、大輔がいじめっ子だったとは❗️

大輔は小学生の時の手紙を見て洋次からも励まされて前に踏み出す決意をした。

いいラストだったなー(●´ω`●)

まとめ

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

怪しい人影が後をつけてくるという、不穏な事態も発生する。

大輔は急に小学校へ行くのを断念し、警護依頼も取り下げると言い出す。

そんな息子にあきれ果て、見限ろうとする洋次。

だが、自らも“息子を持つ父”である章は、すれ違う大輔と洋次を放っておけなかった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎