ドラマ『刑事ゼロ』4話ネタバレあらすじ 透明人間の殺人事件の真相は?

沢村一樹主演のドラマ『刑事ゼロ』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

深夜、京都市内の中古品買取店で、時価500万円の純金の延べ棒が盗まれる事件が起きる。

事件当夜、偶然店の前を通りかかり、怪しい男を見かけた時矢暦彦は捜査の行方が気にかかり…。

ドラマ『刑事ゼロ』第4話のあらすじ

深夜、京都市内の中古品買取店で、時価500万円の純金の延べ棒が盗まれる事件が起きた。事件当夜、偶然店の前を通りかかり、怪しい男を見かけた時矢暦彦(沢村一樹)は捜査の行方が気にかかる。
 店長・高沢真浩(弓削智久)から防犯カメラが作動していたことを聞き、時矢も佐相智佳(瀧本美織)も安心するが、そこへ現れたのはサイバー犯罪対策室の主任・但馬正樹(野間口徹)。但馬は、時矢たちにこれは単純な窃盗事件ではない、と言い放つ。
 但馬にうながされ、防犯カメラ映像を確認すると、金の延べ棒が空中を浮遊して画面から消える映像が残されていた。まさに“透明人間”の犯行のように見える映像に、時矢と智佳は驚くばかり。実は、この店が警備会社から導入している防犯カメラは、年齢や性別などの条件を設定すれば、その条件に合致する客を映像から消すことが可能なものだった。つまり犯人は警備会社のシステムに外部からハッキングし、自らが映らないように条件を設定。同時に通用口のロックや非常ベルを解除して店内に入り、堂々と延べ棒を盗み出したのだ。但馬は前代未聞のハッキングによるサイバー犯罪と位置づけ、13係も捜査に参加することになった。
 この防犯カメラ映像解析ソフトの開発者でもある警備会社社員・北浦菜月(西原亜希)も全面協力を申し出るが、その矢先、店で高沢が殺害される事態が発生して…!? また、時矢はまったく覚えていなかったが、3年前、一時だけ13係で時矢とコンビを組んでいた但馬は、なぜか時矢に強い恨みを持っているようで…!?
(出典:『刑事ゼロ』第4話あらすじ

ドラマ『刑事ゼロ』第4話のネタバレ

安達本部長ご退任を祝う会で時矢は自分のことをジッと見ている但馬正樹を見かける。

時矢は福知たちと夜道を歩いていた時におもちゃ屋で怪しい男を見かけた。

翌日、トレジャーバザールの店長・高沢真浩は部屋が荒らされていることに気づいて警察に通報した。

深夜、京都市内の中古品買取店で、時価500万円の純金の延べ棒が盗まれる事件が発生した。

時矢は単なる窃盗事件だと思ったが、サイバー犯罪対策室の主任・但馬がそれを否定する。

防犯カメラの映像を見た時矢と智佳はまるで透明人間が店を荒らして金の延べ棒を盗んだ様子だった。

但馬は最新鋭の警備システムで冷やかしに来ていた客が背景と同化するように設定されていると説明する。

このシステムを利用して犯人は警備システムにハッキングして自分の姿が映らないように細工した。

それは京都府警が経験したことのないサイバー犯罪だと捜索会議で話す。

サガノ警備保障にやってきた時矢と智佳はSE兼営業部の北浦菜月が会社のセキュリティが脆弱だから会社にそのことを報告したが会社から口封じされる。

その時、但馬が部下を引き連れてサガノ警備保障を家宅捜索した。

13係に戻った智佳は3年前、一時だけ13係で時矢と但馬がコンビを組んでいたことを聞かされる。

トレジャーバザールにいた時矢に但馬のことを思い出してくださいと智佳は話す。

店の中に入った時矢は高沢の遺体を発見する。

店の防犯カメラを確認すると金の延べ棒を盗んだ透明人間の犯人が金の延べ棒を使って高沢を殺害した様子が映っていた。

捜査会議で時矢は金の延べ棒と一緒にレアカードも盗まれたのではないかと話す。

サイバー犯罪対策室に来た北浦は但馬から防犯カメラの映像を復元してほしいと頼まれる。

但馬は犯人と思われるSNSに投稿された写真から犯人の居場所を特定して、犯人が林田悠斗だと断定した。

一方、時矢たちは札付きの不良・村内毅から悠斗がパソコンに強いことを聞き悠斗の家に行くと但馬が家宅捜索をしているのが見えた。

その時、背川が庭に血のついた金の延べ棒を見つけて悠斗は取り調べ室で但馬に取り調べを受ける。

そんななか、但馬は北浦から防犯カメラの映像解析が完了したとの報告を受けて防犯カメラを見ると、映像には黒いパーカーを着て高沢を殺害している悠斗の姿が映し出されていた。

13係で福知は悠斗に高沢殺害の罪をでっち上げるために金の延べ棒を庭に置いたのではないかと推理する。

時矢は金の延べ棒を凶器に使ったということは犯人は延べ棒が目的じゃなくて全く別の目的があったと考えていた。

その時、時矢は事件の糸口をつかみ真実が見えた。

智佳たちは事件当時の様子を再現して北浦にも同席してもらい防犯カメラ映像がどのようにして細工されたのか調べるための実験だ。

悠斗も現場に来て北浦が悠斗の姿を防犯カメラから消した。

透明人間になった悠斗が店を荒らしてカードを盗むところが映っていた。

北浦が防犯カメラ映像を解析して悠斗の姿が映像に映った。

今度は福知が店長の役をして悠斗ともみ合い悠斗が透明人間になって店長役の福知は殴られたふりをした姿が映っていた。

悠斗が福知を殴ったかと思ったが、黒いパーカーを脱ぐと、なんと悠斗の役は智佳が演じていた。

未成年を犯人役にさせるわけにはいかないと智佳は話す。

時矢は高沢を殺害した犯人が北浦だと言い、悠斗に罪を着せるために復元ソフトであたかも悠斗が高沢を殺害したように細工した。

北浦はセキュリティの脆弱性を証明するために悠斗の窃盗事件を利用して金の延べ棒を盗んだ。

その後、北浦は金の延べ棒を返しに来た時に高沢に見つかってしまいもみ合いの末延べ棒で高沢を殺害してしまう。

悠斗の家の庭に金の延べ棒を置いて悠斗に罪を着せたことも認め、被害者が加害者になってしまった。

事件が解決した後、但馬は3年前の事件の時も事件関係者に情報をリークさせて被疑者が被害者遺族に殺される事件が起きたことを話す。

被害者遺族の尾中は但馬から聞いた被疑者の情報を知り彼を復讐のためにナイフで殺害しようとしたが時矢が止めに入りナイフを握って復讐を止めた。

但馬は事件関係者に情報を流すことが何でいけないのかと時矢に尋ねると、時矢はすべての情報を被害者遺族に流すことは次なる犯罪を生む可能性もはらんでいると但馬に警告した。

そんなこともわからないやつは刑事になる資格はないと時矢は但馬に怒る。

但馬は今回の事件で自分の間違いにようやく気づき時矢に言われたことをこれからも覚えていると時矢の前で告げ時矢は羨ましがっていたーー。

ドラマ『刑事ゼロ』第4話の感想

今回の窃盗事件の犯人はなんと、”透明人間”!?

さすがの時矢も透明人間が相手だと手強いか(`・ω・´)

但馬と時矢の間に何があったのか気になるなー!

透明人間の犯人はハッキングの知識のある中学生で、彼は自分を透明人間にするように設定して店からカードを盗み出す。

高沢を殺害した犯人も悠斗だと但馬は睨んでいたが、犯人は北浦だと明らかになる。

彼女もセキュリティの脆弱性を訴えたけど会社から相手にされなかった被害者でもあるから複雑だ。

防犯カメラというのは犯罪を抑制するためにあるはずなのにそれが罪をなすりつける道具になるとは…。

これからの犯罪はこうやって複雑化していくんだろうな(´・∀・`)

時矢の名推理で悠斗を殺人犯にせずにすんでよかった。

まとめ

ドラマ『刑事ゼロ』第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

防犯カメラ映像解析ソフトの開発者でもある警備会社社員・北浦菜月も全面協力を申し出る。

だが、その矢先、店で高沢が殺害される事態が発生して…!? 

また、時矢はまったく覚えていなかったが、3年前、一時だけ13係で時矢とコンビを組んでいた但馬は、なぜか時矢に強い恨みを持っているようだった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする