ドラマ『刑事ゼロ』2話ネタバレあらすじ 密室殺人事件の真相は?

沢村一樹主演のドラマ『刑事ゼロ』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

かつては敏腕でスマート、現在は“記憶ゼロ状態”になってしまった京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦。

彼は、別れた妻で弁護士の奥畑記子から、いきなりある書類を渡されて…。

ドラマ『刑事ゼロ』第2話のあらすじ

 かつては敏腕でスマート、現在は“記憶ゼロ状態”になってしまった京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)は、別れた妻で弁護士の奥畑記子(財前直見)から、いきなりある書類を渡される。そこには、7年前に時矢が逮捕した犯人には冤罪の可能性があるとして、近々仮釈放されるのに合わせて再審請求の準備をしていると記されてあった。しかし、刑事拝命以来の20年間の記憶を失った時矢は元妻との出会いも別れも覚えておらず、もちろん7年前のこともすっかり頭から消え去っていた…。
 コンビを組んだ新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)によると、7年前の事件とはファイナンス会社社長・逢沢省三(剣持直明)が自身の別荘の階段から転落死したというもので、時矢は別荘を設計した建築士・芹野泰夫(中村靖日)が突き落としたとして逮捕したようだった。
 刑務所に出向き接見した時矢に対し、芹野は「真実はすべて僕の記憶の中にある。刑事さんがたどり着いた結論だけが唯一の真実ではない」と、まっすぐな眼差しで語り掛ける。
 もしかしたら自分が冤罪を生んだのかもしれない…。そう考えた時矢は、智佳と共に再捜査を開始。現場となった別荘は当時、密室状態だったが、再訪したところ、隣の別荘に住む出版社社長・円城明日香(いしのようこ)から意外な真実を告げられて…⁉
 はたして7年前の事件は冤罪だったのか、それとも…!? かつての自分が解き明かせなかった密室殺人の真相に、記憶ゼロの時矢が挑む! そしてついに芹野が仮釈放されるが…!?
(出典:『刑事ゼロ』第2話あらすじ)

ドラマ『刑事ゼロ』第2話のネタバレ

時矢は元妻の奥畑から書類を渡されて生田目が離婚したことを話さないことに怒る。

奥畑に渡された資料は7年前の事件の再審請求で奥畑が警察署に来ていたことを知り時矢は事件の資料を見直す。

事件の被疑者を自白させたのは自分だと福知が得意げに言ったが自白の強要があったのではと智佳は話す。

時矢は刑務所で芹野泰夫に接見して7年前の事件とはファイナンス会社社長・逢沢省三が自身の別荘の階段から転落死したという事件のことを確認する。

別荘の建築家である芹野が容疑者として逮捕されて有罪判決を受けた。

現場は密室で、目撃者の円城明日香の証言で出入り口からは誰もでてこなかったと話す。

芹野は「真実はすべて僕の記憶の中にある。刑事さんがたどり着いた結論だけが唯一の真実ではない」とまっすぐな眼差しで語りかける。

自分が冤罪を生んでしまったと考えた時矢は智佳とともに現場の再捜査をする。

円城の目撃証言で現場は密室だったはずなのになんで有罪判決を受けたのか疑問に思っていた。

智佳に言われて時矢は事件のことを思い出そうとするがまったく思い出せない。

円城出版に行き社長の円城に事件の話を聞く。

円城が誰も見ていないと証言して弁護側の証人として出廷することになる直前、芹野に脅されているのではないかと時矢に話す。

時矢の言っていることは事実で円城がそのことを証言したら逆恨みされて襲われる危険があると思い言わなかったと告げる。

7年前に時矢は円城に芹野を見逃すことになればいつか苦しむことになると説得する。

そして、裁判で円城は時矢に促されて現場から逃げていく芹野を目撃したと証言した。

二人の話を聞くと二人とも嘘をついているようには思えないと時矢は話す。

芹野が仮釈放されて行きたいところがあると奥畑に告げるが奥畑はどこにも行かないでくださいと注意する。

時矢が残した事件の資料を確認すると、時矢が検察側の証人として証言した。

裁判で時矢は被害者の逢沢を芹野が階段から突き落として事故に見せかけるために芹野は現場を密室にしたと証言した。

時矢が残した調書には“隠された動機”があると書かれていてそれが何なのか時矢はいまだに思い出せない。

事件の資料を見ると明日香の夫の公昭が7年前から行方不明であることが判明する。

嵐山署で確認すると公昭は出張で全国を飛び回っていたことがわかった。

公昭は失踪宣告をされて死亡が正式に認められた。

1億円もの保険金が公昭にかけられていて、明日香がそれを受け取ることになっていた。

芹野と明日香はそれぞれ服役期間と公昭の失踪宣告が承認されるのが同じ7年だというのが引っかかっていた。

現場の別荘に来た時矢はタンスの位置に違和感を感じて智佳と協力してタンスを退けて隠し戸棚を見つける。

中にあったのは明日香と芹野が写っている写真だった。

二人が顔見知りだったことが判明して、逢沢ファイナンスの社員の落合に聞き込みをする。

逢沢の別荘は脱税した金を隠すための隠し金庫だったのではないかと時矢は話し落合は別荘に1億円もの金が隠されていたことを話す。

そんななか、芹野が失踪して奥畑からこのことを聞き事件の真相を知った時矢と智佳は別荘に向かう。

別荘には明日香と芹野がいて芹野はツルハシを使って別荘の壁を破壊しようとしていた。

その時に時矢が駆けつけて明日香と芹野に自分の推理を話した。

明日香と芹野は別荘のパーティーで知り合ってパーティーに来ていた公昭を自殺に見せかけて殺害しようとした。

動機は公昭にかけた保険金を受け取るためで、明日香が公昭に睡眠薬を飲ませて芹野が公昭の首を絞めて殺害しようとした。

しかし、公昭が起きて仕方なく明日香が背中にナイフを刺して公昭を殺害した。

このままでは1億円が受け取れない、会社が倒産せずにすむためには今すぐ1億円が必要。

芹野は逢沢が別荘に隠していた1億円を奪おうとしたが逢沢に見つかってしまい、もみ合いの末逢沢を階段から突き落としてしまう。

逢沢の死を事故に見せかけるため芹野と明日香は裁判で虚偽の証言をした。

公判で明日香が証言を覆したのは時矢に公昭殺害の罪を暴かれないようにし、芹野を守るため。

なぜなら、公昭と逢沢殺害がバレれば二人とも死刑になる確率が格段に上がるからだ。

それが7年前の時矢が言っていた”隠された動機”だった。

時矢は芹野が破壊しようとしていた壁から公昭の死体を見つける。

京都府警に同行された芹野は福知から取り調べを受けていた。

智佳は係長の根本に事件を解決できたのは昔の時矢と今の時矢のおかげだと話すのだったーー。

ドラマ『刑事ゼロ』第2話の感想

密室殺人事件から新たな犯罪を突き止めるとはさすが時矢!

智佳が時矢の”トリセツ”になって時矢をサポートするこれまでのバディものの刑事ドラマではあまり見たことがない。

犯人が共犯で保険殺人を企んでいた。

明日香が目撃者、芹野が逢沢を殺害した犯人だと演じることで公昭を殺害した罪から逃れようとした。

なかなかよくできた殺害計画だけど、時矢にかかれば何のことはないな♬

芹野泰夫を演じた中村靖日の明日香に流される気弱な男をうまく演じていて良かった(^ν^)

まとめ

ドラマ『刑事ゼロ』第2話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

7年前の時矢が言っていた”隠された動機”を突き止めた新・時矢。

時矢は芹野が破壊しようとしていた壁から公昭の死体を見つける。

京都府警に同行された芹野は福知から取り調べを受けていた。

智佳は係長の根本に事件を解決できたのは昔の時矢と今の時矢のおかげだと話すのだったーー。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする