朝ドラ『はね駒』94話あらすじネタバレ 恋愛結婚は断固反対!

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第94話のあらすじネタバレと感想をまとめてみた。

りんは、結婚が女の幸せなのか疑うようになった。

一方、小野寺いちは、息子が弘次郎たち橘家の人間に気をつかいすぎることを不審に思いはじめて…。

朝ドラ『はね駒』第94話のあらすじ

りん(斉藤由貴)は、結婚が女の幸せなのか疑うようになる。

一方、小野寺源造(渡辺謙)の母・いち(山田昌)は、息子が弘次郎(小林稔侍)たち橘家の人間に気をつかいすぎることを不審に思いはじめる。

このままではいけないと感じた源造は、りんがお茶を運んできた時、急に両親に自分の思いを打ち明けるが…。

朝ドラ『はね駒』第94話のネタバレ

「つまんない結婚なんかして自分を縛りつけるのはやめなさい」とみどりはりんに告げる。

りんはやえに弘次郎と結婚して幸せかと尋ねる。

みどりが結婚なんかしたら幸せになれないと話したことを言うとやえは結婚も知らない人が何を言うのかとみどりに対して怒っていた。

その頃、弘次郎がほうきで庭を掃除しているといちがほうきを取り上げて正月早々ほうきでゴミを掃くのは縁起が悪いと言い出す。

その様子を見て源造はいちを叱り、いちはなぜ橘家の面倒を見るのかと訪ねる。

源造は結婚した後も橘家にこの家に残ってほしいといちに話す。

りんがお茶を持ってきて源造はりんを呼び止めていちと源左衛門にりんと結婚すると告白した。

源造はりんとふたりで決めた結婚だといちに説明したがいちは動揺して橘家に殴り込む。

いちがどういうことかとやえと弘次郎に尋ね、名古屋では代々家と家同士の結婚が大事だと話す。

やえはりんと結婚することが何でふしだらかと尋ねる。

恋愛結婚をいちは認めず徳右衛門は怒っていちに文句を言ったが弘次郎は数で攻めるのは卑怯だと言って引っ込めさせた。

源造は両親に認めてもらえなくてもりんと結婚すると言い張りいちは絶対に認めないと癇癪を起こして部屋を出ていく。

その時、いちが家の廊下で突然倒れて源造はいちに駆け寄り呼び続けたーー。

朝ドラ『はね駒』第94話の感想

りんはみどりに結婚なんかで自分を縛り付けるのはやめなさいと言われて結婚に疑問を持ち始める。

源造の態度は曖昧なものでこれじゃりんも不安になるな….。

源造はついにいちにりんと結婚すると話したけどいちはふたりの結婚を認めようとしなかった。

名古屋では家と家の結婚が大事だといちは源造に言い源造にお見合い結婚を望んだ。

今や恋愛結婚が当たり前の時代だけど昔はそうでもなかったんだな。

好き同士でも結婚できんとは涙をのんだカップルがそどれだけいることか(´;ω;`)

源造はりんを愛していることをいちに伝えたが、いちは恋愛結婚はふしだらで絶対に許さないの一点張り。

最終的にいちに結婚を認めてもらえればいいけど…..。

まとめ

朝ドラ『はね駒』第94話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

いちは息子の源造が弘次郎たち橘家の人間に気をつかいすぎることを不審に思いはじめた。

このままではいけないと感じた源造は、りんがお茶を運んできた時、急に両親に自分の思いを打ち明ける。

第95話では、りんとの結婚を、両親に猛反対された小野寺源造。

しかし、親に許されなくとも自分はりんと結婚すると、橘家と小野寺家一同の前で言い切って…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする