ドラマ『ハケンの品格(2020)』4話ネタバレあらすじ 井手が激変?

篠原涼子主演のドラマ『ハケンの品格』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

自宅のゴミを会社でこっそり捨てようとする井手の世間知らずぶりに、困惑する一同だった。

大前春子は見かねて注意するが…。

ドラマ『ハケンの品格』第4話のあらすじ

自宅のゴミを会社でこっそり捨てようとする井手(杉野遥亮)の世間知らずぶりに、困惑する一同。

大前春子(篠原涼子)は注意するが、宇野部長(塚地武雅)から「新入社員の教育は社員の役目」だと釘を刺された。

実は井手は、S&F社との最重要取引先、「テイスト・オブ・ライフ」創業者、女社長の美香(キムラ緑子)の三男で、コネ入社の上、特に贔屓にされていたのだ。

そんな中、井手と三田(中村海人)は初めての営業で、配ってはいけない回収品のサンプルを持って回ってしまう。

その失態を知った井手は姿を消してしまった。

運悪くその時、井手の母、美香が息子の働く様子を見学に来ていた。

出迎える里中(小泉孝太郎)と東海林(大泉洋)は、井手が見つかるまでの時間伸ばしに必死になる。

ついに春子が、井手を見つけるが、そこはなんと冷蔵倉庫。

井手は責任を感じて回収品の整理をしていた。

ところが、突然停電が起き、極寒の中、2人揃って冷蔵倉庫に閉じ込められてしまう!

この大ピンチに春子はどうするーー!?



ドラマ『ハケンの品格』第4話のネタバレ

春子は会社のゴミ箱に自分の家から持ってきたゴミを入れていた。

それを見た春子はゴミ箱から包丁を取り出して井手に包丁を突き立てる。

これは燃えるゴミだと春子は井手に注意して宇野はハケンのくせに社員をパワハラするなと叱責した。

しかし、春子がいないと仕事が捗らないので宇野は渋々春子に仕事を頼んだ。

三田は社員と派遣社員が同一労働同一賃金なのを知って苦労して正社員になる意味あると井手に聞く。

初めてのお給料が少なく小夏はショックを受ける。

春子は井手の失敗を注意して宇野はハケンを注意するなと言おうとしたが使えない社員は派遣より役に立たないと話す。

宇野が井手に気をつかうのは井手がS&F社との最重要取引先、「テイスト・オブ・ライフ」創業者・女社長の美香の三男だからだ。

一方、旭川支社に来た里中は東海林と会い春子と話してみてよと告げる。

東海林は春子を驚かせるために電話をしたが浅野に受話器を渡して帰ってしまった。

春子の態度に東海林はイライラして何がなんでも春子を驚かせようとする。

社員は明日の営業で使うサンプルを用意するようにハケンの小夏と亜紀に指示する。

居酒屋で宇野は井手と三田に営業の極意を教えていた。

翌日、井手と三田は営業に行くことになり宇野は二人を応援した。

三田は営業の幸先が良かったが、井手はうまく配れずに悩んでいた。

小夏と亜紀は同一労働同一賃金になっても給料がドンと上がるわけじゃないと言って文句を言っていた。

会社に帰った井手は営業がうまくいかなくても宇野は彼を励ましていた。

小夏は帰る春子に話しかけて井手がサボっていたのを見ていたと伝える。

とその時、小夏が突然倒れて春子は駆け寄るが、彼女は「お腹すいた〜」と呟き春子はぼう然とする。

小夏は気がつくとスペイン料理の店にいて春子は彼女にパエリアを食べさせた。

社員との待遇が違うことについて文句を言ったが春子は同一労働同一賃金は幻想だと告げる。

浅野が営業で配った商品を見ると井手と三田の初めての営業で、配ってはいけない回収品のサンプルを持って回ってしまったことが明らかになる。

サンプルを詰めたのは小夏と亜紀のミスで宇野はハケンライフに報告すると怒っていた。

井手がサンプルを詰めるよう先輩社員に申し伝えていて、井手は責任を感じて回収品の整理をしに冷蔵倉庫に行く。

そんななか、宮部は「テイスト・オブ・ライフ」創業者である女社長の美香が井手の働く様子を見に行きたいと言って宇野に伝える。

宇野たちは井手を探すが見つからず焦っていた。

春子は冷蔵倉庫に行って退職をするなら退職届を出しなさいと怒る。

その時、突然雷が鳴り停電が起きて春子と井手は極寒の冷蔵倉庫の中に閉じ込められしまった。

美香との商談が成立したその時、里中は井手が行方不明だとの連絡を受ける。

里中は東海林にこのことを伝えて時間を稼いでくれないかと話す。

その頃、春子は防犯カメラに手を振るが停電のせいで防犯カメラが機能していないと気づく。

井手は春子にコートを着せて、小夏と亜紀は必死に春子と井手を捜索した。

自分が会社を辞める理由を春子に話す井手、井手は会社に縛られず自由に生きたいと打ち明ける。

春子は冷蔵倉庫のドアをモップで叩いていた。

冷蔵倉庫の前に警備員が通りがかり春子と井手は助かる。

春子はいつものように仕事に戻り井手は宇野たちに謝罪した。

春子のような人になりたいと井手は春子に言うが春子は社員が務まらないようでは派遣も満足に務まらないと叱責する。

ヘタレだけど少しは見どころのあるヘタレだと春子は言い定時に帰っていった。

その様子を見た美香は引き続き井手を厳しく指導してくださいと宮部に告げる。

東海林は社員が派遣に憧れるようになったら終わりだと里中に話し、里中は春子ほどチームプレーに徹している人はいないと言った。

その後、東海林は営業企画課の課長に就任して悠々と春子を見たが春子は東海林のことを真顔で見ていたーー。

ドラマ『ハケンの品格』第4話の感想

井手は「テイスト・オブ・ライフ」創業者、女社長の美香の息子であると知り浅野たちも気をつかう。

コネ入社だとは知っていたがまさかそんな大物だったとは!

おぼっちゃんだからここまで使えないのか…。

井手は小夏と亜紀が怒られているのを見て責任を感じてサンプルの仕分けをする。

こう見えて責任感が強いんだな、少し見直したかも♬

井手と春子が冷蔵倉庫に閉じ込められた時、春子は持ち前のサバイバル術を使って脱出に成功。

春子がいればどこにもいても生きていけるな💕

春子のおかげで井手も変わって結果おーらい?

東海林と春子のバトルが気になるなー(´∀`*)

まとめ

ドラマ『ハケンの品格』第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

春子が、井手を見つけるがそこはなんと冷蔵倉庫の中だった。

井手は責任を感じて回収品の整理をしていたのだ。

ところが、突然停電が起き、極寒の中、2人揃って冷蔵倉庫に閉じ込められてしまった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎