ドラマ『私の家政夫ナギサさん』1話ネタバレあらすじ スーパー家政夫登場!

多部未華子主演のドラマ『私の家政夫ナギサさん』第1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

相原メイは、製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマン。

彼女は仕事が誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性だった。

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』第1話のあらすじ

製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた!その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。
一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現!突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所にメイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。しかも田所はライバルだというのに爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。
(出典:『私の家政夫ナギサさん』第1話あらすじ)

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』第1話のネタバレ

相原メイには「おかあさん」になりたいという夢があった。

幼少期に母の美登里に話すともっと上を目指しなさいと告げるのだった。

メイは目を覚まして美登里から優秀社員賞を獲ると期待されていた。

お気に入りのイヤリングを散らかった部屋で探そうとするが見つからない。

誕生日に決まって美登里から一方的に電話がありその電話で新たに「結婚」というワードが加わる。

メイは天保山製薬会社のMRとして働いていて、MRとは所謂薬の営業である。

卸さんの駒木坂から情報を仕入れて会社に戻って作戦会議をする。

個人成績を上げているのはメイだけで仕事のできる女性として噂になっているメイ。

メイは親友の陶山薫とレストランで待ち合わせて、マッチングアプリで知り合った男性と会っていた。

店でメイは同僚のMRと飲んでいて、新しい支店長が誰か噂していた。

その時、支店長・古藤深雪がケーキを持って現れてメイの誕生日をお祝いした。

古藤はチームリーダーである松平を副支店長に任命して新しいチームリーダーをメイに指名した。

チームリーダーになったら彼氏を作る余裕もなくなりますます結婚できないとボヤいていた。

自分の部屋の明かりがついていて、鍵が開いていることに気がつき恐るおそる部屋の中に入る。

すると、見知らぬおじさんが下着を持って立っていた。

メイはびっくりしてゴルフクラブを持って慌てて転んだ。

そこに妹の福田唯が現れてメイの家を見てあまりにもひどいと思って家政夫をや雇ったと話す。

おじさんはスーパー家政夫の鴫野ナギサと言って唯はナギサさんを雇ったのはメイの誕生日プレゼントだと告げる。

唯は子どもが心配で帰って行き、メイはナギサと二人きりになった。

家事を一通り終えてナギサは帰っていき、メイは「北斗の拳」を読みながら悔いのない人生は何か考えていた。

会社でメイはナギサが自分の下着を洗うと想像しただけでもやもやしていた。

営業先であるクリニックに行き、新薬の営業に成功する。

メイは結果報告を電話でして、駐車場でアーノルド製薬会社のMR・田所とすれ違う。

翌日、メイが再びクリニックを尋ねると医師は他社の新薬と天保山製薬会社の新薬、どっちにするかで悩んでいた。

メイが次の営業先に行こうと車のエンジンをかけようとするがエンジンがかからない。

困っていたその時、田所がメイに声をかけてエンジンを直す。

田所がアーノルド製薬のMRだと知りメイはライバル心をむき出しにした。

家に帰ったメイは家がすっかりきれいになっているのに驚いた。

ナギサが全部片付けてしかも食事を用意してくれていた。

メイは知らない人が家にくるのは抵抗があると言って解約をするとナギサに話す。

その時、腹の虫が鳴りメイはナギサの作った料理を食べる。

料理を食べ終わって、メイは何で家政夫になったのかとナギサに尋ねる。

ナギサは家政夫の仕事が楽しいからやっているとメイに話し、小さい頃「おかあさん」になりたかったと告げる。

その話を聞いてメイは「おかあさん」という言葉は自分にとって呪いの言葉だと思っていた。

ナギサは仕事の報告をメイにして、ナギサが片付けたベッドに寝転がる。

仕事が終わって帰ったナギサはメイの部屋を見つめていた。

会社に新入社員の瀬川遙人がやってきて、古藤は教育係にメイを指名する。

メイは瀬川の教育をするが駒木坂に怒られて瀬川はこの仕事向いてないのかと落ち込む。

クリニックに来たメイはアーノルド製薬の田所に先を越されて苛ついていた。

瀬川は田所がいい人だと言っているのを聞いて余計腹が立った。

会社に残って残業しているメイ、一方でナギサはメイの家に来て家事をしていた。

メイは周りからの期待を背負って仕事に邁進する。

家に帰るとハンバーグが用意してあってメイはハンバーグを食べながら徹夜して仕事を仕上げる。

そんななか、NTSクリーンハウスでナギサは自分がいることでメイのストレスになっているのではと不安に思っていた。

ナギサの話を聞いて唯はメイが美登里の期待を一心に背負って仕事を頑張っていると話す。

美登里は仕事を辞めて家庭に入ったことを後悔していて、唯は大学を中退して家庭に入ったからその分メイに期待が集まっている。

クリニックを訪れたメイは新薬の説明をするが、医師からアーノルド製薬の新薬に決めたと言われてしまう。

アーノルド製薬の田所はクリニックの患者に何が必要かを考えていてそれが決め手になった。

それを知ったメイは激しく落ち込み家に帰ってやけ酒を飲んだ。

家に来たナギサはメイに水を渡す。

メイは新薬の営業に成功しなかったことに落ち込み、自分には仕事以外何もないと泣きながら話す。

その話を聞いたナギサはメイの部屋に来た時にメイが頑張り屋だということはすぐに気づいたと告げる。

なぜなら、部屋が散らかっている中でMR関連の本だけは整理されていたとナギサは話す。

失敗は気づきだ、気づきはタネを生みいつか身を結ぶと言ってナギサはメイを励ます。

ナギサは酔っているメイをおんぶしてベッドに寝かせる。

その時にメイは「おかあさん」と寝言を言いながらナギサの手をつかみ行かないでと呟く。

ナギサは朝までメイの手を握りメイは仰天して叫ぶ。

ナギサの靴を履きながらゴミ出しをしていると、偶然隣の部屋から出てくる田所を目撃する。

田所が同じマンションに住んでいることに驚いているメイの前に、美登里が突然メイの部屋を訪ねてくる。

ナギサがいることを知ったら美登里に何を言われるかと考えたメイは慌ててナギサを奥の部屋に隠した。

果たしてメイの運命はーー!?

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』第1話の感想

仕事はできるけど家事が下手なメイのもとにまさかのおじさん家政夫がやってきた!

メイがナギサを見て驚いているシーンが面白かったww

やっぱりおじさんが家政夫だと抵抗があるか♬

ライバルの田所登場で、メイがライバル心をむき出しにしているのが可愛い💕

ナギサのハイスペックな家事術にすっかり脱帽!

メイが行かないでと寝言を言いながらナギサの手をつかむシーンが良かったな(*´∀`*)

ライバルの田所がまさか同じマンションに住んでるとは思わなかったけど、美登里の思わぬ訪問にさらに驚いた!

どうなる、メイ⁉️

まとめ

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』第1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所が出現した。

突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所にメイは気が気ではなかった。

メイは田所に対してライバル心と警戒心をむき出しにする。

しかも田所はライバルだというのに爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることになる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする