ドラマ『探偵 由利麟太郎』4話ネタバレあらすじ マーダー・バタフライ

吉川晃司主演のドラマ『探偵 由利麟太郎』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

オペラ界のスターでソプラノ歌手の原さくらは、オーケストラの楽団員らとともに、東京での公演を終え、次の舞台・大阪へと向かう。

ところが翌日、会場に集まった一同は、さくらがいないことに気付き…。

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第4話のあらすじ

オペラ界のスターでソプラノ歌手の原さくら(高岡早紀)。

彼女は、弟子で若手歌手の相良千恵子(吉谷彩子)、テノール歌手の小野竜彦(佐野岳)、マネージャーの土屋恭蔵(鈴木一真)と助手の雨宮順平(水沢林太郎)、そのほかオーケストラの楽団員らとともに、東京での公演を終え、次の舞台・大阪へと向かっていた。

ところが翌日、会場に集まった一同は、さくらがいないことに気付いた。

さらに、見知らぬ女の子に手紙を渡された小野が中を見た瞬間、顔色を変えて出て行ってしまう。

そんななか、一行のもとには東京からの荷物が届き、コントラバス奏者の川田良介(佐渡山順久)が自分の楽器が見当たらないと騒ぎだした。

しばらくして川田のコントラバスは無事に見つかるが、ケースの中にはバラの花びらに覆われたさくらの遺体が入っていた——!

さくらの夫・聡一郎(大鶴義丹)に誘われ、俊助(志尊淳)とともに会場を訪れていた由利(吉川晃司)は、絞殺されたさくらの遺体から砂が落ちたことに気付いた。

また前日の夜、千恵子がさくらに頼まれて代わりにホテルにチェックインしたことも判明する。

さらに、さくらの持ち物には、暗号化された読めない楽譜があった。

それは、同じ楽団のバリトン歌手・志賀笛人(水橋研二)の弟子で、当時新人歌手だった藤本章二(池岡亮介)が殺害された際に、楽譜を手にしていたという事件をほうふつとさせた。

スター歌手だったさくらの死にショックを隠せない楽団員たち。

すると、メンバーの間ではたびたびさくらの亡霊が目撃されるようになるのだった。

そして犯人が分からないまま、一行にはさらなる悲劇が迫っていて…!

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第4話のネタバレ

SAKURA歌劇団のスターである原さくらは舞台でオペラを歌っていた。

マネージャーの土屋恭蔵は助手の雨宮順平が失敗するたびに叱っていた。

さくらの夫・原聡一郎はさくらがいなくなって土屋は彼女のことを心配していた。

雨宮は荷物が運び込まれるのを表で待つように土屋に指示された。

聡一郎は由利を呼び出して謝礼としてオペラのチケットを渡す。

荷物を受け取った雨宮は土屋から電話番号のリストを片っ端から電話をかけろと指示した。

さくらが昨夜から行方不明で雨宮に電話で捜索させる。

コントラバス奏者の川田良介は自分のコントラバスだけないと騒いでいて、雨宮が表にコントラバスがあると聞き取りに行く。

雨宮はコントラバスのケースを引きずって川田がケースを開けると、中にはバラの花びらに包まれたさくらの遺体が入っていた。

現場に警察が到着して被害者のさくらは後ろから殴られた後、首を絞められて殺害された。

死亡推定時刻は昨晩の夜9時から11時、大阪府警の警部・浅原は死亡推定時刻の前後にさくらのそばにいた人物に事情聴取をする。

由利は的が見えたと俊助に話し、なぜ遺体をケースに入れてここまで運ばなければならなかったのか考えていた。

楽器を配送した運送会社に行きここならコントラバスと遺体をすり替えてもバレないと由利は話す。

由利は舞台で若手歌手でさくらの弟子の相良千恵子はこの事件のことを小説に書くならさくらの名誉を傷つけないようにしてくださいと釘をさす。

さくらは自分に魅力があるか確かめるため自分を崇拝しているテノール歌手の小野竜彦をどれだけこめり込まさせるかゲームをしていたと千恵子は話す。

さくらが宿泊するはずだったホテルにはさくらの指紋はなくあったのは千恵子の指紋だけだったと浅原は報告を受ける。

千恵子はさくらのふりをして大阪のホテルにチェックインして待ち合わせる予定だったと話す。

彼女に自分の変装をさせてさくらは京都に向かった。

土屋が迎えに来なくて千恵子はホテルの部屋に行き変装を解いてそのままホテルを出たと証言する。

由利は聡一郎に楽譜を見せて楽譜として成立していないと話す。

俊助は楽譜を見て藤本が殺された時に楽譜を握りしめていたのを思い出す。

藤本の師匠である司賀笛人に聞き込みをして、タクシー運転手の証言で遺体が入ったケースを表の入り口に置いたことを知る。

由利は遺体の入ったケースを運んだのは止むに止まれぬ事情があったからだと俊助に話す。

千恵子から楽譜のコピーをもらい由利は暗号を解読してとあるアパートに来た。

現場にいくと床に砂袋が落ちていてさくらがこれで殴られたことがわかる。

さくらと藤本の写真が飾られてあってさくらは偽名でここの部屋を借りていた。

目撃証言でさくらがいる時だけ訪れる男がいるとの情報を得る。

その時、俊助が外に黒い服を着た男がいるのを目撃し由利も男の影に気づいていた。

コンサートホールで事件関係者が拘束されていて土屋はさくらを失った悲しみで雨宮に当たり散らす。

聡一郎は土屋が喉頭癌で役者を辞めてマネージャーになったと由利に話す。

エレベーターに乗った聡一郎はさくらの亡霊を見て俺を恨むなと呟いていた。

浅原と等々力は事件の話をして関係者全員を怪しんでいた。

由利は千恵子に渡された楽譜の暗号が彼女からの挑戦状だと俊助に話す。

小野は土屋が書いた事件の詳細なメモを由利に渡して小野が少女から楽譜を受け取って顔色が変わったと俊助は得た情報を話した。

浅原が聞き込みを続けると、犯人が男に命じてケースを車で運んだとの証言を得る。

由利は雨宮を見て彼がこの事件の原動力になっていると俊助に告げる。

千恵子が突然いなくなり浅原は土屋と協力して捜索する。

その時、突然建物の明かりが点滅して雨宮もさくらの亡霊を目撃する。

聡一郎が部屋に一人でいると何者かが部屋を訪ねてきて驚愕する。

物音がして由利たちが駆けつけると、白い布をかぶせられた雨宮の遺体を発見するーー。

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第4話の感想

今回の殺人事件はオペラ界のスターである原さくらが何者かに殺害された。

コントラバスのケースの中にバラの花びらに包まれてさくらの遺体が入っていた。

犯人はなぜこんな面倒なことをしたのか?

由利の名推理で犯人がわかるのか!

聡一郎がさくらの亡霊を見て俺を恨むなとはどういう意味なんだろう。

亡霊の正体は、雨宮は誰に殺されたのか?

わからないことだらけだな(`・ω・´)

いたずらするのは生きてる人間だけ、さくらは死んでいるという由利の言葉が気になる。

雨宮がこの事件の原動力とはなんなのか。

その雨宮が殺されて事件はいよいよ迷宮入りしてきた。

果たして事件の犯人は誰なのか、事件の裏に隠された真実は!?

まとめ

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

スター歌手だったさくらの死にショックを隠せない楽団員たち。

すると、メンバーの間ではたびたびさくらの亡霊が目撃されるようになった。

そして犯人が分からないまま、一行にはさらなる悲劇が迫っていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする