ドラマ『刑事ゼロ』1話ネタバレあらすじ 記憶喪失の刑事が事件解決!

沢村一樹主演のドラマ『刑事ゼロ』第1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)は“京都府警に時矢あり”といわれるほど優秀な刑事。だが、容疑者・能見冬馬(高橋光臣)を追跡中、廃工場の貯水プールに転落。

ドラマ『刑事ゼロ』第1話のあらすじ

 京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)は“京都府警に時矢あり”といわれるほど優秀な刑事。だが、容疑者・能見冬馬(高橋光臣)を追跡中、廃工場の貯水プールに転落。病室で目を覚ましたとき、なんと刑事拝命以来の20年間の記憶を失っていることに気づく…!
 時矢は見舞いにやって来た元相棒・福知市郎(寺島進)のことを暴力団関係者と誤解するばかりか、新たにコンビを組むよう命じられた新人女性刑事・佐相智佳(瀧本美織)から、深夜に女性府議会議員・椎名蒼が刺殺されたことを聞いてビビりまくり。その遺留品を見せられても、まるでピンとこない。
 記憶喪失のことを周囲に打ち明ける間もないまま、新たに発生した殺人事件の初動捜査に当たることになった時矢。被害者のフリーライター・今宮賢は公園の鉄棒に吊るされていた挙げ句、鉄棒と遺体の前面には色付きの粘着テープが奇妙な形で貼られていた。このテープが示す図は、犯人からのメッセージなのか!? メッセージといえば、府議会議員殺害現場にもアルファベットなのか記号なのかわからない血文字が残されていたが、有名な府議会議員としがないフリーライターの間に接点があるとは到底思えない…。
 ところが、粘着テープに顔を近づけた時矢は、「同じ匂いがする…!」と、驚愕の一言を発する。実は、失った記憶の代わりに鋭い嗅覚など研ぎ澄まされた五感が備わった時矢は、そこに議員殺害現場の遺留品と共通する匂いを嗅ぎ取ったのだ。
 敏腕刑事と周囲には思われている時矢のつぶやきがきっかけとなって、あれよあれよという間に合同捜査本部が設立されることになったが、2つの事件が同一犯による連続殺人であるという根拠はほかに何も見当たらず、捜査は難航。時矢の立場は、本部内で微妙なものに…。
 そんな中、時矢は2つの事件に残された図形が香りを聞き分ける遊び、“組香(くみこう)”に関係しているのではないかと直感。調べを進めるうち、事件の周辺に高名な小説家・鳴島恭三(小林稔侍)の影がちらついてくるが、その矢先、第三の事件が起きて…!?
(出典:『刑事ゼロ』第1話あらすじ)

ドラマ『刑事ゼロ』第1話のネタバレ

2019年の1月、京都で時矢暦彦は容疑者・能見冬馬を追いかけていた。

ビルの屋上に来た時矢は鉄パイプで殴られて拳銃を奪われてしまう。

さらに、突き飛ばされて屋上から転落しそうになりビルの縁にしがみつく。

手を離さないと撃つと能見冬馬は時矢に言い時矢は能見の足に手錠をかけて時矢の廃工場の貯水プールに転落した。

気がつくと時矢は病院のベッドで寝ていて、後で新聞の記事を見ると連続殺人犯を逮捕したのは時矢だと言われて動揺する。

その時、同僚の刑事・福知市郎とコンビの内海念也がやってきて時矢は二人のことを覚えていなかった。

内海が新人刑事の佐相智佳を時矢に紹介して時矢は久しぶりと挨拶するが智佳とは初対面だった。

智佳は殺人事件の証拠品を見せてを「UM」という文字が書かれていて犯人が残した物だろうと福知は決めつける。

時矢に智佳の面倒を押しつけて福知は捜査に向かう。

時矢は自分が20年分の記憶が欠落していることを実感して時矢の叔父・生田目守雄に診断してもらう。

解離性健忘だと生田目は診断して記憶喪失になったら刑事は続けられないと時矢に話す。

京都府警捜査一課13係に来た時矢は係長の根本留夫から福知の捜査している事件とは別の事件の捜査をするよう命じる。

時矢と智佳が現場に行き、フリーライターの今宮の撲殺死体を調べる。

犯人は今宮を鈍器で殴った後に鉄棒に有刺鉄線を巻きつけてテープを貼った。

時矢がそのテープの切れ端の匂いを嗅ぐと「同じだ…」と呟き、鑑識の背川葉奈はそれを聞いて時矢刑事が言うなら間違いないと捜査一課に連絡した。

捜査会議が開かれて、智佳が女性府議会議員・椎名蒼と今宮が殺害された事件はつながっていると話すが福知は二つの事件をつなげる証拠はどこにもないと訴える。

時矢は智佳に促されて血文字を書いた紙と粘着テープから同じ匂いがすると根本に話すが、そんな匂いはしないと言われてしまう。

今宮リゾートを訪れた時矢と智佳は社長の今宮隆司と隆司の後妻・鈴代に聞き込みをする。

二人によると、今宮とは絶縁状態で話もしていないと話す。

時矢は鈴代と卯木法律事務所弁護士・卯木仁史ができていると言い出す。

そんななか、容疑者の植田渉が逮捕されて取り調べ室で尋問を受けていた。

時矢が尋問の様子を見ていたが植田は犯人じゃないと智佳に告げる。

智佳はもし本当に二つの事件が繋がっているなら接点を見つけることが重要だと時矢に話す。

二人は今宮の家と椎名が殺害された現場に行き、今宮と椎名が香道に興味があったことを知り接点を見つける。

お香の専門店に来た時矢と智佳は二つの現場に残された文字が源氏香の図だと明らかになり二つの事件が繋がっていたことが判明する。

一方、植田を尋問していた福知は防犯カメラの映像に怪しい男が映っていたのを発見する。

時矢と智佳は香道柳野流の師匠・里中荘六に聞き込みをする。

図形が香りを聞き分ける遊び、“組香(くみこう)”に被害者の今宮と椎名が参加していたことを突き止める。

さらに、組香には今宮隆司と鈴代もいて、鳴島桜子も一緒にいた。

鳴島桜子は高名な小説家である鳴島恭三の妻で、恭三の小説を今宮が持っていたことで彼女も事件に関係しているのではないかと時矢は推測する。

恭三の家に行くと福知と内海にそこにいた。

二人は今宮と恭三の息子・芳孝がバーで言い争っているのを防犯カメラで確認して話を聞きに来ていた。

桜子は芳孝が自分の書いた小説を恭三に燃やされたことで激怒して家出をしたと時矢たちに話す。

時矢は二つの事件が源氏香を使った見立て殺人だと桜子に話すが恭三と自分は殺人事件に関わってないとものすごい剣幕で怒鳴った。

桜子が何か隠してるのではないかと時矢は直感した。

そんななか、隆司はビルの屋上で芳孝と密会して芳孝は隆司をナイフで殺そうとするが抵抗されて急遽ワイヤーを首に巻きつけて首を吊った。

現場を捜査した時矢はライトに源氏香のメッセージがあることに気づきあと二人殺されると確信する。

そんななか、智佳は時矢が記憶喪失だと気づいてしまい刑事になる前に時矢が取り調べをしているのを見る。

時矢は事件の被害者のために真実を追求する姿に憧れて刑事になったが、今の時矢を見て幻滅した。

時矢が記憶喪失であることを報告しようとしたが、時矢はこれ以上被害者を出さないためにも今捜査を投げ出すわけにはいかないと訴える。

13係にいた時矢たちは椎名が産婦人科医だった頃に芳孝をとりあげたとの情報が入りなぜ桜子がそのことを言わなかったのか疑問に思っていた。

そして、桜子が突然失踪して時矢は芳孝と会いに行ったと直感する。

芳孝が実の母親を手にかけようとしていると思い時矢と智佳は神社に向かう。

その時、桜子が階段から転落して重傷を負い神社には源氏香の図が描かれていた。

桜子は緊急搬送されて命はとりとめて、5件目の殺人だけは絶対に防がないとと決意した時矢。

捜査を進めると、芳孝が桜子と隆司の間にできた愛人の子だと判明する。

さらに、事件関係者が源氏物語の登場人物とピッタリ一致することも明らかになる。

椎名が芳孝をとりあげて桜子と隆司の仲を知っていて、最初に芳孝に殺害された第一の被害者。

今宮はフリーライターで芳孝の出生の秘密をネタに芳孝をゆすって殺害された。

隆司を殺害、桜子を殺人未遂をして次に殺されるのは光源氏に該当する恭三だと時矢は推理する。

時矢たちは恭三を保護しようとパーティー会場に行くが恭三は芳孝が連続殺人犯だと知っていて逃げも隠れもしないと宣言した。

源氏香の図がどこかにあるはずと時矢は恭三の本を読み始めた。

桜子が病院から逃げ出し、恭三に電話で助けを求める。

犯人らしき人物が恭三に近づき福知が男を確保したが男は週刊誌の記者に頼まれてカメラで撮影していただけだった。

気がつくと恭三がパーティー会場から抜け出していて、時矢は源氏香の図が殺人を重ねるにつれて大きくなっているのに気づく。

最後の源氏香の図「幻」をどこかで見たことがあると智佳に話すがそれが何の図だったのか思い出せない。

時矢は今までの捜査のビジョンが頭に浮かび、真実への糸口が見えた。

恭三が自宅に戻ると何者かがスタンガンで彼を気絶させる。

時矢と智佳が路地の家に駆けつけると桜子がそこにいた。

彼女はお香を突きつけて時矢たちに火をつけると脅した。

時矢は連続殺人事件の犯人だと気付いていて、第4の殺人の「浮舟」が自殺をしたが実はのちの物語で生き残っていたことを智佳に話す。

最初の3件の殺人は芳孝の犯行だが、芳孝が隆司を殺害した後血塗れの状態で家に帰ってきた。

恭三は傑作を書き上げるために桜子と芳孝の人生を狂わせた。

それに憎悪を抱いた芳孝は恭三に認めてもらうために自分の殺人を小説にして書き上げた。

芳孝が亡くなり桜子は芳孝の意思を継いで復讐を成し遂げようとした。

桜子が恭三とともに命を断とうとしたその時、時矢は彼女を説得する。

芳孝の人生は絶望しかないのかと思うかもしれないが光輝く希望の日もあったと時矢は訴える。

時矢の言葉に桜子は号泣して桜子を救うことに成功する。

後日、生田目から時矢は記憶喪失になったわけじゃなくて別の記憶に邪魔されている状態だと言われる。

時矢はそれでも刑事として失格だと考え智佳の言うようにこれが最初で最後の事件だと刑事の仕事に見切りをつけようとしていた。

自分の部屋に戻ると、20年前に時矢が警官だった頃のノートを見つけて刑事の仕事は被害者のためにどんな証拠も見逃してはならないと書かれていた。

時矢が刑事を辞めると智佳に告げると智佳は記憶喪失のことを報告しないと決めた。

智佳は時矢が記憶喪失だと知っていながら報告を怠った時点で共犯だと時矢に話す。

時矢の情報を隅から隅まで調べている自分が時矢のバックアップデータ、もとい取扱説明書になると時矢に宣言した。

警察署に戻った二人は弁護士の奥畑紀子と遭遇する。

時矢が気さくな感じで奥畑に声をかけると彼女は時矢のネクタイを締め上げる。

刑事の時矢は容疑者を追跡中に貯水プールに落ちて記憶喪失になる。

病室で出会ったのは新人刑事の佐相智佳で、彼女は時矢のことを細かく調べていた。

時矢が捜査した事件は源氏香の図を模した見立て殺人だった。

事件の犯人は芳孝だったが連続殺人の途中で芳孝は亡くなり母の桜子が息子の意志を継いで復讐を成し遂げようとした。

親子の愛情がこんな歪んだ形で結ばれるとは、復讐の連鎖は何も生まない❗️

ラストシーンで出てきた時矢の元妻にはびっくりした(´⊙ω⊙`)

智佳は時矢の取り扱い説明書になるって言ってたのに情報を言うのが遅れたな。

時矢が奥畑にネクタイを締め上げられているシーンが面白かったww

まとめ

ドラマ『刑事ゼロ』第1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

智佳は時矢が記憶喪失だと知っていながら報告を怠った時点で共犯だと時矢に話した。

時矢の情報を隅から隅まで調べている自分が時矢のバックアップデータ、もとい取扱説明書になると時矢に宣言する。

警察署に戻った二人は弁護士の奥畑紀子と遭遇した。

時矢が気さくな感じで奥畑に声をかけると彼女は時矢のネクタイを締め上げる。

智佳が資料を確認すると、なんと時矢と奥畑が元夫婦だったことが判明して驚愕する。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする