朝ドラ『はね駒』92話あらすじネタバレ 源造のことを心配するりん

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第92話のあらすじネタバレと感想をまとめてみた。

りんは小野寺源造の母・いちがいきなり名古屋から上京し戸惑っていた。

なぜなら、連れてきた親戚の娘・すみを、源造と結婚させたいと言いだしたからで…。

朝ドラ『はね駒』第92話のあらすじ

りん(斉藤由貴)は戸惑っていた。

なぜなら、小野寺源造(渡辺謙)の母・いち(山田昌)がいきなり名古屋から上京する。

連れてきた親戚の娘・すみ(杉山綾子)を、源造と結婚させたいと言いだしたからだ。

りんは、せっかくの憧れの新しい家なのに、気になって眠れない。

母・やえ(樹木希林)も心配して弘次郎(小林稔侍)に相談する。

いちは源造に、親の知らない相手との自由結婚は許さないと言いだすが…。

朝ドラ『はね駒』第92話のネタバレ

源造の名古屋の両親が突然上京してきたのは東京見物に来ただけではなく親戚の娘・すみと源造を結婚させるためだった。

茫然としているりんにやえが話しかけて、りんのことを心配した。

すみがりんの部屋にやってきて挨拶をしてりんは苦笑いをする。

一方、源造は結婚相手を勝手に決めないでくれといちに訴える。

すみのことは嫌いではないが結婚する気はない、今はそれどころじゃない。

いちはすみと結婚させることにこだわっていて、源造に好きな人がいることがわかると自由結婚は許さないと激怒した。

その頃、やえは弘次郎に源造とりんを結婚させるのはどうかと聞くが弘次郎は身分が違うと言って怒鳴る。

一人でいるすみのことが心配になり両親は部屋を出て行く。

夜中に源造はりんの寝室に来て俺の気持ちは変わらないからとりんに告げる。

りんもその言葉を聞けて嬉しかった様子で二人はおやすみと言って床についた。

弘次郎が初詣に行くことになり源造も行くことになったが、すみもいちに促されて行くことになる。

すみは源造にひっつきいちは素直ないい子だと呟いている後ろでりんは心配そうに源造を見ているのだったーー。

朝ドラ『はね駒』第92話の感想

いちが名古屋から上京してきたのは見物のためじゃなくすみと源造を結婚させるためだった。

いちは本当に勝手だな、今は自由結婚が当たり前だけどこの時代はお見合い結婚が主流だったのか…。

源造はすみと結婚する気はないとはっきり断ったけど、いちから自由結婚は許さないと言われて何も言えなくなった。

主導権は完全にいちにあるな、源造とりんが結婚してほしいけど。

やえも源造とりんが結婚してくれることを願っていいて、弘次郎に初詣で源造とりんが結婚できるように祈ってきてほしいと頼んだ。

りんの将来を心配するやえ、弘次郎もなんだかんだでりんのことを心配してるんだな(`・ω・´)

源造はいちとの話し合いが終わった後にりんに話しかけて自分の気持ちは変わってないとりんを安心させようとしたがりんは気持ちが落ち着かない。

すみと一緒にいたら不安になるよな….。

まとめ

朝ドラ『はね駒』第92話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

やえはりんのことを心配して弘次郎に相談する。

いちは源造に、親の知らない相手との自由結婚は許さないと言いだす。

第93話では、りんは元日から浮かない気分だった。

初詣に小野寺源造とともに、すみが行ったことが気になっていて…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする