ドラマ『やまとなでしこ』20周年特別編・第一夜ネタバレあらすじ

松嶋菜々子&堤真一主演のドラマ『やまとなでしこ』20周年特別編・第一夜のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

類いまれなる美貌と教養を武器に仕事も完璧にこなすキャビンアテンダントになった桜子。

一見、非の打ちどころのない彼女にも1つだけ大きなトラウマがあった…。

ドラマ『やまとなでしこ』20周年特別編・第一夜のあらすじ

類いまれなる美貌と教養を武器に仕事も完璧にこなすキャビンアテンダントになった桜子(松嶋菜々子)

一見、非の打ちどころのない彼女にも1つだけ大きなトラウマが…。

幼い頃、極度の貧困と闘ってきた桜子には「世の中で1番大切なもの。それは、お金」「恋愛相手も結婚相手もお金持ちでなければならない」「愛よりお金」という哲学が備わっていた。

そんな桜子に、運命の出会いが訪れる。

無理やりキャビンアテンダントとの合コンに誘われた男、中原欧介(堤真一)。

学生時代、女性にフラれ、恋愛恐怖症になった35歳独身。

父を亡くし、母1人で切り盛りしていた魚屋を継ぐため、長年研究していた数学の道を諦めていた。

魚の目利き力はあるが、銭金には疎く、押しも弱い。

そんな欧介が、ひょんなことから桜子の思い込みも手伝い、2人は付き合うことになった。

だが、欧介の正体がバレると一気に冷たくなり、相手にしなくなった桜子。

身分不相応とわかりながらも彼女に強くひかれた欧介は、他の男とは違った角度から彼女を好きになり、桜子の奥に秘められた“何か”を感じていた…。



ドラマ『やまとなでしこ』20周年特別編・第一夜のネタバレ

スチュワーデスの神野桜子は飛行機の機内で運命の人を探していた。

プロ野球選手に狙いを定めて精一杯のサービスをする。

飛行機を降りてからも合コンのセッティングに余念がない。

一方、中原欧介は実家の魚屋「魚春」を母の富士子と切り盛りしていた。

合コンに同僚のスチュワーデスと来ていた桜子は金持ちをターゲットにして次々と男を取っ替え引っ替えしていた。

合コンで出会った東十条をとりあえず本命とする。

しかし、運命の相手かどうか決めかねてもっと凄い大金持ちがいるのではと考えて夜な夜な合コンを繰り返した。

欧介は大学からの親友である佐久間と粕屋に合コンに誘われたがめんどくさいからと言って断る。

合コンのために桜子は気合いを入れてドレスアップした。

母親から合コンに行くように言われて欧介は仕方なく合コンに参加する。

佐久間から医者のふりをするぞと言われて気が引ける欧介。

帰ろうとした欧介は桜子の顔を一目見て昔付き合っていた女性の記憶が蘇る。

桜子は中央競馬会のネクタイピンを欧介がスーツの上着にさしているのを見て欧介にターゲットを絞り欧介をオトそうとする。

タクシーで一緒に帰り欧介は途中でタクシーを降りる。

欧介が豪邸に入っていく姿を見て欧介を金持ちと勘違いして彼と付き合うと決意する桜子。

ある日、桜子は東十条からプロポーズされて慌てて欧介に電話した。

欧介と会う約束をした桜子はオシャレをして欧介との待ち合わせ場所に行く。

デートで欧介にクルーズに乗せてもらえると思った桜子だが漁船に乗せられて不満顔だった。

欧介が釣り好きだと知り桜子は一緒に釣りをする。

真鯛を釣りあげた桜子は欧介と喜びあい、奇跡がこんな近くにあったなんてと呟く。

東十条のプロポーズを電話で断り理由は明かさなかった。

デートの帰りに桜子は婚約者と別れたと欧介に言い欧介は鯛を捌くために家に連れていく。

「お金より心が大事」と欧介が言った時、桜子は「この世で一番嫌いなものは貧乏。女を幸せにしてくれるのはお金だけ」と自分の歪んだ持論を叫んだ。

欧介は桜子から運命の人と言われてキスをしてつい手術が控えていると嘘に嘘を重ねた。

豪邸に欧介を連れてきて桜子に嘘をついたが、その時東十条が桜子に別れた理由をしつこく尋ねる。

桜子は東十条と帰り別れた理由はピンだと言い去っていく。

欧介のことを馬主だと思っている桜子は運命の人は欧介しかいないと同僚たちに話す。

欧介は桜子とデートに行き、東十条がバラの花束を桜子に贈る。

東十条は欧介のことを疑っていて、医大の教授のことを知っているかと尋ねる。

その教授はちょうど酔っていて欧介のことを知っていると適当なことを言った。

その夜に桜子と欧介はゴルフ場に忍び込んでボードに乗る。

桜子が寝ていて慌てて目を覚ますとボートから落ちて二人ともずぶ濡れになる。

桜子と欧介は見つめ合いキスをした。

朝になり欧介と桜子は見つめ合いながら別れる。

家に帰ってきた桜子は東十条からの留守電を聞く。

カフェで東十条と会った桜子は欧介が医者じゃなく魚屋だと告げる。

欧介に騙されてると言っても桜子は欧介のことを信じていて、東十条は目を覚ますなら結婚してもいいと話す。

欧介は「魚春」という魚屋で働いていると東十条は桜子に告げ、桜子は欧介に電話した。

そして、桜子は「魚春」の前を通りがかり魚屋で働く欧介の姿を目の当たりにする。

欧介は何度も言おうとしたけど嫌われるのが怖くてできなかったと桜子に話すが、桜子は嫌いになりましたと一言告げて欧介の前から去っていく。

家に帰ると幼少時代の貧しい日々の記憶が蘇る。

桜子はこの世で一番嫌いなものは貧乏だと桜子は考えていて金持ちの東十条とよりを戻す。

欧介とはきっぱり別れたと桜子は後輩の塩田若葉に話し家に帰ろうとする。

その道中で桜子は合コンで知り合った男に詰め寄られて困っていた。

そんな時に欧介が通りがかり桜子は欧介に近づいて婚約者だと嘘をつく。

欧介の実家に若菜が魚を分けてくれたお礼にワインをプレゼントした。

桜子が欧介をふったことを若菜は怒っていたが欧介は桜子とは住む世界が違うと彼女のことを諦めていた。

東十条との婚約が決まり会食の席で欧介がカニをさばく。

欧介は桜子のストーカーを追い出そうとしたが殴られて、桜子がきた時にはストーカーはいなくなっていた。

とその時、桜子は急に倒れて欧介は彼女を病院に運んだ。

欧介は桜子が心配でずっと桜子の手を握っていた。

夢で、桜子は幼少期の頃を思い出し男の子からいじめられた時に助けてくれた男の人のことを思い出す。

朝になり欧介が手を握っていると東十条が桜子のお見舞いに来て欧介は気を使って病室を出る。

桜子は目を覚まして東十条が朝までずっと手を握ってくれたと勘違いした。

桜子のために東十条は腕時計を贈り桜子は喜ぶ。

うっかり袋を落とした桜子は中に入っていたアンティークのカメレオンを見つけて笑っていた。

欧介はMIT留学時代の友人である岡本寛の結婚式に遅れて出席する。

一方、桜子も同僚のスチュワーデスである安井ゆりが寿退社することになり男選びのために出席した。

その結婚式で偶然桜子と欧介は会い、桜子は不機嫌になる。

女子トイレで不満を言っていると若菜が欧介が桜子を病院に運んで朝まで介抱したと友人と話しているのを耳にする。

欧介は岡本のためにスピーチをして、岡本がゆりと運命的に出会ったことで運命という謎が解けたと感動のスピーチをした。

結婚式が終わって帰る桜子を欧介は見つめていた。

気がつくと欧介は若菜とラブホにいて、居酒屋を何件かハシゴして偶然ラブホに立ち寄ったと若菜から説明される。

その頃、桜子は結婚式で知り合った男とタクシーで帰ったが道で欧介を見かけてタクシーを降り声をかけた。

桜子が病院に運んでずっと介抱してくれたお礼を言おうとしたが若菜とラブホにいたことを知り怒って帰っていく。

欧介が家に帰ると若菜が魚屋の仕事を手伝っていて、欧介はラブホで何かあったのか心配していた。

若菜は残念そうに何もなかったと答えて桜子に事情を説明したと伝える。

一方、桜子は後輩の奥山なみが家に来ていたのでもてなす。

なみに家の環境より男を釣るために洋服にお金を使ったほうがいいと桜子はアドバイスする。

桜子が買い物をしている時に、池の蛍光灯がショートして火花が出た。

欧介が桜子の家に行くとアパートが火事になっていて桜子は自分の服を取りにいこうとしていた。

代わりに欧介が服を持っていこうとして、欧介は桜子と初めて出会った洋服を見つける。

消防士に連れだされて欧介はその洋服だけを大事そうにかかえる。

桜子は佐久間の家に厄介になることになり欧介は一人帰っていった。

佐久間の妻の真理子から欧介の留学時代のことを話す。

桜子によく似ているという留学中に出会った恋人の雪子が無くした両親からもらった万年筆を必死に探した。

その話を聞いた桜子は欧介の優しさに触れ、欧介と出会った時の洋服を着て合コンに繰り出す。

欧介は大学のキャンパスで青空を見上げるのだったーー。

ドラマ『やまとなでしこ』20周年特別編・第一夜の感想

現代女性にとって、清らかさとは何か?美しさとは何か?

主人公の神野桜子は、ある意味で、現代の“やまとなでしこ”といえるでしゃう。

このドラマは松嶋菜々子主演で大ヒットしたロマンティック・ラブコメディーで、本当に大事なものは何かということを今一度問いかけてくれる。

主人公の神野桜子は男の年収にしか興味がなく幸せに必要なのはお金と考える見栄っ張りな女性。

性格的に問題があるけどそれを上回る美貌で男は簡単に騙されるな(`・∀・´)

一方で中原欧介は留学中に出会った恋人の雪子にそっくりな桜子に一目惚れしてつい医者だと嘘をつく。

たしかに嘘をついたのは悪いことだけど、桜子の性格にも問題あるからおあいこじゃないか!

欧介の嘘がバレてからも桜子と欧介はなにかと出会うことになる。

この二人どこか運命を感じない💕

欧介が桜子を助けてくれたり大事なドレスを火事の現場から持ってきたりと桜子は欧介の優しさを実感した少しずつ欧介のことを意識し始める姿がなんとも純粋(●´ω`●)

まとめ

ドラマ『やまとなでしこ』20周年特別編・第一夜のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

欧介が、ひょんなことから桜子の思い込みも手伝い、2人は付き合うことになった。

だが、欧介の正体がバレると一気に冷たくなり、相手にしなくなった桜子。

身分不相応とわかりながらも彼女に強くひかれた欧介。

彼は、他の男とは違った角度から彼女を好きになり、桜子の奥に秘められた“何か”を感じる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする