ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』3話ネタバレあらすじ

木村拓哉主演のドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第3話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

島崎章にかかりつけの整形外科医・笠松多佳子から「危ない仕事」の依頼が舞い込んで…。

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第3話のあらすじ

島崎章(木村拓哉)のもとに、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)から「危ない仕事」の依頼が舞い込んだ。警護対象者は、数々の投資詐欺で甘い汁を吸い尽くしてきた実業家・道岡三郎(豊原功補)。詐欺で儲けた金を政治家にバラまいた疑惑まである“悪党”だった!
 実は道岡、逮捕されるも不起訴で釈放。その直後、恨みを持つ男に襲われてアキレス腱断裂の重傷を負い、多佳子の勤務する病院に極秘入院していた。ところが、入院中にまた襲われでもしたら病院のイメージに傷がつく…と、急に上層部が尻込み。執刀医の多佳子が手術放棄を拒んだため、「退院までしっかりと警護をつけること」を交換条件に、渋々承諾したというのだ。だが、道岡は襲われてもなお、相手を挑発するような男…。警護の脅威レベルが明らかに最高であることから、章と高梨雅也(斎藤工)が辞めた「KICKSガード」を含め、大手警備会社には軒並み断られる有様だった。
 実際、道岡は章と高梨に対しても不遜な態度を取るばかりか、自らの悪事も何食わぬ顔で認め、「いつ殺されてもおかしくない」と豪語。根っからの悪党ぶりを目の当たりにした高梨は、彼を警護することに疑問を感じる。しかし、章は「クライアントを選びたくない」と断言し…!
 そんな中、病院に「道岡を助ける医者は許さない。処刑する」との脅迫状が届く。しかも予告通りに手術直前、病院内で多佳子が何者かに襲撃されてしまったのだ…! 絶体絶命の窮地に立たされる多佳子。章と高梨、さらには病院関係者や防犯カメラの目までもかいくぐり、彼女を襲ったのは一体誰なのか!? 章たちは“見えない敵”を突き止めようとするが、道岡に恨みを持つ者はごまんといて…!?
(出典: 『BG〜身辺警護人〜(2020)』第3話あらすじ)



ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第3話のネタバレ

投資詐欺の疑いで逮捕された道岡が無罪になり釈放された。

車に乗り込んでいるとタクシーが道を塞ぎ、道岡は襲われる。

病院に入院してくる道岡の警護を頼みたいと依頼してきた多佳子。

彼女は道岡が退院するまでの間の警護を章と高梨に頼み高梨は敵を挑発している人の警護はできないと高梨は言う。

不起訴処分になった道岡の警護を章は受けることにして、「KICKガード」にいる沢口は章と高梨のことを心配する。

沢口は章と劉の間に何かあったんじゃないかとまゆに言う。

警護に行こうとした章と高梨の前にまゆが現れて道岡の警護は辞めたほうがいいと警告した。

それでも高梨は自分の意見に従って行動し怒ったまゆはタクシーで帰っていく。

道岡に会いにきた章と高梨は死ぬ気で守れと命令した。

章は天国でも地獄でもお守りしますと道岡に約束した。

病院の特別室で道岡の警護をしていた章と高梨は掃除のおばちゃんから誰を警護をしてるのとしつこく聞かれたが二人は答えなかった。

その背後に花を持った怪しい影が…。

章と高梨は道岡の病室でつきっきりで警護することになる。

その後、病院に脅迫状が届いて担当医である多佳子もターゲットになる。

そんななか、道岡の病室に鈴木という男が現れて彼は衆議院議員の命令で動いて知らぬふりをしろと警告しにきた。

鈴木が道岡に攻撃したとき高梨は思わず反撃したが章が必死に止める。

高梨は悪党でも守るのかと章に問いかけて一度受けた仕事は投げ出したくないだけだと話す。

一方、劉は「KICKガード」の身辺警護課に来てまゆにボディーガード業界を改革するために協力してほしいと頼む。

オペの準備が終わり、多佳子が手術室に向かおうとすると、突然マスクをかぶった怪しい男が現れて彼女を拉致しようとするが、多佳子は逃げる。

多佳子がいないことに嫌な予感を感じた章は多佳子を探しに行く。

多佳子がメスで男に切られようとしているときに章が駆けつけて男はとっさに逃げていく。

章は多佳子の手を取り多佳子は道岡の手術を始める。 

防犯カメラにはマスクの男は映っておらず犯人は内部の者の犯行かと疑う。

高梨は道岡の秘書の小暮が道岡から邪険にされているのを見て多佳子を襲った犯人ではないかと疑う。

ある意味小暮が一番の被害者ではないかと高梨は話す。

章は小暮に話を聞きにいき、道岡のところにはいつからいるのかと尋ねる。

11年前に小暮は道岡のセミナーを聞いて道岡についていこうと決意したと告げる。

そして、沢口が病院にやってきて章にとある資料を見せる。
 
章は高梨から理学療法士の湯川と一緒にいると聞かされる。

それを聞いた章は湯川の姉が道岡の詐欺の被害者でその後自殺をしたと高梨に話す。

湯川は道岡にメスを突き立てて自首をしろと叫ぶ。

そこに別の被害者遺族である掃除のおばちゃんもやってきて湯川と手を組んで道岡を殺そうとしたのだ。

章は道岡がわざと挑発して死にたがっていることに気づく。

病院の屋上に小暮が現れて道岡が一番欲しがっていた投資詐欺の証拠を持ってきた。

道岡は警察に自首をするために小暮に証拠を持ってこさせて章に警察署まで同行するように命じる。

車に乗せた章は多佳子からいつでも怪我を治してあげると言われる。

車に乗っている途中に劉が議員と手を組んで襲撃事件をでっち上げた時に刺客役をした男が章たちのことを監視していた。

道岡は再出頭して再逮捕され、沢口は一安心した。

そんななか、まゆは劉の話を受けて劉は喜ぶ。

ビルの屋上で劉は章と対面する。

章は劉が男に命じて監視させていると思っていて、これ以上ボディーガードの命を弄ぶような真似はやめろと叫ぶのだったーー。

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第3話の感想

今回の任務は投資詐欺の疑いで逮捕されて不起訴処分になった道岡を警護する。

人から金を騙しとる悪党だけど、それでもほっとけないのが章だな。

お人好しなのはいいけど、それで命を落としたら元も子もない…。

高橋は案の定反対してたけど章は悪党でも守るのが務めだと信念を持って警護をする。

多佳子を襲った犯人は一体誰だ!

やっぱり犯人は小暮なのかな?

犯人は被害者遺族の湯川と同じく被害者遺族の住野だった。

被害者遺族に狙われていたか、章は道岡の真意を知って彼を説得したシーンが印象に残った(*´ー`*)

劉の企みがまだなんなのかわからないけど章は目の前の人をこれからも助けていくな。

まとめ

ドラマ『BG〜身辺警護人〜(2020)』第3話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

章と高梨、さらには病院関係者や防犯カメラの目までもかいくぐる。

章たちは“見えない敵”を突き止めようとする。

だが、道岡に恨みを持つ者はごまんといるのだった。

多佳子を襲撃した犯人は被害者遺族の湯川と同じく被害者遺族の住野。

道岡が自首して事件は解決かな。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎