ドラマ『SPEC スペック』6話ネタバレあらすじ 病を処方する能力者は?

戸田恵梨香&加瀬亮主演のドラマ『SPEC スペック』第6話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

瀬文が慕っていた里中が何者かに銃撃されて命を絶ってしまう。

公安の現役潜入捜査官だった里中の死は、出張先の南アフリカで火災に遭遇して焼死したと妻の小百合に告げられて….。

ドラマ『SPEC スペック』第6話のあらすじ

瀬文(加瀬亮)が慕っていた里中(大森南朋)が何者かに銃撃されて命を絶ってしまった。

公安の現役潜入捜査官だった里中の死は、出張先の南アフリカで火災に遭遇して焼死したと妻の小百合(西原亜希)に告げられた。

当麻(戸田恵梨香)は国家ぐるみの嘘に憤ってそこまでして守るべきものは何なのかと悩んだ。

だが、そんな当麻に野々村(竜雷太)は「真実に向かってひた走れ」と刑事魂を見せる。

里中の初七日の日に当麻と瀬文は小百合から「夫の死が、腑に落ちない」と相談を持ち掛けられた。

出張の前日に里中の本棚や荷物が整理されていたのが気になるのだというが、瀬文は事故だと言い切った。

しかし、小百合の言葉が気になる当麻は、里中の部屋を調べることになった。

すると、その部屋が何者かによって片付けられた事が判明する。

そして、里中に何かしらの証拠やメッセージを残されると困る集団の存在を感じていた当麻。

里中が命をかけてまで遺そうとしたものとは何なのかーー!?

ドラマ『SPEC スペック』第6話のネタバレ

当麻、瀬文、野々村は里中の葬儀に参列して当麻は帰りに梨花に話しかける。

梨花を守る大事が仕事が残っていたが、当麻は国家ぐるみで嘘をついてまで守りたいものが何かわからなくなっていた。

野々村はそんな当麻に我々刑事は魑魅魍魎どもがひた隠しにしてきたものを白日のもとに晒すのがミショウの役目だと話す。

心臓の息の根が止まるまで真実に向かってひた走るのが刑事の務めだと野々村は当麻と瀬文に諭す。

里中の初七日を終えたある日、瀬文と当麻は里中の家に来ていた。

小百合は当麻たちに里中の死に関して腑に落ちない点があると告げる。

里中が出張に行く前に本棚の本を整理していたのに気づきまるで何かを覚悟していたのではないかと小百合は当麻と瀬文に話す。

当麻は本当のことを言おうとしたが瀬文は出張先の南アフリカで火災に巻き込まれたのだと小百合に嘘をつく。

梨花が熱を出したというので家を出ると当麻は里中が残した証拠やメッセージがここにあると瀬文に言う。

本棚にあった本は何者かによって新しい物にすり替えられていて里中にメッセージを遺されたくない何者かがこの家に来た証拠だと当麻は瀬文に語る。

里中が遺した証拠は小百合の荷物の中にあると考えた当麻は瀬文を連れて梨花の病室を訪れた。

当麻は小百合の財布の中から里中の図書カードを見つけて里中の借りた本の中に証拠があると推理した。

図書館に来た当麻と瀬文は里中の借りた本を見つけてその本の表紙にSDカードが隠されていた。

早速当麻が中に入っていたデータを見るとその中にスペックホルダーのリストがあった。

当麻たちがこれまでに遭遇したスペックホルダーもそのリストに該当していた。

リストの中に病を治す能力を持つスペックホルダーがいて瀬文は前に海野が言っていた”神の手”を持つ男の話を聞いたのを思い出す。

喫茶店で瀬文は海野に会い謎の病死を遂げた公安5人のカルテを見せられる。

それを見ると病死は間違いないが明らかに病を処方する能力を持つスペックホルダーの仕業だろうと海野は考えた。

海野の医学部時代の同級生・織田に病を処方する医師がいたことを聞く瀬文。

数々の問題を起こして「病を処方するのでは?」と噂されていたほど評判の悪い医者だと瀬文は織田から聞かされる。

一方、当麻は地居からの電話に出て美鈴が当麻に話がしたいと言ってきたと伝える。

海野の部屋に来た瀬文は神の手を持つ男の話が本当か尋ねる。

海野は中学時代の話をして、自転車事故を起こして右手の掌を切断したことを瀬文に話す。

ピアニストに憧れていて手に怪我をして落ち込んでいた時に男に突然鼻に指を突っ込まれていつの間にか手の怪我が治っていた。

瀬文は病を処方する能力を持つ宮崎洋介を探しにいき、海野はメールを見て不気味な笑みを見せる。

地居が美鈴をミショウに連れてきて当麻は美鈴に志村が植物状態になったのは瀬文のせいじゃなく真犯人がいると告げた。

その真犯人を必ず捕まえて真実を話すと当麻は美鈴に約束し、美鈴は海野から神の手を持つ男の話を聞いたことを当麻に話す。

美鈴は里中が遺したSDカードに触れてあるビジョンが頭に浮かびミショウを出ていく。

その頃、瀬文は宮崎が働いていた病院を訪ねて宮崎の自宅を突き止める。

宮崎が住むマンションに来て宮崎の部屋に来た瀬文だが部屋はもぬけの殻だった。

隣の部屋の住人に話を聞くと数週間前に飛び降り自殺をしたとのことだった。

ミショウに帰った瀬文は手がかりが無くなって落ち込んでいた。

そんな瀬文に当麻は上層部も真実をもみ消すのに必死だが必ず浮かび上がる真実もあると告げ瀬文を励ます。

野々村から梨花の執刀医が海野だと聞き瀬文は驚く。

海野はジェニファー氏病の世界的権威だがジェニファー氏病やソンガンホ病などの難病をいくつも治している。

それは、海野が病を処方してその度に海野が治していたからだと当麻は気づく。

瀬文と当麻は梨花が危ないと察知し警察病院に向かう。

病院には美鈴が来ていて海野が病を処方する能力を持つことに気付いていた。

志村に触った時に海野の顔が浮かび海野が志村が植物状態になったことと関わっているのではないかと美鈴は海野に問いかける。

すると突然、海野は美鈴をロッカーに押さえつけて額をつけて病を処方しようとする。

その時、当麻と瀬文が駆けつけて瀬文が海野に銃を向ける。

証拠がないと自分を捕まえることはできないと海野は挑戦的に当麻たちに告げた。

瀬文はマッドサイエンティストである海野に梨花を近づかせたくないと思ったが、海野がいなければ梨花を助けられないと考え最終的に海野にオペを任せる。

「梨花ちゃんがもし死んだら、お前の命はないからな!」と瀬文は海野に忠告し海野はオペに向かう。

梨花の手術が終わり海野は手術が終わると即座に瀬文たちから逃げていた。

そして、美鈴の携帯に海野は電話をかけ、瀬文と電話で話をする。

瀬文は海野の携帯番号から位置を特定しようと病院を出ていき、当麻はなぜ人に病を処方するのか尋ねる。

本当は人を助ける能力を持ちたかったと海野は話し、神は残酷だと呟く。

そして、海野の後ろに黒スーツの男たちが囲み海野は「ただでは殺されないぞ、君たちをもっとも苦しい病の中に取り込んでやる」と言い残し電話を切った。

梨花は助かり当麻に感謝を伝えて当麻も喜んだ。

「あなたも本当は向こう側の人間なんでしょ、嘘をついても無駄よ」「私には見えるの、触ればね」と言って美鈴は当麻の肩を掴む。

すると、美鈴の頭の中にあるビジョンが浮かぶのだったーー!?

ドラマ『SPEC スペック』第6話の感想

里中の娘の梨花を助けるために病を処方するスペックを持つ人物を探す瀬文と当麻。

病を処方する能力を持つのは海野だと明らかになり瀬文は梨花を必ず助けるように告げる。

里中のために梨花を守ろうとする瀬文がカッコいい。

海野の魂の訴えで本当は病を治す能力が欲しかったと当麻に話す。

スペックホルダーは自分の望む能力を手に入れた者ばかりじゃなくて大抵は呪いのように本人を苦しめることがあると海野を見てひしひしと感じた。

当麻もスペックホルダーをずっと追ってきて海野の気持ちが少しはわかると思うけど…..。

まとめ

ドラマ『SPEC スペック』第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

梨花は海野によって助けられて当麻に感謝を伝えて当麻も喜ぶ。

「あなたも本当は向こう側の人間なんでしょ、嘘をついても無駄よ」「私には見えるの、触ればね」と言って美鈴は当麻の肩を掴んだ。

すると、美鈴の頭の中にあるビジョンが浮かぶ。

第7話では、瀬文の元部下である志村は、長い間植物状態が続いており、警察病院からついに強制尊厳死を宣告されてしまう…..。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする