土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』第2話あらすじ&感想

はじめに

『おっさんずラブ-in the sky-』第2話では、春田は四宮が自分の絵をたくさん書いてることがわかり春田は四宮は自分のことが好きなのかと悩みます。

そして、黒澤機長も春田のことが好きなのかと自問自答して最後には衝撃的な展開を迎えます!

前回(第1話)のあらすじ

春田は出勤初日に遅刻しそうになっていて、春田は空港に向けて走っていたところ、おばあちゃんがゆっくり歩いていて春田は思わずおばあちゃんに駆け寄った。

春田の職業はパイロットではなくCAで半年前に会社をリストラされて航空会社の中途採用試験を受けて厳しい訓練をくぐり抜けて晴れてCAになれた。

春田は機長とぶつかり機長は春田に笑顔を向けて春田は「キャプテン、カッコいいな!」と機長に憧れの視線を向けた。

機長は黒澤武蔵でこれから春田の上司になる人物だ。

春田は男性の乗客にトイレまで引っ張られて婚約指輪を便器に落としたと春田に言い、春田は覚悟を決めて便器の奥に手を突っ込んだ。

春田はCAのブリーフィングに遅れて機長に怒られて副操縦士の成瀬竜も遅刻した春田に怪訝な顔をしていた。

春田は謝り客室乗務員の十文字美冴が出発前のブリーフィングがどれだけ大事かを話してCAの根古遥はブリーフィングではクルーの健康状態などお客様を快適に空の旅に連れていくため、安全を守るための保安要員でもあると機長は話した。

成瀬は初日から遅刻してくるCAをクルーの一員として認めるわけにはいかないと春田に言い春田は置いてけぼりになった。

整備士の四宮要は春田と寮が隣同士で春田は四宮に泣きついてそこに道端がきて春田に挨拶して道端は自分のことを”ミッチー”と呼んでくださいと言って春田は早速ミッチーと呼んだ。

春田はディスパッチャーの烏丸孫三郎に呼ばれてCAになったらモテると思ったんでしょうと冗談を言い、ディスパッチャーとはソラの情報をいち早くディスパッチするといういわば「地上のパイロット」で烏丸は嬉しそうに自分の仕事を春田に説明した。

烏丸は倉庫にある中の資料を新しいのが届くから一旦出しておいてと頼まれて春田は倉庫を開けると書類の中から春田の絵がたくさんあった。

春田は誰かが俺のことを見ていると絵を描いた人を探すが心当たりがない。

春田は空港中を見渡すが見つからず、春田は広報部員の橘緋夏と会い初日から遅刻した話をした。

緋夏が春田にCAの仕事を紹介していて、春田はスポーツシューズを作っている会社に前勤めていて春田は年配の職人さんの代わりに春田が自分からやめた。

緋夏は自分の航空会社で働かないかと誘い春田は無事にCAになることができた。

緋夏ははるちゃんと呼び春田はまんざらでもない顔をした。

緋夏と別れた後、先ほど婚約指輪をトイレに落とした乗客が空港の椅子に座っていて乗客はある女性にプロポーズをしようとしているが勇気が出ないと春田に話して春田は乗客を励ましていた。

機長と成瀬がフライトから戻ってきて、四宮がフラップの点検でフライトが遅れてしまったことを謝った。

成瀬は雑な仕事をする人間は許せないと四宮に言い去っていった。

機長は春田にもう遅刻はしないようにと春田を励まして機長は去っていき春田は機長が落としたと思われるデッサン用のペンを見つけた。

もしかして自分の絵は機長が描いたのか?春田は首を振りディスパッチャーの烏丸はフライト直前にキャンセルする乗客がいることを春田に話してその乗客はプロポーズできる勇気がなくてフライトをキャンセルしたあの乗客だった。

春田は空港の外に出て、成瀬が女性と話している現場を目撃して何やら別れ話をしているところで春田が落としものを取ろうとしているところを見つかり成瀬は春田を女性の前まで引っ張っていき突然春田にキスをした。

女性は春田の持っていたコーヒーを春田にぶっかけて春田は「いろいろとおーい!」と成瀬に叫んで、それを影で見ていた機長が驚きの視線を向けていた。

機長の黒澤は激しく動揺して仕事も手につかない。

春田はレストランで女性CAと歓迎会をして春田は誰かが描いた絵をCAたちに見せる。

女性たちはこの絵を描いた人は春田のことが好きだと一時は盛り上がったがすぐに話題をすり替えられた。

春田は機長が自分のことが好きなのかと悩んでいたが春田は必死に否定する。

四宮と緋夏は春田が初日に遅刻したことを話していて二人は春田を見守ることを決めていた。

機長は空港のオフィスで春田が寝ているのと見て機長は頭を撫でようとするが春田が起きて機長は必死に誤魔化した。

機長と春田は外に出て春田は機長を見習ってグレートCAになれるように頑張ると機長に話して春田は機長が中途採用試験の時に話していた機長の言葉の「パイロットの仕事で大事なのはチームワーク」と言っていたのが春田の胸に刺さった。

機長はパイロットに大事なことを話していたが春田は機長の肩で寝てしまい、機長は心の中で春田への思いを叫び、春田が起きて機長は正気を取り戻した。

春田は「月がきれいですね」と機長に言い二人は別れた。

春田は寮に戻り成瀬を入り口で見つけて今日のキスはどういうことかと聞いたが成瀬は「意味なんかないですよ」と言って去っていった。

春田は四宮の部屋に行き、春田は四宮と食事をして春田は成瀬とキスをした話をした。

春田は僕とキスできますか?と四宮に聞き四宮は冗談交じりにできるよと春田に言い春田は笑っていた。

春田は緋夏に電話して目覚ましを5個かけた話をして盛り上がっていて電話が終わると緋夏は月を見て喜んでいた。

春田は朝に目覚ましが鳴らずにまた遅刻をして春田はまた直前にフライトをキャンセルをした乗客がいると話していて春田はその乗客と話してくると言って出て行った。

春田は乗客を見つけて春田は乗客を勇気付けるために手作りのお守りを乗客に見せた。

春田はチームだから飛べるんだと一人じゃないんだと乗客を勇気付けて春田のお守りには「大・大・大」と縫ってあったが春田は「大丈夫!」と塗ってあると乗客に言って春田は乗客に「大丈夫!」と応援して乗客は飛行機に乗った。

機長は烏丸に「月がきれいですね」とどこかで聞いたようなセリフだと烏丸に話したら烏丸は夏目漱石が英語の「I LOVE YOU」を「月がきれいですね」と訳したと聞き黒澤機長は「オーマイガー!」と叫んだ。

一方の春田は空港の屋上で乗客のプロポーズを受けて新婚旅行に行ったという内容の手紙を嬉しそうに読んでいた時に成瀬が男女のカップルと何やらもめていた。

成瀬はカップルの男の方と付き合っていたようで成瀬は春田を二人の前に連れていき春田と付き合っているかのように話して男は「この泥棒猫!」と叫び春田にコーヒーを浴びせてビンタをした。

一緒にいた女性もビンタをして帰っていき、春田は訳が分からずに困惑していた。

春田は成瀬が付き合っていたのは女性ではなく男と付き合っていたとようやく気づき成瀬は春田を屋上のフェンスに追いやりネクタイを掴んで、「今の喋ったら殺すぞ」と言い放ちそこに四宮が現れて四宮は成瀬をぶつかった。

そして、四宮の持っていたスケッチブックに挟まっていた春田の絵が風で飛ばされて宙を舞い春田は絵を描いたのは四宮だとわかった。

四宮は春田にバレてしまった絶望感から叫び、それを影で見ていた黒澤機長が「恋の乱気流が発生中!」と心の中で叫び激しく身悶えた。

土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』第2話あらすじ

春田はミーティング中に屋上のことが気になり会議に集中できなかった。

四宮は春田のことが気になりずっと春田を目配せしていた。

黒澤武蔵機長は天空ピーチ空港に勤める機長だが春田のことが気になっていてロッカーに頭を叩きつけても春田のことが頭から離れない。

もしかして自分は春田のことが好きなのかと悩んでいたら春田とぶつかって春田に抱きかかえられた。

黒澤は興奮して春田のことが好きになった。

春田は元彼を諦めさせるために自分を巻き込むのはやめてほしいと成瀬に言ったら成瀬は「誰とでもキスしますよ」と言って去っていった。

春田は寮に帰り四宮に屋上でのデッサンのことを聞こうとするが自分から聞くのもはばかられた。

四宮は他の会社の人のデッサンも春田に見せて春田は四宮はよく一緒にいるから自分の絵が多いのかと解釈して四宮はホッとした。

春田が会社に行くと緋夏から寝る勢野パワハラがひどいというメールが会社に送られてきてそこには春田の名前と写真もあった。

春田は完全に貰い事故だと緋夏に背て説明してあるCAが成瀬にパワハラを受けたと言って会社にパワハラのことを報告して黒澤は成瀬を呼びつけて事情を聞くが成瀬は自分とは関係ないというだけだった。

成瀬はプライベートなことなんでというと春田とキスしてたじゃんと心で叫んでいた。

黒澤は春田も呼び成瀬とは最近どうなのかを聞いたが春田は成瀬のことは心配だから自分なりに考えると言って帰って行き黒澤は春田を寂しい眼差しで見つめていた。

成瀬は整備士やCAにきつく当たっていて成瀬は孤立していた。

春田は成瀬と会い成瀬がそういう性格だから敵を作りやすいんだと成瀬に言うが人の領域に土足で上がってくる人が一番嫌いだと言われ春田は成瀬のことが余計に心配になった。

緋夏と四宮は成瀬のことに巻き込まれた春田のことを心配して四宮は春田のことを密かに思っていた。

成瀬は四宮の部屋を訪れていて彼は四宮に春田のことが好きなんですかと聞いたら四宮はシラを切る。

そこに春田が帰ってきて成瀬はそこらへんの整備士より飛行機の中身に詳しいと四宮も成瀬の腕を認めていた。

ある日、成瀬は内部調査が終わるまで成瀬はフライトから外されていると聞き成瀬は懲戒委員に呼ばれてパワハラに関して質問を受けていた。

春田は成瀬にパワハラを受けたと言うCAの有栖川に事情を聞くと結局悪いのは失敗した有栖川だときづき、一方の成瀬は懲戒委員に質問されているところに四宮が入ってきて成瀬が助言してことによって飛行機の揺れも少なくなり安全なフライトになったと委員の人に話した。

そして、春田が有栖川と一緒に入ってきて有栖川は自分が悪かったと言って成瀬に謝った。

春田も成瀬は誤解されやすい性格で成瀬は職人みたいなやつだと委員の人に話して黒澤も成瀬にパイロットは人と向き合う仕事で人とぶつかって信頼を気づくことがいいパイロットになる条件だと成瀬に語った。

春田は懲戒委員の帰りの成瀬に話しかけて春田は「ありがとうは?」と成瀬に言ったが成瀬は恥ずかしいからか突然走り出した。

四宮は黒澤に空港の屋上に呼ばれて黒澤は春田の絵を描いているのは春田が好きだからだろうと四宮に問いただす。

四宮は今の関係以上の関係は望んでいないと黒澤に言って黒澤はじゃあ告白しちゃうよと四宮に宣言した。

黒澤は春田のロッカーに手紙を残して春田は手紙に書いてあった場所に行き黒澤は春田に告白した。

春田は黒澤の言った言葉が聞こえず両手で輪を作りそれが黒澤はOKだと勘違いして喜びの鐘を鳴らした。

春田は状況が飲み込めず、春田は緋夏と歩いていると春田の頭に野球のボールが当たった。

春田は怪我の手当てのために緋夏の家を訪れて緋夏が春田の額に絆創膏を貼っていると二人はいい雰囲気になり春田と緋夏はキスをしようとするが突然黒澤が部屋の襖を開けて春田はびっくりした。

黒澤も春田がいることに気づき驚いて緋夏は黒澤は自分のお父さんだと説明した。

黒澤は自分の好きな人が自分の娘と一緒にいると言う事実に黒澤の心は揺れていて、黒澤は心のシートベルトを締めた。

感想

僕は春田が空港会社で働く機長や整備士の四宮から好意抱かれて春田はなぜか男たちからモテモテです。

ボーイズラブな展開はこれまでのドラマではあまりなくて新鮮で、ハラハラドキドキしながらドラマを見ていました。

春田は黒澤機長に告白されて春田はなんだかわからない間にOKの返事をしたみたいで春田は状況が飲み込めず恋の乱気流に見事に乗ってしまいます。

この男たちの恋の行方はこれからどうなっていくのでしょうか。

次回を期待して待ちたいと思います!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『おっさんずラブ-in the sky-』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎