ドラマ『探偵 由利麟太郎』3話ネタバレあらすじ 殺しのピンヒール

吉川晃司主演のドラマ『探偵 由利麟太郎』第3話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

仮装パーティーに出演したモデルの名越優美は、出番を終えて戻ってきたVIPブースで、サンプルと思われる香水の美しい小瓶を持ったピエロに遭遇した。

思わず手に取った優美だが、モデル仲間の白川珠喜にその小瓶を取り上げられてしまい…。

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第3話のあらすじ

仮装パーティーに出演したモデルの名越優美(村川絵梨)は、出番を終えて戻ってきたVIPブースで、サンプルと思われる香水の美しい小瓶を持ったピエロに遭遇。

思わず手に取った優美だが、モデル仲間の白川珠喜(島居香奈)にその小瓶を取り上げられてしまう。

その直後、優美に代わって香水を浴びた珠喜は突然、けいれんを起こし、倒れてしまう。

優美が慌てて助けを呼びに行くと、すれ違うようにやってきたのは俊助(志尊淳)。

出版社の編集担当・山岸(木本武宏)に誘われパーティーに参加していた俊助は、偶然にも珠喜が履いていたピンヒールを拾い、持ち主を探していたのだ。

そして、行きついたVIPブースで眼から血を流して死んでいる珠喜を発見。

俊助は殺人容疑で逮捕されてしまう。

一方、店の裏口では、モデル仲間・川瀬文乃(阿部純子)が、踊りながら歩き去るピエロを目撃していた――。

帰宅した優美は、パーティーで起きた惨劇を料理研究家志望の夫・恭介(浅利陽介)に話す。

恭介はショックで打ちひしがれている妻をなぐさめようとするが、優美はうんざりした様子で恭介にきつい言葉を浴びせる。

翌朝、等々力(田辺誠一)から俊助逮捕の知らせを受けた由利(吉川晃司)は、早速、珠喜を毒殺した真犯人を捕まえるべく殺人現場へ。

「久しぶりのタッグだ」とどこかうれし気な等々力とともに、犯人が残した痕跡を追っていく。

一方、ピエロの目撃者である文乃の家には何者かが忍び寄っていて……。

また、留置場の俊助は由利との出会いを思い出し、今回の事件を整理していた。

そして由利は、壊れた懐中時計を見ながらある過去の事件を思い出していた。

それは警視庁捜査一課長を由利が退職する原因となった事件で…。

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第3話のネタバレ

俊助は出版社である手紙を見つけて中身を読んだ。

森の中で由利は割れた懐中時計を眺めていた。

パーティーに編集者の山岸とやってきた俊助はここでネタを仕込んで傑作を書けと言いつけられる。

モデルの名越優美のモデル仲間の川瀬文乃は社長に反抗してピンヒールを履かずにランウェイを歩く。

白川珠喜が香水を浴びた途端倒れて手からピンヒールが落ちた。

それを俊助がキャッチして届けようとして珠喜に触った時、彼女は目から血を流して倒れる。

彼女は死んでいてそばにいた俊助が疑われて逮捕されてしまう。

ピエロが愉快に歩きながら現場を去り、優美は珠喜が殺されて動揺していた。

文乃も自分のマグカップをゴミ箱に捨てて暗い顔を見せる。

由利は等々力から俊助が殺人の疑いで逮捕されたと報告される。

留置所にやってきた由利は俊助から事件の概要を聞く。

珠喜の遺体を確認すると毒が入れられていたのが香水だと知る由利。

現場検証に来た由利は珠喜と同じピンヒールを履いた人物が二人いることに気づき足跡を追跡した。

文乃の足跡をたどり犯人がパーティー会場の裏口で踊ったと由利は等々力に話す。

自分の部屋にいた文乃は不審な物音に気づいて窓の方へ歩いていき、その隙にピエロが加湿器に毒を混入させた。

文乃の前にガスマスクをつけたピエロが現れて文乃は恐怖で逃げ惑いやがて息絶えた。

由利と等々力は蕎麦屋に行って俊助の存在意義について話していた。

留置所の中で俊助は由利と初めて会った日のことを思い出す。

大事なのは観察だと由利はその時に俊助に教えていた。

一方、優美の夫・名越恭介が家に帰ると優美の口座から勝手にお金を引き出したことを優美が怒っていた。

恭介は料理研究家志望だがなかなか芽が出ずに悩んでいた。

由利と等々力は優美と恭介の家に聞き込みに来た。

そこで由利は警視庁捜査一課長を退職する原因となった事件のことを思い出す。

白いドレスを着た女性を助けようとしたが手を掴むことができず彼女は海に落ち、懐中時計は地面に落ちて割れてしまう。

俊助に面会に来た由利はパーティー会場にピエロがいたと聞きそいつが犯人かもしれないと呟きながら帰る。

優美と恭介の家に来た由利と等々力はピエロがピンヒールを盗んでいったと聞く。

社長の鮎沢のもとに来た由利と等々力は優美と鮎沢が特別な関係じゃないかと疑う。

文乃の自宅に来た由利はガレージでピエロと遭遇して戦闘になる。

ピエロは逃げ出し、由利と等々力は文乃の遺体を発見する。

犯人のピエロは現場に戻ってきてまで文乃にピンヒールを履かせようとしたと由利は等々力に言う。

おそらく文乃がピエロを目撃したから殺されたのだろうと由利は推理する。

由利はピエロの正体が恭介だと気づき、名越家にあったピンヒールがパーティー会場に運ばれてピンヒールの裏にローズマリーの痕跡があった。

一方、留置所にいた俊助は恭介が殺人を犯した動機に気がつき由利の集めた証拠によって釈放された。

そんななか、恭介は優美の前で本性を現して鮎沢と身体の関係を持った証拠である映像を見せる。

恭介は激怒して優美を殺そうとする。

優美が間違って毒入りの香水を珠喜に渡してしまい誤って殺害され、文乃を殺したのは正体を気づかれそうになったから。

名越家にやってきた由利はピンヒールキラーが動き出したと等々力に告げる。

警察が鮎沢の会社に向かうと鮎沢はすでに恭介に殺害されていた。

由利はサトウキビから毒物を入手して文乃と珠喜を殺害した。

縛られた優美は恭平に殺されそうになり必死に逃げたが恭平に捕まってしまう。

万事休す、と思われたその時由利が現れて恭介を倒す。

俊助は殺されそうになったのは不倫の代償だと優美に告げ、由利はピンヒールは優美にとって成功の対象だったからそのまま恭平にとって恐怖の対象になったと語る。

恭平が逃げようとした時、等々力が恭平を倒して逮捕した。

恭平が妻を殺害しようとしたのを見て等々力は由利の過去について少し話す。

由利は妻を失った過去があったがそれ以上は謎に包まれていて由利本人もそれ以上は語らなかったーー。

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第3話の感想

由利は殺人というあらぬ罪をかけられた俊助のため珠喜を殺害した真犯人を突き止めようとする。

足跡を辿って犯人が踊っていたことを知る。

犯人はピンヒールに異常なこだわりがあることがわかった。

殺人ピエロの正体は恭平で、恭平にとって優美の成功の証だったピンヒールはコンプレックスの塊で息ができないほどだった。

物に執着する気持ちはわからんではないがここまでではないな,,,。

いくら不倫されたとはいえ、妻を殺そうとするとは許すまじ( *`ω´)

由利の過去が少しだけ垣間見えて妻の死が警察を辞めるきっかけになったんだね。

まとめ

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第3話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

逮捕されて留置場にいる俊助は由利との出会いを思い出し、今回の事件を整理する。

そして由利は、壊れた懐中時計を見ながらある過去の事件を思い出す。

それは警視庁捜査一課長を由利が退職する原因となった事件が関係していた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする