ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編8話ネタバレあらすじ 完結編!

大野智主演のドラマ『鍵のかかった部屋』特別編・第8話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

榎本径は、青砥純子、芹沢豪と共に、芹沢が顧問弁護を務める介護サービス会社「ベイリーフ」にやってきた。

「ベイリーフ」の社長室や役員室が入る会社最上階のセキュリティー強化を依頼されたが…。

ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編・第8話のあらすじ

榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)、芹沢豪(佐藤浩市)と共に、芹沢が顧問弁護を務める介護サービス会社「ベイリーフ」にやってくる。

同社の社長室や役員室が入る会社最上階のセキュリティー強化を依頼された。

社内を調査した榎本は、社長の穎原昭造(佐々木勝彦)らに必要なシステムを説明、後日、工事が行われることになった。

ところが数日後、榎本が工事にやってくると、穎原が社長室で死んでいた。 

連絡を受け駆けつけた純子と芹沢に、穎原の甥で副社長の穎原雅樹(鈴木一真)は、穎原の死因が頭部打撲による脳出血であること、社長室が密室だったことを明かす。

刑事の萬田(丸山智己)は、社長室に唯一、入出可能だったという理由で専務の久永(中丸新将)を警察署に連行した。

だが、久永が犯行を否認したため、芹沢は榎本に事件の調査を依頼する。

榎本が検証を続ける間、純子と芹沢も事件について考察を重ねた。

そんな2人を、ボロボロのスニーカーを履いた男が付け狙っていた。

やがて、何かに気づいた榎本が、雅樹らにその事実について説明を始めたとき、刑事の鴻野(宇梶剛士)が入ってきた。

さらに、窓の外には、掃除用のゴンドラに乗った清掃会社スタッフの佐藤学(玉木宏)が現れる。

上昇するゴンドラから一瞬見えた学は、あのボロボロのスニーカーを履いていた。

榎本と佐藤の視線が交錯、この後、榎本は窮地を迎えることになり…。

ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編・第8話のネタバレ

純子は渋谷のビルメンテナンスの会社に行って佐藤のことを調べるが社員ともあまり交流はなく人間性はわからない。

社員旅行の写真にも写らず純子は写真を詳しく調べる。

佐藤がわざと顔を写らないようにしてるのだと純子は言い素性がバラされたくないことでもあるのかと推理する。

鴻野の前に現れた芹沢は佐藤の身元を調べようとしていた。

最新鋭の警備システムを突破された事件が発生し、監視カメラに榎本が映っていたと鴻野は芹沢に話す。

純子は佐藤の故郷に来て佐藤を知っている人物がいないか聞き込みをした。

佐藤と幼なじみだった女性と会い佐藤の顔を確認すると、別人だと判明し佐藤になりすました人物は椎名章だった。

椎名の両親は闇金から借金をして両親とも亡くなり闇金のヤクザから追われることになった。

椎名は佐藤になりすますために住民票を手に入れて免許証も手に入れた。

ヤクザに追われている時に椎名はヤクザをナイフで刺して逃亡した。

佐藤の正体は分かったが結局椎名がどうやって社長の穎原を殺害したのかわからなかった。

とその時、秘書がテーブルにコーヒーをこぼしたのを見て椎名がどうやって穎原を殺害したのか見えた。

芹沢が自分の推理を榎本に話すと榎本は正解ですと言い芹沢は初めて推理が正しいとわかり大喜びした。

社長室に来た芹沢は推理を話し、犯人が介護用ロボットを使って穎原が寝かされているカウチごと持ち上げる。

カウチを斜めに傾ければ穎原の頭は床に打ちつけられると話す。

だが、アームの奥行き70cm以上のものは持ち上げられないと知り芹沢はショックを受ける。

榎本は社長室にやってきて穎原が介護用ロボットを部屋に置いたのは戸棚を持ち上げるためだと話す。

穎原にとって介護用ロボットはフォークリフトの代用品に過ぎず、戸棚の底が隠し扉になっていて犯人によって6億円相当の宝石が盗まれていた。

榎本は窓ガラスの立て付けが悪いことに気がつき榎本は「密室は破れました」と芹沢たちに話す。

明日お話しますと榎本に言われて芹沢と純子は榎本からの連絡を待った。

榎本は仕事中の椎名の前に現れて密室の解明にここまでてこずったのは初めてだと話す。

推理を話しはじめた榎本…。

榎本は椎名が役員室に入れるマスターキーの合鍵を作って夜中に役員室に侵入した。

アルミを身体中覆って赤外線センサーを潜り抜けて盗聴器を仕掛けた。

盗聴器で情報を仕入れてダイヤの隠し場所も分かり、穎原が偽の狙撃事件をでっちあげて警備システムが強化される前に盗み出した。

榎本は穎原をどうやって殺害したかも話しはじめる。

ラジコンのリモコンを使って介護用ロボットを操作して穎原の身体を持ち上げる。

介護用ロボットに窓ガラスの前まで運ばせた。

そして、窓ガラスに遊びを作ってボウリングの玉の衝撃をすぐそばにあった穎原の頭に伝わるようにした。

穎原の手術したばかりの脳に衝撃が伝わったが致命傷にならず意識が残っていた穎原は地面をはっていった。

椎名は穎原を見失って焦りゴンドラを上げて穎原の死体を確認して第一発見者を装ったのだ。

穎原を殺した動機は彼が椎名の父親に共同経営を持ちかけて逃げて両親を死に追いやったこと。

殺害計画を立てているときにダイヤのことを知りついでに盗んでやろうと思ったと椎名は榎本に話す。

金を手に入れて窓ガラスの向こう側に行きたかったと椎名は自分の夢を果たしたがそれは叶わなかった。

榎本は椎名がまるで一面ガラス張りのガラスケースの中に入れられているようだと話しその中に入るのはごめんだと告げる。

その後、椎名は自首をして逮捕されてダイヤも無事に発見されたと鴻野は芹沢に報告する。

3日ぶりに榎本は純子に電話をかけて臨時収入が入ったからこれから海外に行くと伝える。

芹沢は鴻野から椎名が盗んだダイヤは一億円分のダイヤだけ偽物だったと榎本に話し榎本が盗んだのではと疑う。

シラを切った榎本は電話を切り、どこに行くのかも言わずに電話を切り不気味に微笑むのだったーー。

ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編・第8話の感想

「ベイリーフ」の社長・穎原は一体誰が殺したのか?

犯人は間違いなく佐藤(椎名)だと思うけど殺害方法がわからない( ̄◇ ̄;)

佐藤学は椎名章だと判明して純子と芹沢は密室殺害をどうやって遂行したのか考えていた。

介護用ロボットを利用して殺害したと芹沢は考えるけど自分の推理では穎原を殺すことはできずに落ち込む。

芹沢が推理を外して落ち込んでいる姿が面白いww

榎本は窓ガラスがガタついているのを見て椎名がどうやって穎原を殺害したのかに気づく。

榎本の名推理に胸アツした僕がいる💓

ラストシーンの榎本の不気味な微笑みは一体どんな意味があるんだ、想像に任せるか!

まとめ

ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編・第8話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

社長室の窓の外には、掃除用のゴンドラに乗った清掃会社スタッフの佐藤学が現れた。

上昇するゴンドラから一瞬見えた学は、あのボロボロのスニーカーを履いていた。

榎本と佐藤の視線が交錯、この後、榎本は窮地を迎えることになった。

榎本の推理で椎名が犯人だと判明して、椎名は自首をして逮捕されてダイヤも無事に発見されたと鴻野は芹沢に報告した。

3日ぶりに榎本は純子に電話をかけて臨時収入が入ったからこれから海外に行くと伝えるのだった。

芹沢は鴻野から椎名が盗んだダイヤは一億円分のダイヤだけ偽物だったと榎本に話し榎本が盗んだのではと疑う。

シラを切った榎本は電話を切り、どこに行くのかも言わずに電話を切り不気味に微笑む。

榎本が密室事件を暴くミステリーは今週で最終回を迎える。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする