ドラマ『家政夫のミタゾノ(2020)』第4話ネタバレあらすじ

松岡昌宏主演のドラマ『家政夫のミタゾノ(2020)』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

台風が接近する最中で依頼を受けた三田園薫と霧島舞の二人。

ちょうど依頼人の家に到着したそのとき、怪しい男がバールを手に中に侵入し、その姿を見た老婦人の美緒子が悲鳴を上げて…。

ドラマ『家政夫のミタゾノ(2020)』第4話のあらすじ

台風が接近する最中、依頼を受けた三田園薫(松岡昌宏)と霧島舞(飯豊まりえ)。

ちょうど依頼人の家に到着したそのとき、怪しい男(板橋駿谷)がバールを手に中に侵入し、その姿を見た老婦人の美緒子(木野花)が悲鳴を上げる! 

とっさに男を組み伏せる三田園。

しかしその男は「坂下」と名乗り、台風で困っている人を助けるために来たボランティアなのだと説明する。

実は坂下はある掲示板サイトで、この家の主がロトで3億当てた、という書き込みを見つける。

その金を目当てに家に忍び込んでいた空き巣だった。

なんとか正体がバレる前に逃げ出したい坂下だったが、そこに運悪く停電が発生。

自家発電機を持参していた三田園に命じられ、自転車を漕いで発電をさせられる羽目に…。

その後も、割れた窓の補強をしたり、お湯が沸かせない中でのカップラーメンの作り方などを実践している。

その中で舞は三田園に「あの男の人のこと、怪しんでます?」と尋ねる。

怪しげな笑みを浮かべながら、舞の問いを否定する三田園だったが…?

時を同じくして、村田光(伊野尾慧)から本当の依頼人である「古川さん」は、3日前からンジャメナに旅行に行っているはずだと聞かされた舞。

彼女は、警察に通報したほうがいいと、三田園に訴えて…?

ドラマ観るなら<U-NEXT>

ドラマ『家政夫のミタゾノ(2020)』第4話のネタバレ

三田園は困っているときに寄り添ってくれる人は果たしていい人なのかと問いかける。

結家政婦紹介所で台風が近づいているニュースを見て洗濯物を取り込んでなかったと結は不安になる。

「嵐は可愛いから大好き」と言いながら仕事に向かう三田園と、彼女についていく舞。

台風が近づいて美緒子は家が大破しないか不安になった。

坂下は美緒子の家の窓ガラスをハンマーで割り空き巣に入り美緒子と遭遇してしまう。

ハンマーで殴ろうとしたときに三田園が坂下の腕を掴みパロスペシャルを喰らわせる。

坂下はボランティアで台風の被害に遭った人がいないか見廻っていただけだと話すと三田園は彼を離す。

偶然持っていた非常食で信じてもらえてその後すぐ停電になり美緒子は慌てる。

一方、結家政婦紹介所が停電になり光たちは慌てていた。

三田園は薄めた牛乳を懐中電灯で照らして暗闇を照らす。

窓ガラスをガムテープで補強して悪い虫が入ってきたら困ると坂下を睨みながら話す。

坂下が割った窓ガラスにも補強して三田園は血のついた窓ガラスを見つける。

水を入れたカップ麺を三田園は美緒子と坂下に食べさせる。

三田園と二人きりになった舞は坂下が泥棒ではないかと怪しんでいたが三田園ははぐらかす。

そんななか、坂下は一億円のする灰皿を見つけて驚く。

さらに家族写真を見つけた坂下は写真に写っている巨漢の女性が美緒子の外見と一致せず美緒子は何者だと彼女を疑っていた。

舞が電話で確認すると本物の古川夫婦は海外旅行に行っていることを知り美緒子は何者なのか不審に思う。

その頃、美緒子は灰皿をこっそり盗もうとしているのを坂下は目撃して自分も泥棒だと白状した。

坂下は仕事をクビになってむしゃくしゃしていたから、美緒子は多額の費用がかかる手術を受けるため。

二人の会話を三田園と舞は聞き耳を立てていて舞が警察に通報しようとしたが三田園が止める。

坂下は美緒子のようないい人が不幸になって一方で灰皿に一億円も使うような奴がいると怒っていた。

二人で金を手に入れようと坂下は提案し、美緒子は紹介所に連絡して三田園と舞をクビにすると話す。

その時、三田園と舞が戻ってきて二人からボロを出させようとする。

インターホンが鳴り外に警官が立っていた。

美緒子が玄関を開けて対応したがごまかしきれないと思った坂下は警官を殴って気絶させる。

庭の物置に警官を隠しておこうと二人は話し、そのとき三田園が話しかけてきた。

美緒子はコーヒーを淹れてくれるように三田園に頼み三田園はツナ缶に穴を空けてティッシュを突っ込み火をつけ簡易コンロを作った。

寝室の掃除をしようとした三田園を美緒子が引き止めようとする。

一方、舞がハンマーを持って坂下に立ち向かい庭の倉庫に押し込まれていた警官が現れて舞は助けを求める。

その時、三田園は警官の上着を剥がし衣装が借り物で警官が偽物だと気づく。

実はこの男も空き巣で、彼は美緒子にナイフを突きつけて人質に取る。

光が家にやってきて美緒子が偽物だと話すが「いや、遅いわ!」とツッコミを入れる。

美緒子みたいないい人を殺すんじゃないと坂下は説得し自分も自慢できるほどの不幸だと告げる。

男は逆上して坂下に斬りかかり光が彼を庇おうと前に出る。

男の手を掴み三田園は陶器の裏でナイフを研ぎ再び男に渡す。

坂下は男を殴って気絶させ、坂下は美緒子の身代わりに自首をする決意をする。

赤の他人の自分のために身代わりを買って出た坂下の熱い心に感動して美緒子は過去の話を話し始める。

美緒子は身寄りがなく名前もない彼女は松村という男に拾われたが彼は泥棒だったのだ。

このままじゃダメだと美緒子は松村から逃げて恵まれない子供たちのために募金を始めたが金持ちの家の青年たちに盗まれた。

美緒子は人生のどん底に立ちその日から盗みを働くようになったと坂下に話し坂下は感動した。

だが、美緒子の話はすべて真っ赤な嘘で彼女の夫の話で明らかになる。

あの短時間であんな作り話をするなんてと空き巣の世界にも上には上がいるとショックを受けて警察に自首をした。

結家政婦紹介所に戻った光はもう人を信じられなくなったと落ち込んでいた。

古川家も見栄で買ったものばかりで承認欲求の塊のような家だとわかる。

三田園は多額の請求書を作成して結は不気味な笑い方をする。

「親切ほど怖いものはない」と三田園は諭すのだったーー。

ドラマ『家政夫のミタゾノ(2020)』第4話の感想

美緒子という貴婦人の家に坂下が空き巣をしようと不法侵入して、ボランティアに来たと嘘をつく。 

でも実は家にいた美緒子も空き巣だと判明し、坂下は彼女と共謀して大金を手に入れようとする。

泥棒の二人が協力して三田園と舞を追い出そうとする姿が面白いww

三田園も泥棒だとわかっていて坂下と美緒子を追い詰めるところはいかにも三田園らしいなと♪( ´▽`)

美緒子の饒舌ぶりに坂下は泥棒をやっていく自信がなくなって自首をする。

坂下を演じた板橋駿谷は泥棒だけど熱い一面があるのが憎めなくてチャーミングなのかな💗

まとめ

ドラマ『家政夫のミタゾノ(2020)』第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

舞は坂下のことを怪しんでいて、三田園に「あの男の人のこと、怪しんでます?」と尋ねた。

怪しげな笑みを浮かべながら、舞の問いを否定する三田園だった。

一方、村田光から本当の依頼人である「古川さん」は、3日前からンジャメナに旅行に行っているはずだと聞かされた舞。

彼女は、警察に通報したほうがいいと、三田園に訴える。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする