ドラマ『Dr.コトー診療所(2004) 』特別編2話ネタバレあらすじ

吉岡秀隆主演のドラマ『Dr.コトー診療所(2004) 特別編』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

島は豊漁祭の日を迎え大にぎわい、診療所は多くの急患を抱えることになった。
そんな中、彩佳の母・昌代が自宅で倒れて…。

ドラマ『Dr.コトー診療所(2004) 特別編』第2話のあらすじ

島は豊漁祭の日を迎え大にぎわい。診療所は多くの急患を抱えることに。

そんな中、彩佳(柴咲コウ)の母・昌代(朝加真由美)が自宅で倒れた。

帰宅した彩佳は慌ててコトー(吉岡秀隆)のもとへ搬送するが、昌代の意識は無い。

脳ヘルニアを起こしかけていると診断され、コトーは昌代の緊急オペに当たる。

そんな予断を許さない状況に夫・正一(小林薫)は言葉を失う。

彩佳は母の手術を目の前にし動揺するが、コトーの言葉でプロの看護師としての自覚を持って手術に立ち向かう。

一方「コトー先生のような医師になりたい」という島の少年・剛洋(富岡涼)の父・剛利(時任三郎)は、最愛の息子の夢を叶えてあげたい一心で、ある覚悟を決める。

ドラマ『Dr.コトー診療所(2004) 特別編』第2話のネタバレ

西山茉莉子は原剛利の船に来て剛利が船を売ると告げ茉莉子は驚く。

その頃、急患の患者をすべて診察してコトーと彩佳は疲れ果てていた。

彩佳は島の人たちはコトーに島に残っていてほしいから自分と結婚させようとしているとうっかりコトー自身に話してしまう。

動揺した彩佳は家に帰ると昌代が倒れているのを発見する。

診療所に運び込んだがコトーは今すぐにでもオペが必要だと彩佳と正一に伝える。

家に戻った正一は自分が酔い潰れて寝ていたせいで発見が遅れたと自分を責めていた。

昌代のオペが始まり、彩佳は動揺して立ちくらみを起こす。

本当は彩佳をオペに参加させたくはないけど看護師は彩佳しかいないと言い彩佳を励ます。

和田も彩佳の涙を拭き「頑張ろう」と声をかける。

重雄が酔っ払いながら診療所に来て正一は泣いて重雄にすがりつく。

剛利は剛洋の作文を読み、漁師ではなくコトーのような医者になりたいという夢に剛利は複雑な思いを抱える。

オペは無事終わったが予断を許さない状態だとコトーは正一に伝えた。

もしかしたら後遺症が残るかもしれないと言われて正一は茫然とする。

家に帰った正一は床に散らばった弁当を見て昌代のことを思い出す。

和田は暗い顔をして手術器具を洗っていた。

剛利が船を売ることを重雄は知っていて怒っていた。

コトーは昌代を必死に呼び続けて昌代は意識を取り戻したが口も聞けず半身麻痺を起こしていた。

外科医のコトーはリハビリの経験がなく昌代は生きる気力を失う。

患者から次々電話が来てコトーは忙しくしていて、彩佳は昌代が食事を食べようとしないので苛立っていた。

剛洋が家に帰ると剛利から医者になりたいから東京に行って受験に備えろと告げられる。

一方、彩佳は昌代を本土の病院に転院させて療養したほうがいいと提案したが正一は反対する。

昌代のために何かしたいと訴えたが彩佳は正一が昌代に頼りきりだから何もできないと怒鳴る。

何かしたいのに何もできず正一は歯がゆい思いをした。

彩佳は昌代が電話してきたときにちゃんと話を聞いてあげればこんなことにならなかったと後悔していた。

コトーにこれ以上昌代を抱えて迷惑をかけたくないとコトーに言ったがコトーは迷惑だと思ったことはないと彩佳に話す。

彩佳は昌代が病気になって何もかも変わってしまったと泣き、初めて患者の気持ちを深く理解するのだったーー。

ドラマ『Dr.コトー診療所(2004) 特別編』第2話の感想

彩佳の母・昌代が脳ヘルニアで倒れて手術が行われる。

彩佳の気持ちを考えると辛いな…。

昌代の意識が回復したのはいいけど、うまく喋れず半身麻痺になり気力も失う。

昌代自身が治そうという気持ちにならないと病気は治らない。

外科医にはリハビリの知識がないからコトーも悔しい気持ちでいっぱいだろう。

電話でもっと昌代の話を聞いていればと彩佳は後悔して、これが「後悔先に立たず」ってことか。

彩佳は本土の病院に行って昌代を治そうと心に決める。

コトーも彩佳のやりたいようにさせてあげたいと考え彩佳を止めなかった。

正一の気持ちもわかるけど彩佳の気持ちもわかる。

病気の家族を持つと人生がまるで変わってしまう。

まとめ

ドラマ『Dr.コトー診療所(2004) 特別編』第2話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?
  
彩佳は母の手術を目の前にし動揺するが、コトーの言葉でプロの看護師としての自覚を持って手術に立ち向かった。

一方「コトー先生のような医師になりたい」という島の少年・剛洋の父・剛利は、最愛の息子の夢を叶えてあげたい一心で、ある覚悟を決めていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする