ドラマ『大恋愛』8話ネタバレあらすじ 公平と対決する真司

戸田恵梨香&ムロツヨシ主演のドラマ『大恋愛』第8話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

病状がだんだんと進行していく尚(戸田恵梨香)だった。

だが、悩み抜いて真司(ムロツヨシ)との子どもを産むことを決意した。

産婦人科医である尚は、子どもを身ごもるための戦略を実行して幸せな日々を送る。

ドラマ『大恋愛』第8話のあらすじ

だんだんと病状が進行していく尚(戸田恵梨香)だったが、悩み抜いて真司(ムロツヨシ)との子どもを産むことを決意する。

産婦人科医である尚は、子どもを身ごもるための戦略を実行し、幸せな日々を送る。

一方、侑市(松岡昌宏)は、診察に訪れた公平(小池徹平)に尚のスピーチのときの映像を見せた。

ほかの患者に危害を加えるならばほかの医師を紹介すると注意するが、公平は了承しなかった…。

そんな中、尚は薫(草刈民代)に子どもを産むことにしたと報告に行った。

子どもには断固反対していたはずの薫だった。

だが、すんなりと受け入れた様子を見て、尚と柚香(黒川智花)は“好きな人でもできたのでは!?”と勘ぐった。

その帰り道、スーパーで買い物をしていた尚の前に公平が現れて、何も知らない尚は…。

本の売れ行きが好調な真司は取材が殺到し、担当編集者の水野(木南晴夏)がかいがいしく世話を焼く。

尚が自宅に帰ると、玄関にハイヒールがあり、部屋から出てきた水野と鉢合わせしてしまう…。

ドラマ『大恋愛』第8話のネタバレ

真司と尚は二人でうなぎを食べて子どもを作るためにセックスをする。

翌朝、真司は仕事に行き尚は真司にキスをして見送った。

一方、外来に来た公平に侑市は尚の講演会の映像を見せてマイクでハウリングさせている公平の姿を見せて真意を尋ねる。

公平は病気で覚えていないと言ってシラを切ったら侑市は激怒して知り合いの精神科を紹介するから別の病院に転院するように指示した。

しかし、公平が患者は医者を選ぶ権利があるけど医者は患者を選ぶ権利はないと言い公平は悠々と帰っていった。

尚は子どもを産もうと思うと薫に話したら薫は賛成してくれた。

薫の考え方が変わったのは薫に好きな人ができたからじゃないかと柚香は尚に話す。

尚の実家を調べて尚のことを尾行してスーパーで偶然を装い尚に話しかける公平。

一方、侑市はクリニックにやってきて薫に尚の講演会の映像を見せる。

公平がマイクでわざとハウリングを起こしたことを話す。

病気が原因ではなく公平の元々持っている攻撃的な一面がそうさせたのだと侑市は薫に言い気をつけるよう注意を促す。

カフェに尚と来た公平はMCIになった途端妻が自分を捨てたり仕事もクビになりそうになったりしたことを尚に話す。

「僕たちには今しかなく今を精一杯生きればそれでいい」と公平は尚に語った。

公平が危険な男だということを尚に言っていればよかったと真司は後悔していた。

尚が家に帰ってくると真司のスマホを取りに来た明美と遭遇して驚く。

明美は部屋を出て行き、真司が打ち合わせをしていたホテルに持ってきた。

スマホに侑市の着信履歴がありかけ直すと侑市から公平がしたことを伝えられ憤る。

尚が心配になって真司は尚に電話をかけ公平のことを言おうか迷ったが結局言わなかった。

侑市と薫は二人で居酒屋に飲みに行き、時々何でアルツハイマー病の研究を専門に選んでしまったかわからなくなると侑市は薫に話す。

その話を聞いた薫は少なくとも尚のことは侑市に感謝していると侑市に言い、侑市が考えてるより侑市のことを頼りにしていると告げる。

真司は家に帰ってきて「脳みそとアップルパイ」の続編を書くことになったと嬉しそうに伝えて真司が仕事に出かけて尚は一人寂しそうにしていた。

検査に行った真司と尚は真司がふざけて尚は笑っていた。

家で真司と明美が仕事の話をしていて、二人の会話を聞いた尚は寂しい気持ちになる。

カフェで尚は公平に相談して、公平はモンシロチョウの模型を見せて「死ねば永遠に幸せになれる」と言われて尚は戸惑う。

引越しトラックの荷降ろしをしている時に尚と公平が一緒にいるところを木村と小川が目撃して、木村が真司にこのことを伝える。

家に帰った真司は尚に公平と一緒にいたのかと尋ねてこれから外出するときは一緒にいると伝えた。

尚は真司と明美が対等に話しているのを見て嫉妬して自分が真司のことをどんどん忘れていくことに不安を覚えて真司にあたった。

マンションから出てきた尚を公平が来るまで追いかけて、真司が尚に電話すると尚の携帯が冷蔵庫に入っていた。

展望台にいた尚に公平が話しかけて車の中で睡眠薬入りのコーヒーを尚に飲ませようとする。

真司は尚の携帯に公平から電話がかかってきて尚をどこにやったと怒鳴った。

展望台で公平の胸ぐらを掴み尚の居場所を聞き出そうとする。

公平は真司と尚は対等じゃないから一緒になることはできない、自分と尚の物語を小説に書けと狂気的に叫ぶ。

尚を傷つけた公平のことが許せず真司は公平を殴ろうとした時、尚が真司を止める。

尚はコーヒーを飲んだふりをして公平の車の中でずっと眠ったふりをしていたのだ。

尚が自分のことを信じていなかったと知って憤慨する公平に「私たちの病気は忘れてしまうところがいいところなんだ」と尚は公平に話す。

公平のことを恨まない、だってそのことも忘れちゃうんだからと尚は公平に言い、公平は忘れたくないこともあったのになと呟き尚と真司の前から姿を消す。

家に帰った尚と真司はお互いにいかに大事な存在かを実感して二人で一夜を共にするのだったーー。

ドラマ『大恋愛』第8話の感想

病状が進行していく尚だが、悩み抜いた末に真司との子どもを産むことを決意する。

アルツハイマー病だからいずれ子どものことも分からなくなると思うけどそれでも真司と子どもの3人で幸せに暮らすことを望んでるのか、尚は…。

産婦人科医である尚は、子どもを身ごもるための戦略を実行して、真司と幸せな日々を過ごす。

尚と真司が冗談を言いながら暮らすシーンは一番和む💖

一方、侑市は診察にやってきた公平に尚のスピーチのときの映像を見せてほかの患者に危害を加えるなら医師を紹介すると警告した。

だが、公平は了承せず「患者は医師を選べるけど、医師は患者を選べない」と言い放つ。

憎たらしいことを言うな公平は( *`ω´)

子どものことは断固反対していた薫だったがすんなりと受け入れた様子を見て尚と柚香は好きな人でもできたのではと勘ぐる。

侑市といい雰囲気だからな、薫♬

公平は尚に睡眠薬を飲ませて真司は公平につかみかかる。

公平のことを信じていなかった尚は睡眠薬を飲んだふりをして真司に寄り添う。

二人の絆は強いから公平に引き離せるわけない!

ラストシーンで二人がベッドで愛を育むところがよかった(●´ω`●)

まとめ

ドラマ『大恋愛』第8話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

尚が睡眠薬を飲むふりをして自分のことを信じていなかったと知り憤慨する公平。

「私たちの病気は忘れてしまうところがいいところなんだ」と尚は公平に話した。

尚は公平のことを恨まないと公平に言い、公平は忘れたくないこともあったのになと呟き尚と真司の前から姿を消す。

家に帰った尚と真司はお互いにいかに大事な存在かを実感し、二人で一夜を共にする。

第9話では、努力の甲斐もあり、ついに尚(戸田恵梨香)が妊娠した!

真司(ムロツヨシ)に早く伝えたいと嬉しさいっぱいで自宅に帰宅するが…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎