ドラマ『大恋愛』7話ネタバレあらすじ 子どもを産むと決意する尚

戸田恵梨香&ムロツヨシ主演のドラマ『大恋愛』第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

真司(ムロツヨシ)が急いで病室に駆けつけると、意識が朦朧とした尚(戸田恵梨香)と公平(小池徹平)がキスをしていた。

目の前で起こった出来事に困惑する真司だったが、尚は真司を認識していない様子だった…。

ドラマ『大恋愛』第7話のあらすじ

真司(ムロツヨシ)が急ぎで病室に駆けつけると、意識が朦朧とした尚(戸田恵梨香)と公平(小池徹平)がキスをしていた。

目の前で起こった出来事に困惑する真司だったが、尚は真司を認識していない様子で…。

失神の原因はわからないと言う侑市(松岡昌宏)に食ってかかる真司を、薫(草刈民代)がなだめるのだった。

大事なときに一緒にいられなかったと悔やむ真司。

翌朝、尚は、公平とのキスも、真司を認識できなかったこともすっかり忘れてしまっていた。

真司は公平を問い詰め、警告するが…。

そんな中、真司は小説の続編を書く決心をする。

一方、尚は、症状が改善されたらこどもを産みたいと侑市に相談する。

だが、帰宅するとそんな話をしたことも忘れてしまっていて…。

ドラマ『大恋愛』第7話のネタバレ

真司が尚の病室に駆けつけると公平が尚にキスをしていて公平を突き飛ばし尚に駆け寄る。

尚は真司のことを覚えてなくて真司はショックを受ける。

侑市と薫も病室に来て真司は侑市を呼び出す。

講演会で何があったのか真司は侑市に尋ねる。

侑市は尚が学生の前で話そうとしていた時にマイクのハウリングが起きて反射性失神を起こしたと真司に話す。

新薬の治験で早く病気を治すように真司は侑市に迫り、尚を心配する真司の気持ちがわかる侑市だった。

公平とキスをしたことで尚の中で何か変わったのではと心配した。

尚と歯を磨いている時にいずれ歯の磨き方もわからなくなってしまうと考えると涙が出る真司。

真司は「脳みそとアップルパイ」の映画化が決まったと担当編集者の水野明美から連絡があり彼女に続編を書こうと思っていると伝えた。

その時、病院で公平を見かけて尚には近づくなと真司は公平に告げた。

公平は病気のことは同じ病気にかかったものにしかわからないと真司に言い尚がほしいと真司に話す。

尚の車椅子を押しながら公平の言ったことは当たっていると思い始めていた。

真司は来週の外来に公平が来るのではないか気がかりだった。

朝真司と歯を磨いている時に尚は泣きそうになって横を見て真司が先に泣いていたと侑市に話す。

退院した尚と一緒に帰っていく真司を公平は睨みながら屋上で見ていた。

公平は外来がなくても病院に頻繁に通うようになり不審に思った侑市は公平に話しかける。

間宮夫妻のことはそっとしておくように公平に言ったが公平は侑市のせいで尚が失神したのだと言い帰っていく。

一方、真司と尚は二人で餃子を作り「脳みそとアップルパイ」の映画化が決まったことと続編を書くことにしたことを真司は尚に告げる。

久しぶりに引っ越し会社に行った真司は尚のことを相談しに来た。

大衆酒場に来た真司はいつも神に試されてるような気がすると木村に話したが、文句言わずに小説書けと怒られる。

一方、父親の命日で実家に来た尚は薫と久しぶりに親子の会話をした。

その頃、侑市は尚のMRI画像を見て緊迫した顔をする。

真司と尚は検査をしに病院にやってくる。

検査の時にうまく答えられない尚は動揺していて、侑市の部屋に来た尚と真司。

侑市はアミロイド検査の結果、若年性アルツハイマー病に進行していると真司と尚に告げる。

よって、新薬の治験対象外になって新薬の治療ができなくなったと尚に話した。

思ったよりも進行が早かったと言う侑市に、尚は自分のことがわからなくなるまでどのくらいの時間があるのかと尋ねる。

侑市は人によって個人差があるから諦めずにやっていこうと尚を励ます。

泣きながら真司は薫に尚のことを報告した。

その夜、薫はホテルのバーで号泣していて裕一の父・誠一郎が侑市に電話して送ってやれと伝える。

バーに来た侑市は薫に話しかけて、薫は尚が何でアルツハイマー病にかかったのかと侑市に告げた。

薫は尚が幸せだったのは侑市と出会えたことだと侑市に言い、侑市は薫をタクシーに乗せてまた一緒に飲みに行きたいと話した。

昔住んでいた真司のアパートに来て尚はボロアパートと呟く。

大衆酒場に来た尚は病気になってしまったことを謝りこれからも一緒に生きていきたいと話し、真司は涙を流す。

一方、侑市は医大の実習生から尚の講演会の時の映像を見せられる。

そこには公平がマイクのハウリングを起こした姿が映し出されていて、侑市は激しく憤る。

尚と真司は一緒に帰り、尚はアルツハイマー病だとわかったら真司との子どもを産みたくなったと話す。

尚は真司との子どもを残したくなった、真司と子どもとの3人で少しでも長く暮らせるなら生きがいを感じられると真司に告げる。

真司は尚の言葉を受け入れ、二人は抱き合うのだったーー。

ドラマ『大恋愛』第7話の感想

公平と尚がキスをしているのを目撃した真司は目の前で起こったことに困惑する。

尚は真司のことを認識していない様子だった。

公平がキスをしたせいで真司のことを認識できていないのか?

講演会で失神した尚だがなぜ失神したのか原因はわからないと言う侑市に、真司は食ってかかる。

真司の気持ちもわかるけど、

侑市を責めるのはな。

尚の病状が進行して動揺してると思うけど(´・ω・`)

翌朝になり尚は公平とのキスも、真司を認識できなかったことも忘れていた。

真司は公平を尚の病室で見かけて尚には近づくなと警告した。

険しい顔の真司を見るのは初めてだ!

真司が続編を書くと決心したのも尚とのことを本で残したいと思ったからかな。

尚の病気が進行して真司と薫もショックを受ける。

公平が尚を失神させたことを侑市が知り侑市が見たこともない顔で怒っててびっくりした(´⊙ω⊙`)

アルツハイマー病になった尚は真司との子どもを産んで家族3人少しでも長く幸せに暮らしたいと真司に言い子どもを産むと決意した。

尚の気持ちが今なら痛いほどわかる…。

まとめ

ドラマ『大恋愛』第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

尚と真司は一緒に帰って尚はアルツハイマー病だとわかると真司との子どもを産みたくなったと話した。

尚は真司との子どもを残したくなって、真司と子どもとの3人で少しでも長く暮らせるなら生きがいを感じられると真司に告げる。

真司は尚の言葉を受け入れて二人は抱き合う。

第8話では、産婦人科医である尚は、子どもを身ごもるための戦略を実行し幸せな日々を過ごす。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎