ドラマ『ハケンの品格(2020)』2話ネタバレあらすじ 自分に責任を取れ!

篠原涼子主演のドラマ『ハケンの品格(2020)』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

S&F社が老舗の人気蕎麦店「京橋庵」とコラボ商品を開発することになり斬新な企画を考えようと張り切る新人ハケンの小夏。

そんな中、大前春子が「京橋庵」の実情にやたらと詳しいことに疑問を持つ里中だった。

ドラマ『ハケンの品格(2020)』第2話のあらすじ

S&F社が老舗の人気蕎麦店「京橋庵」とコラボ商品を開発することになった。

斬新な企画を考えようと張り切る新人ハケンの小夏(山本舞香)。

そんな中、大前春子(篠原涼子)が「京橋庵」の実情にやたらと詳しいことに疑問を持つ里中(小泉孝太郎)。

「もしかして以前『京橋庵』で働いていたとか?」と尋ねる浅野(勝地涼)に「はい、ハケンとして働いてましたが、何か?」と春子。

きっとそこでも伝説を残しているはずだと、浅野は、断る春子を無理に「京橋庵」での会議につれていく。

しかしそれが裏目に出てしまい・・・。

一方、宮部新社長(伊東四朗)の「社員偏重主義」に逆に闘志を燃やした小夏。

小夏は、周囲が止めるのも聞かず浅野の提出企画の中に、数合わせで自分の企画をまぎれこませてもらうことに成功
する。

小夏の企画は捨てられてしまい「ハケンに責任なんか取れないから」と叱責される。

ところがプレゼン本番の最中に捨てられた小夏の企画が先方に気に入られていたことが後になってわかり…。

この営業企画部の危機に、再び春子が立ち上がる―。

ドラマ『ハケンの品格(2020)』第2話のネタバレ

里中は春子と一緒にエレベーターに乗り小夏も駆け込んできた。

いくつ資格持ってるんですかと春子に聞き里中がそれに答える。

里中は春子が行っていた沈みゆく船に乗っているという話が気になっていた。

春子に派遣社員をやっているのはもったいないと小夏は言ったが春子はもったいないのは小夏のお時給だと言い放つ。

営業部に新入社員がやってきて三田貴士と井手裕太郎も配属される。

S&F社が老舗の人気蕎麦店「京橋庵」とコラボ商品を開発することになり小夏も応募したいと言い出す。

だけど、亜紀は派遣社員はあくまで正社員の補助だと教える。

里中は食堂に小夏と亜紀を誘い、食堂に現れたのは社長の宮部だった。

派遣社員の小夏は宮部に挨拶したが宮部の態度はそっけなかく、社員である貴士と裕太郎を家族だと言って重宝した。

派遣社員である春子がのさばっているのが気に入らず“よそ者”と揶揄した。

小夏はハケンの仕事にやりがいを感じなくて落ち込む。

「京橋庵」に来た小夏と亜紀は宇野たち社員一同も蕎麦を食べに来ていた。

裕太郎は宇野に無理やり連れてこられたとボヤいていて企画の仕事も本当はやりたくないと言ったら小夏は怒る。

春子が「京橋庵」で働いていたということもあり浅野は商談に春子を連れていこうと提案する。

だが、「京橋庵」の専務が春子をなぜか睨んでいて商談がダメになったと宇野は嘆いていた。

その時、「京橋庵」の専務の秘書から電話がきて商談を進めるとの報告だった。

一方、小夏は「京橋庵」のコラボ商品の企画案を主任である浅野に話し、とりあえず書いてみてよと浅野は小夏に告げる。

残業して小夏は企画案をまとめて宇野にも好評価だった。

早速、「京橋庵」の専務・磯川に企画書を提出して小夏の企画書が選ばれたが、「S&F」の社名が間違っていた。

小夏は宇野に謝り自分が書いた企画書だと話す。

それを聞いて宇野は重要な会議の席で責任の取れないハケンに大事な仕事は任せられないと怒鳴る。

「まったく、ハケンの分際で!」と宇野が吐き捨てると、春子は仕事のできない社員に分散呼ばわりされたくないと言い放つ。

小夏は泣いていたが春子はハケンは与えられた仕事をこなしてるだけでいいと春子に告げる。

小夏の書いた企画書は捨てられ、小夏は自分でシュレッダーにかけた。

企画プレゼンの日、磯川は小夏の企画した「あなたのおソバ」の企画を推していたことがわかり宇野と浅野は焦った。

小夏の企画書を急いで会議室に持ってくるよう連絡が来て春子が急いで小夏の企画書を直した。

里中は君の企画だからと小夏に企画書を届けるように言い小夏は急いで届けにいく。

企画書はまだ会議室に届かず、春子は会社を出て自転車に乗り走り出した。

タクシーでじゅうたいにつかまった小夏の前に春子が現れて小夏は企画書を渡す。

全速力で企画書を届けて宇野は「京橋庵」の会長に気に入られている春子が適任だと言い春子にプレゼンを任せる。

しかし、春子は宇野の言ったハケンに大事な仕事は任せられないという言葉をそのまま返した。

浅野も一緒にプレゼンすると言い春子は浅野の熱意にうたれてプレゼンに参加する。

プレゼン内容を話し始める春子だがなぜか語尾が中途半端な話し方をする。

社員の浅野が代わりに責任を取り春子と共にプレゼンをする。

最後にどうやってこの企画を思いついたのかと磯川は浅野に尋ねる。

浅野はお客さんのニーズに寄り添ってきたからこそこの企画を思いついたのだと話した。

春子が帰ろうとすると「京橋庵」の専務が話しかけて、春子にハッパをかけられて春子に負けないように「京橋庵」を支えてきたと告げる。

春子は「わたしがいた頃より京橋庵はいい会社だ」と磯川に話す。

会社に戻った宇野たちはコラボ商品開発が前向きに検討されることになり大喜びで飲み会に行く。

春子はいつものように定時で帰ろうとした時、小夏が話しかける。

「ハケンは自分に対して責任を取りなさい!」と小夏にアドバイスして帰った。

小夏は春子の言葉を噛みしめて明日かれまた頑張ろうと決意する。

里中が蕎麦屋に立ち寄ると春子が先に店で蕎麦を食べて本当は僕のこと覚えてますよねと言ったが春子は何も答えない。

その後、春子と里中が二人で食べた蕎麦屋は閉店していた。

こういう個人経営の蕎麦屋は時代の波に飲み込まれるしかないのかと里中は春子に問いかける。

春子、里中、小夏が会社のエレベーターに乗ろうとすると宮部がやってきて里中をエレベーターに乗せる。

スーパーハケンの春子に話しかけた宮部は頑張ってと皮肉を込めて言った。

春子は宮部を見て「あっ、という間に沈むね」と小夏の前で呟いていたーー。

ドラマ『ハケンの品格(2020)』第2話の感想

「京橋庵」のコラボ商品を開発することになりハケンである小夏もやりがいのある仕事を求めて企画書を提出する。

ハケンが会社の企画に参加するのは謙遜されると前作で思い知ったわけだけど、小夏は仕事にやりがいを感じたいからと企画書を提出する。

小夏(山本舞香)が企画書をノリノリで書いている姿が可愛い💕

ハケンには責任を取れないと宇野から言われて小夏は涙を流す。

たしかにハケンは会社に対して責任を取れないけどそんな言い方はないんじゃないかな…。

春子がプレゼンをするシーンで言い切らないというところがいかにも春子らしいww

まとめ

ドラマ『ハケンの品格(2020)』第2話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

小夏は、周囲が止めるのも聞かないで浅野の提出企画の中に、数合わせで自分の企画をまぎれこませてもらうことに成功
する。

小夏の企画は捨てられてしまい「ハケンに責任なんか取れないから」と叱責された。

しかし、プレゼン本番の最中に捨てられた小夏の企画が先方に気に入られていたことが後になってわかって…。

この営業企画部の危機に、再び春子が立ち上がった!

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎