ドラマ『大恋愛』4話ネタバレあらすじ すれ違う真司と尚

戸田恵梨香&ムロツヨシ主演のドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と〜』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

真司の病室で名前を間違ったことに気づいていない尚。

“侑市”と呼ばれた真司はショックを受けながら、尚の病気のことを思って気づかないふりをするが…。

ドラマ『大恋愛』第4話のあらすじ

侑市(松岡昌宏)へのコンプレックスから少しでもお金を稼ごうと無謀なアルバイトで倒れてしまう真司(ムロツヨシ)。

病院に駆け付けた尚(戸田恵梨香)に正直に打ち明けて愛を確認し合う。

だが、尚は真司に抱きしめられながらも誤って侑市の名前を呼んでしまった。

名前を間違ったことに気づいていない尚だった。

“侑市”と呼ばれた真司はショックを受けながらも、尚の病気のことを思い、気づかないふりをするが…。

一方尚は、日常生活での失敗が増え病気の進行を自覚する中で、真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になる。

翌日、退院した真司と尚のもとに、引っ越し屋の先輩・木村(富澤たけし)が、職場に置いたままだった真司の荷物を持ってやってきた。

真司が小説家だったことを知らない木村に、尚は嬉しそうに真司の著作「砂にまみれたアンジェリカ」を手渡す。

そんな中、レディースクリニックで尚が診察していた患者が、尚の病気に気づいて…。

ドラマ『大恋愛』第4話のネタバレ

好きと嫌いは自分じゃ選べないと真司は言いどんな尚でも好きだと尚に告白する。

尚は抱きつきながら真司のことを「侑市」と呼び真司は傷ついた。

真司にキスをした尚は体調が悪くなったら看護師に行ってと伝えて帰っていく。

これが終わりの始まりかと真司は心のうちで思いこれから起きる困難の前兆だと恐れていた。

少し前まで真司に好きだと伝えてきたのも病気のせいだと思うと真司はむなしくなった。

鍋の火をかけてお風呂にお湯を入れたまま忘れてしまい尚は忘れていく自分に不安を覚える。

忘れないように真司とのことを必死に唱える尚。

真司から着替えを持ってくるようメールで伝えられて尚はドアに忘れないようにメモを残した。

退院した真司は尚が名前を間違えたことを隠して、家に帰ってきた尚はドアに貼ってあったメモを真司に見つからないように隠す。

真司の家に木村がやってきて尚が小説家の真司に惚れたことを話す。

自分の大好きな小説の一節を木村に語って聞かせ、引越し会社で木村は真司の本を小川に見せて純文学ってエロいんだぞと話す。

一方、侑市は消化器外科の女性医師とお見合いをすることになった。

夜になり真司はゴミ箱から尚のメモを見つけてそっとゴミ箱に入れた。

眠っている間だけは壊れていく自分から解放されているのだろうと真司は思い子どものようにあどけない尚の寝顔をジッと見ていた。

その頃、お見合い相手の女性が侑市に血液検査の検査結果を見せるのを見て侑市は尚のことを思い出す。

お見合い相手の梓澤レイは結婚を前提にお付き合いしてほしいと侑市に言い裕一は了承した。

真司は尚とのことをモデルにした小説を書き始める。

一方、クリニックで薫は畑野みどりという患者に引き継ぎの話をしたがみどりは今のままでいいと言って聞かない。

問題の多い患者だから無理強いをして悪い噂を立てられても困ると薫は難色を示す。

真司は引越しの仕事も少しずつ増やしていって尚を支えようとしていた。

家に帰った真司は尚とのことを書いていいと尚に告げ、尚は真司の書きたいように書いていいと承諾した。

病院で尚を見かけたみどりは彼女を尾行して侑市の診察を受けていることを知る。

侑市のことを調べると若年性アルツハイマー病の世界的権威であるとわかりみどりは尚がアルツハイマー病ではないかと疑う。

真司が侑市に尚の病状のことを聞いてきたことを尚は侑市に告げ、侑市は真司と結婚した方がいいと提案する。

その頃、薫は千賀子と街で遭遇して婚約解消された侑市がかわいそうだと思い尚を侑市に会わせないようにと注意した。

尚は真司の新しく書く小説の出だしを読んで走りたくないと真司に抱きつきながら呟く。

ある日、レディースクリニックの電子掲示板に尚が若年性アルツハイマー病だと書き込みがありキャンセルが相次いだ。

さらに、厚生労働省の医師免許審議室から電話があり尚と薫は厚生労働省に呼び出される。

尚は厚生労働省に呼び出されたことを真司に伝えて実家に帰ることになると話す。

厚生労働省に薫と来た尚は侑市と会って主治医として直接申し伝えたほうがいいと侑市は尚に言う。

医事課医師免許審議室職員の友部浩介は尚に自覚症状はあったけど医師の仕事を続けていたのかと問いかける。

その問いに侑市が尚は患者のために自ら望んで医師の仕事を辞めたことを伝えて患者の気持ちに立って考える尚の姿に頭が下がると話す。

侑市の訴えを聞いた友部はみどりが厚生労働省の幹部の奥さんだったことを明かしみどりから訴えられた以上無視することはできなかったと打ち明ける。

薫と尚は侑市が主治医であることを感謝して薫は侑市のことが好きだと呟いた。

真司の家に来た尚は真司とともに患者のために尚がMCIになった経緯を説明する報告書を包んでいた。

侑市の名前を見た真司はふてくされて病室で真司のことを侑市と呼んだことを尚に話す。

そして、恋に落ちたのは病気だったからじゃないかと真司は尚に意地悪そうに告げる。

尚は真司の言葉に憤り部屋を出ていく。

泣いている尚の前に侑市が現れて侑市は「尚に僕が必要じゃなくて、僕に尚が必要なんだ」と告白した。

尚は侑市には主治医として感謝してるけど本当に好きなのは真司だと侑市に告げて真司の部屋に急いで戻っていった。

真司の部屋に戻ってきた尚は病気だから真司のことが好きになったんじゃないと訴えた。

しかし、真司は「別れよう…」と尚に言い尚はショックを受けて涙を流したーー。

ドラマ『大恋愛』第4話の感想

元婚約者の侑市へのコンプレックスから少しでもお金を稼ごうとシフトを強引に増やすような無謀な働き方をして倒れてしまう。

尚は病院に駆けつけて真司は尚に正直に打ち明けて愛を確信しあった。

アルツハイマー病の世界的権威である医師の侑市に対して引っ越し会社のアルバイトである真司とは天と地ほどの差がある。

コンプレックスを感じるのは当然かもしれないけど、人と比べてもしょうがない気もする…。

尚は真司を抱きしめながら間違って侑市の名前を呼んでしまう。

侑市と呼ばれてショックを受ける真司だったが、尚の病気のせいだと自分を納得させようとした。

よりによって元婚約者の名前で間違うとは、尚は侑市にとってはなくてはならない存在なのは確かだけどね( *`ω´)

真司は尚が病室で侑市と間違って呼んだことを話して恋に落ちたのも病気のせいじゃないかと尚に告げた。

怒って部屋を出ていった尚だったが侑市に告白されて自分の正直な気持ちに気づいて部屋に戻って真司のことが好きだと告白した。

しかし、真司は別れを告げて尚はショックで涙を流す。

真司はなぜ尚に別れを告げたのか、それは次回わかることでしょう!

まとめ

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と〜』第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

真司の部屋を出て泣いている尚の前に侑市が現れて侑市は「尚に僕が必要じゃなくて、僕に尚が必要なんだ」と告白した。

尚は侑市には主治医として感謝してるけど本当に好きなのは真司だと侑市に告げて真司の部屋に急いで戻っていく。

真司の部屋に戻ってきた尚は病気だから真司のことが好きになったんじゃないと訴える。

しかし、真司は「別れよう…」と尚に言い尚はショックを受けて涙を流す。

第5話では、尚と顔を合わせたくない真司は、木村(富澤たけし)の計らいでバイト先の倉庫に泊まることになった。

尚は、どうにかして真司と話そうとバイト先を訪れるが、真司に気を使った木村が追い返してしまう。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎