ドラマ『大恋愛』3話ネタバレあらすじ 病気の尚を受け入れる真司

戸田恵梨香&ムロツヨシ主演のドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と〜』第3話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

尚(戸田恵梨香)は、自分がやがて若年性アルツハイマーになってしまうことを真司(ムロツヨシ)に告白する。

尚を病気ごと受け入れる覚悟をした真司だったが、その先に待ち受ける困難をまだ予想できないでいたのだったーー!?

ドラマ『大恋愛』第3話のあらすじ

尚(戸田恵梨香)は、自分がやがて若年性アルツハイマーになってしまうことを真司(ムロツヨシ)に告白した。

尚を病気ごと受け入れる覚悟をした真司だったが、その先に待ち受ける困難をまだ予想できないでいたのだった。

真司と一緒に暮らすことになった尚は、自分の貯金で古くて狭い真司のアパートから新しいマンションへ引っ越したいと言い出した。

お金には困ったことのない尚の価値観に戸惑いを隠せない真司だった。

だが、ようやく二人の関係を許すことにした薫(草刈民代)にも引っ越しを勧められ、尚の実家近くで新居を探すことにする。

そんな中、尚の主治医が元婚約者の侑市(松岡昌宏)であることを知った真司は、一人で侑市のもとを訪ねるが…。

一方尚は、病気になった以上、これまでのようには診察を続けられないと薫に申し出た。

侑市と話した真司は、思いつめた様子で預金通帳の少ない残高を見つめて…。

ドラマ『大恋愛』第3話のネタバレ

真司は尚の寝顔を見ているとこれから2人に起こる困難を想像することは難しかった。

翌日、尚は家賃が高いところに引っ越そうと提案して記憶が無くなっても贅沢な女はどこまでいっても贅沢だと思う真司だった。

尚の実家に来た尚と真司は薫から近くのマンションに引っ越してきてと言われる。

尚の主治医が婚約をしていた侑市だと知り真司は病院に行って侑市の顔を見に来た。

侑市も真司に気づき2人は見つめ合っていた。

尚は軽度認知障害だからとクリニックの医師をやめると薫に告げて薫はクリニックの受付をやらないかと持ちかける。

他にやりたいことはないか探してみると尚は薫は話す。

一方、真司は尚のためにシフトを増やして金を稼いでいた。

家の掃除も一生懸命やり、尚は特上3人前の寿司を持ってきた。

尚は家がきれいになって驚いていたがやっぱり狭いと笑って言う。

真司がまた小説を書き始めていると知って尚は嬉しそうにしていて、小説が芥川賞を獲って金を稼げるようになるまで面倒をみると真司に話す。

その頃、侑市は千賀子から3人のお見合い相手を紹介されて1日で3人とお見合いすると宣言した。

真司と尚は2人で寝て、愛を確かめ合った。

クリニックで働いていた尚は患者のことを忘れてしまい受付の柚香にすべてを話す。

柚香は受付の仕事を尚に紹介してくれて感謝していて自分にできることがあったらなんでも言ってと尚に告げる。

婚約者だった侑市のことを柚香は尚に聞いて尚は侑市がより良い伴侶が必要なだけだと伝えた。

そんななか、真司は尚に内緒で引っ越しの仕事にいそがしくしていた。

マンションの内見に来た真司だが尚はマンションにいなくて真司は尚に電話した。

内見のことを忘れていた尚はショックを受ける。

家に帰ってきた真司はドアに鍵がささったままなのを見つけてこっそり鍵を抜き取る。

落ち込む尚を励ますために真司は笑わせて尚は笑顔になった。

病院で侑市に会った真司は尚の病気のことについて教えてほしいと話す。

しかし、侑市は家族以外の人に教えることはできないと真司に告げる。

頑なに尚の病状を教えることはできないと言う侑市に尚は大事な患者じゃないんですかと問いかける。

「結婚されてはいかがですか?」と侑市は真司に告げる。

尚とデートに来た真司は幸せすぎて怖いという尚の気持ちをわかってはいたが見て見ぬふりをした。

侑市は3人の女性とお見合いに行ったがどれも自分の好みに合わず尚のことが頭をよぎる。

翌日、真司は尚に覚えてるかどうか質問をして尚が覚えていたので2人でハイタッチをした。

病院で尚は認知症を発症したお年寄りを見かけてその切迫した様子を見て恐怖した。

侑市の検査を受けていた尚はさっき会った認知症のお年寄りみたいになると思うと怖くなると侑市に打ち明ける。

自分の覚えたことや手に入れたものが指からこぼれ落ちる感触は侑市にはわからないと尚は泣きながら告げる。

その言葉に侑市は他の人よりは気持ちがわかると言い長年アルツハイマー病と日々向き合っていると尚に話した。

尚に尚らしく楽しく明るく生きてくださいと侑市は伝え尚は薫に論文を書いてみようと思うと告げるのだった。

尚は真司とメールのやりとりをして、真司は過労で腹痛を訴えて病院に運ばれる。

医師から尿路結石と言われた小川は真司のスマホを使って尚に連絡する。

病院に駆けつけた尚は小川からいつもの3倍のシフトを入れていたことを教えられる。

真司が身体壊してまで働いていると知らずわがままばかり言っていた自分に罪悪感を覚える。

たしかにひどいけど、それでも尚のことが好き、どんな尚でも好きと真司は尚に告げた。

その言葉を聞いた尚は真司に抱きつき、耳元で「好きだよ、侑市さん…」と囁き真司は激しく動揺したーー。

ドラマ『大恋愛』第3話の感想

いずれ若年性アルツハイマー病になってしまうことを真司に告白した尚。

そんな尚を病気ごと受け入れる覚悟を決めた真司だった。

若年性アルツハイマー病になって自分のことを忘れてしまうとしても尚のことを愛そうと決意した真司の覚悟は相当なものだな(`・ω・´)

尚は真司のボロアパートから新しいアパートに引越ししたいと言い出して真司はこれまで以上に働き始める。

男としてはヒモになりたくないから必死に働くんだ。

真司は尚の元婚約者の侑市に尚の病状のことを尋ねるが家族でもない真司に尚の病状を話すことはできないと言われる。

真司に少しばかりライバル心を燃やしてるのかな。

ラストシーンで真司が尿路結石で病院に運ばれた時に尚が真司に抱きついて侑市の名前を呟いた時にはびっくりした。

MCIだから名前を間違えることがあるかもしれないけどよりによって元婚約者の名前を言われるとは真司も想像してなかっただろう….。

まとめ

ドラマ『大恋愛』第3話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?


病院に駆けつけた尚は小川からいつもの3倍のシフトを入れていたことを知る。

真司が身体壊してまで働いていると知らずわがままばかり言っていた自分に罪悪感を抱えた尚。

それでも尚のことが好き、どんな尚でも好きと真司は尚に告げた。

尚は真司に抱きつき、耳元で「好きだよ、侑市さん…」と囁き真司は激しく動揺する。

第4話では、名前を間違ったことに気づいていない尚。

“侑市”と呼ばれた真司はショックを受けながらも尚の病気のことを思って気づかないふりをするが…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎