ドラマ『探偵 由利麟太郎』2話ネタバレあらすじ 幻覚を見る女

吉川晃司主演のドラマ『探偵 由利麟太郎』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

学生時代の旧友でミステリー同好会の仲間だった井出圭一と会っていた俊助は道端で放心状態のエマを見かける。

エマは、井出が店の常連客だと知って突然「女性の死体を見た」と言い出す。

聞けば、ドラマのオーディションで連れていかれた洋館でバスタブの中で死んでいる美沙子を見たということだがーー!?

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第2話のあらすじ

祇園のクラブでホステスとして働く吉岡エマ(水上京香)は、近ごろ得体の知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされていた。

店にいるときも部屋で休んでいるときも、恋人の五月翔太(赤楚衛二)の腕の中にいるときでさえも、“黒い影”は突如目の前に現れ、そのたびにエマを恐怖に陥れていた。

心をむしばまれたエマは、やがて何かにつかれたように意味不明な言動を繰り返し、天井から切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚まで見るように。

五月はそんなエマを心配するが、一方で、五月の元恋人で同じホステスの神崎美沙子は、気味が悪いとエマを激しく敵視する。

その頃、学生時代の旧友でミステリー同好会の仲間だった井出圭一(尾上寛之)と会っていた俊助(志尊淳)は、道端で放心状態のエマに遭遇する。

井出が店の常連客だと知ったエマは、突然「女性の死体を見た」と言い出す。

聞けば、ドラマのオーディションで連れていかれた洋館で、バスタブの中で死んでいる美沙子を見たということだ。

しかし、日ごろから幻覚に悩まされていたエマは、それが現実だという確証が持てずにいた。

俊助は、真相を確かめるべく由利(吉川晃司)に助けを求めて、早速洋館の場所を突き止めた。

ところが、そこには死体どころか殺人が行われた痕跡も見当たらなかった。

さらには翌日には美沙子が店に来たとママの梶原絹江(山口香緒里)が証言した。

やはりエマの幻覚だったのか——。

そう思った矢先、エマが見たという凄惨な光景があり、洋館のバスタブから美沙子の死体が発見される……!

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第2話のネタバレ

クラブ「マダム・シルク」のホステス・吉岡エマは恋人の五月翔太に酔っ払って担がれた。

神崎美沙子とぶつかったエマは突き飛ばされて翔太の顔が幻覚で怖く見えていた。

翔太の車に乗ってからも幻覚は見えていて、ベッドで翔太とセックスしている時も天井が歪んでいた。

帰り際にお前のためなら何だってすると呟き翔太は帰っていく。

一方、俊助は由利が花屋にいるのを見かけて声をかける。

エマはベッドで寝ていたが天井から黒い手が出る悪夢にうなされて目を覚ます。

だが、今度は美沙子の片腕がベッドの中にありびっくりして目を覚ます。

部屋に戻った由利は骨董品店「加茂句堂」の店主・波田聡美に花を渡す。

由利は小説をミステリー同好会の仲間に読ませたほうがいいと俊助に助言した。

その頃、クラブにいたエマは美沙子の血塗れ姿の幻覚が見えて絶叫した。

美沙子は翔太を奪ったエマのことを憎んでいて、近いうちに夢のように血塗れのぐちゃぐちゃになると忠告した。

エマは気分転換に海外ドラマのオーディションを受けることになり、車の中で目隠しをされる。

とある洋館に連れてこられて目隠しを外すと黒タイツを着た男が立っていて驚いて壁に頭を打ち気絶する。

目が覚めると床に美沙子の片腕があり、バスタブには血塗れの美沙子の死体がありエマは驚いた。

気がつくとエマは井出と俊助に話しかけられて美沙子の死体を見たと二人に話す。

しかし、幻覚かもしれないとエマは井出と俊助に言い、俊助は由利に相談してはどうかと提案した。

俊助たちは由利を呼び出してエマは洋館に連れてこられるまでの状況を話し始める。

車の中で目隠しを外して大きな目が見えたとエマは証言する。

その目は美容整形外科の看板であると判明してそこから辿るとエマが連れてこられた洋館を見つける。

暖炉が赤々と燃えていると証言したが暖炉は燃えていなくて、その時翔太が由利たちに怒鳴りつけに来た。

エマは美沙子の死体を見たと翔太にも話す。

消防隊が洋館に突入して中に入ると暖炉に美沙子の片腕と、バスタブで美沙子の死体を発見した。

エマは一人で自宅に戻ったが、部屋には大きな目玉があり驚愕した。

事件の担当は等々力刑事で、彼は由利のことを疑っていた。

その時、重要参考人として井出とエマが現場に連れてこられてエマは自分が美沙子を殺したのか由利に尋ねる。

エマは等々力から美沙子を殺したのかと問いつめられたが混乱してわからないと証言する。

状況を整理すると、エマが洋館のバスタブに美沙子の死体を発見して俊助たちと洋館に行った時には美沙子の死体はなかった。

そして、美沙子はクラブに行きやめますとクラブのママ・梶原絹江に伝えた後、洋館のバスタブで美沙子の死体が発見された。

取り調べ室で由利は等々力に尋問されていて洋館には一人分のゲソ痕しかなかったことを話すと由利は「的をとらえた」と呟く。

後日、エマは翔太に呼び出されて会いに行き二人は警察に追われる。

絹江がエマを車に乗せて逃亡し、由利の車に俊助が乗り込み後を追う。

由利は井出の父親の映画を井出が模倣しようとしていると話す。

美沙子の死体の現場の状況がこの映画とよく似ていたと由利は俊助に告げる。

その頃、エマは洋館の柱に縛りつけられていてバスタブには絹江が寝かされていた。

井出は絹江の腕をチェーンソーで切り刻もうとした。

そんななか、由利と俊助は井出の父親の撮影所を発見して奥にはバスタブがあり絹江が寝かされていた。

由利と俊助の前にチェーンソーを持った井出が立ち塞がり、井出は父親を超えると躍起になっていた。

エマが俊助の手を握った時も井出は恨んでいて、美沙子を殺したのは子どもだと馬鹿にされたからだ。

殺意に満ちている井出に由利は「君はいつからこの悪夢を見続けている」と告げる。

井出は逆上して由利に襲いかかり、由利は井出を倒して縄で縛り上げる。

エマと絹江は助かったが、翔太は殺されていてエマは意気消沈するのだったーー。

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第2話の感想

今回の『探偵 由利麟太郎』は幻覚を見るエマが美沙子の死体を発見して本当に美沙子の死体があったのか由利が捜査することになる。

幻覚と現実の区別がつかないエマの証言がどこまで正しいのかわからないからな。

洋館でエマの言った通り美沙子の死体が発見されてエマは自分が殺したのではないかと不安に駆られる。

幻覚で自分のことも信じられなくなってる(´・ω・`)

美沙子の死体が移動したとは謎めいているな。

結局、井出が美沙子を殺害した犯人で、井出は父親を超えようと躍起になってエマに幻覚を見せて動揺させたのだ。

こんなイカれたストーカーはなかなかいないよ…。

由利の名推理で井出が捕まってよかった!

まとめ

ドラマ『探偵 由利麟太郎』第2話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

バスタブで死んでいる美佐子がいるというエマの証言の真相を確かめるべく由利に助けを求めた俊助は、早速洋館の場所を突き止める。

しかし、そこには死体どころか殺人が行われた痕跡も見当たらなかった。

さらに翌日には美沙子が店に来たとママの梶原絹江(山口香緒里)が証言。やはりエマの幻覚だったのか——。そう思った矢先、エマが見たという凄惨(せいさん)な光景、洋館のバスタブから美沙子の死体が発見される。

由利麟太郎の華麗な謎解きをご覧いただき感謝する!

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする