ドラマ『アシガール』9話ネタバレあらすじ 唯、いざ戦国時代へ

黒島結菜主演のドラマ『アシガール』第9話のネタバレあらすじと感想とまとめてみた。

唯は現代に戻ったが、タイムマシーンの燃料が切れていて戦国には戻れないと知って激しく落ち込んだ。

その熱意に弟の尊は動かされてあと一往復分だけの燃料をたくわえる。

ドラマ『アシガール』第9話のあらすじ

現代に戻った唯(黒島結菜)だが、タイムマシーンの燃料が切れていて戦国には戻れないと知って激しく落ち込む。

唯の熱意に弟の尊(下田翔大)は動かされ、あと一往復分だけの燃料をたくわえた。

若君・忠清(健太郎)を守りぬきたいという唯の思いに、父・覚(古舘寛治)や母・美香子(中島ひろ子)も、必ず現代に戻ると約束させて送り出すのだった。

半年ぶりの戦国では、忠清は羽木家を率いる覚悟を固めて松丸家の姫・阿湖(川栄李奈)と結婚しようとしていた。

唯との再会の喜びに、思わず抱きしめる忠清だが……。

そんな折に唯は阿湖姫にお願いされて阿湖のお忍びの外出に付き合うはめになって二人に魔の手が忍びよっていた。

ドラマ『アシガール』第9話のネタバレ

唯は最後の別れに忠清から渡された手紙を読んで自分の部屋でわかりやすく落ち込んでいた。

学校から帰った尊は唯が一番好きだったと忠清が言っていたと唯に伝える。

それを聞いて元気を取り戻した唯は尊を急かしてタイムマシンの燃料が完成するのを待っていた。

そして半年後、唯は木村先生から忠高の手紙が出土したとの知らせを聞いて手紙を読んだ。

そこには高山家との戦に勝ったと書かれていて唯は喜んだがその後に忠清と阿湖姫の婚儀が決まったと知って唯は怒った。

木村先生は小垣市の古戦場から唯の写真が発掘されて唯は忠清が自分のことを想っていたと知り喜んで走り出す。

唯が家に帰ると突然大爆発が起きて機械が壊れてもうタイムマシンの燃料は作れなかった。

燃料は半年の間に2回分しか作れず唯は発掘された自分の写真を家族に見せて忠清が戦国時代に自分に想いを寄せていたことを家族に伝える。

もう一度戦国に戻って忠清を守りたいと家族に訴えた。

唯の決意を知った尊は唯に煙玉とゴーグルを渡して唯は戦国に戻って忠清と阿湖姫の婚儀をぶち壊すと自分の心のうちを叫んだ。

唯の叫びを聞き美香子は婚儀をぶち壊してきなさいと唯に告げ唯は戦国時代にタイムスリップした。

唯は早速天野家にやってきてそこには信近と結婚した吉乃がいて驚いた。

忠清と阿湖姫の婚儀をぶち壊すために帰ってきたと唯が吉乃に言うと吉乃は婚儀を決めたのは忠清のほうだと唯に告げる。

忠清は唯が平成の世に戻った後、成之に跡を継がせたが家中の混乱の中高山家が攻めてきて忠清が再び跡を継いで高山家を追い払った。

領民のために忠清が婚儀を決めたと知り唯は落ち込む。

吉乃は小平太に忠清に唯が戻ったことを伝えてはならないと言ったが唯はいつの間にかいなくなっていた。

忠清の屋敷に来た唯は阿湖姫と楽しそうに話しているのを見て気をもんでいた。

小平太からレンコンの挟み揚げの匂いがして忠清は唯がここに来ていることを察した。

草原で落ち込んでいる唯の前に忠清が現れる。

忠清はなぜ戻ってきたと唯に問いかけ唯は忠清の自分に対する気持ちを聞きたいと告げる。

「わしは心から、お前に礼を申さねばならぬ」と忠清は唯に言い唯は忠清の気持ちを知りタイムマシンを池に投げ捨てる。

唯は忠清の足軽としてずっとそばにいると忠清に言い去っていった。

高山家の戦での忠清の功績を忠高は褒めていた。

なぜ突然跡を継ぐのをやめると言い出したと忠高は尋ね、忠清は穏やかな暮らしをする夢を見たと忠高に告げる。

それは夢で己の心の弱さだと忠高は忠清に告げ忠清はもうそんなことは申さないと硬く誓う。

阿湖姫はいい人だけど仲良くするほど心広くないと唯は呟く。

その頃、成之は高山家の家臣と阿湖姫を誘拐して松丸家と高山家の手を組ませて忠清を葬ろうと企んでいた。

その企てに如古坊は反対して今からでも忠清に許しを乞うて忠清に仕える道もあるのではと提案する。

如古坊が甘蔓を取っている間に成之は如古坊を殺して喜ぶ母の久に成之は己が決めたことだと告げた。

阿湖姫のもとにやってきた唯は彼女から一度黒羽城の城下町を見物したいと言って城下町を案内してほしいとお願いされる。

唯は内緒で阿湖姫を城下町に案内してこれを好機とみて高山家の刺客たちは阿湖姫を誘拐しようとする。

阿湖姫の手を掴んで刺客たちから逃げようとして納屋の中で阿湖姫と服を入れ替えて唯が阿湖姫の身代わりになる作戦を立てる。

唯が服を脱いだ時に阿湖姫に女の子だとバレてしまったが唯はそんなの気にせずに阿湖姫の着物を着る。

唯が刺客たちを引きつけている間に阿湖姫は唯の着物を着て逃げる。

刺客を振り切って物陰に隠れていた唯だったが刺客に見つかり誘拐されてしまう。

一方、唯が阿湖姫を屋敷から連れ出したことを知って忠清は動揺していたーー。

ドラマ『アシガール』第9話の感想

平成の世に戻った唯だったがタイムマシンの燃料が切れていて戦国時代には戻れずに激しく落ち込む。

唯の熱意に尊は心を動かされて、あと一往復分だけの燃料をなんとかたくわえた。

尊の実験室が爆発するシーンはSFもののお約束のシーンで面白かったww

唯が忠清と阿湖姫の婚儀をぶち壊すと家族の前で宣言して母の美香子が応援したのには笑った♪( ´▽`)

半年ぶりの戦国時代では、忠清は羽木家を率いる覚悟を決めて松丸家の姫である阿湖姫と結婚しようとしていた。

当主でお家を守る責任があるから忠清が婚儀を結ぶのは仕方ないな。

唯と久しぶりの再会に思わず抱きしめる忠清だったが唯とお家のために唯には感謝していると告げた。

忠清の精一杯の言葉だな、ゆいもその気持ちがわかってるといいけど…。

ラストシーンで唯は高山家の刺客に捕まって誘拐されちゃった。

このあと唯がどうなっちゃうのか気になる終わり方だったな❗️

まとめ

ドラマ『アシガール』第9話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

阿湖姫が狙われていて、唯が阿湖姫を連れて逃げていた。

唯がおとりになっている間に阿湖姫は唯の着物を着て逃げる。

刺客を振り切って物陰に隠れていた唯だが刺客に見つかってしまい誘拐される。

一方、唯が阿湖姫を屋敷から連れ出したことを知って忠清は動揺するのだった。

第10話では、唯が高山家に捕まったことを知った忠清は唯を必死で探す。

企てを知っているらしい成之と、ついに剣を合わせる忠清だった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする