ドラマ『アシガール』8話ネタバレあらすじ 忠清と唯、別れの時

黒島結菜主演のドラマ『アシガール』第8話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

唯は忠清の窮地を救ったとして忠清の警固役に任命されて天野家で武者修行することになった。

その一方で、忠清は婚約者の阿湖姫と対面していて….。

ドラマ『アシガール』第8話のあらすじ

若君・忠清(健太郎)の窮地を救ったとして、唯(黒島結菜)は若君の警固役に取り立てられ、天野家で武者修行することになる。

一方、忠清は婚約者の松丸阿湖(川栄李奈)と対面する。

阿湖姫に加えて、側室として、ふき(中村静香)も控えており、唯はやきもきする。

敵の高山方とつながりがある成之(松下優也)を探りにおもむいた唯だが、逆に策略におちいり、成之の部屋に連れ込まれてしまう。

かけつけてきた忠清は激怒。吉乃(ともさかりえ)に背中を押されて忠清に会いにいった唯。

彼女は、ありったけの思いを伝え、二人の心は通じ合う。

現代の両親のもとにいったん戻るはずの満月の夜に遠乗りをすることになり、ロマンチックなデートに、と意気込む唯。

タイムマシーンが使える最後の機会とも知らずに…。

ドラマ『アシガール』第8話のネタバレ

唯は忠清を救った功績をかわれて忠清の警固役に抜擢された。

だが、小平太からの厳しい武者修行に唯は根をあげて忠清が代わりに稽古した。

その頃、阿湖姫は忠清に挨拶をしたが婚儀を先に延ばしたいと言われてしまう。

阿湖姫は馬に乗ろうとしたが断られて馬小屋にいた唯に気づく。

唯と話をした阿湖姫は忠清には他に想いを寄せる人がいるのではないかと考えていて、それが鐘ヶ江のふきではないかと睨む。

一方、ふきの歌を聴いた忠清はこれが「マジうぜェー!」というものではないかと小平太に話す。

忠清はふきを屋敷に呼んだ負い目があるから文のやりとりをしただけだが阿湖姫と唯はふきと忠清の距離が縮まっているのではないかと気が気でない。

阿湖姫の女中は唯が忠清の警固役と知り忠清とふきがどういう関係か探るように頼むが阿湖姫はそんな浅ましい真似はしてはならないと唯に告げる。

唯は忠清のことが気になって屋敷から抜け出そうとするが吉乃が引き止める。

その頃、忠清は屋敷でふきと会っていた。

唯は忠清がふきといい感じになってると思いやきもきしていた。

そんななか、忠高は兵糧を集めているとの情報を聞き戦を仕掛けるつもりなのかと家臣たちに尋ねる。

成之は高山家が戦を仕掛けるつもりではと考え自分に戦の先陣を任せてほしいと忠高に頼む。

成之が山奥の国境の屋敷にいるという情報を聞いた唯は不審に思って成之のもとへ向かう。

屋敷では如古坊と高山家の家臣、そして成之が高山家と戦うと見せかけて高山側につき羽木家を攻める策を企てていた。

そのことを知った唯は急いで忠清に伝えようとした。

黒羽城に着いた唯だったが如古坊に酒を飲まされて成之のもとに連れていかれた。

唯が成之の屋敷にいると知り忠清は急いで成之の屋敷に行く。

成之の屋敷の部屋に来た忠清は成之が唯を抱きしめているのを見て忠清は成之に嫉妬した。

忠清は屋敷まで唯を無理やり引っ張ってきてなぜ酒を飲んで成之の屋敷にいたと怒鳴る。

忠清に怒られて唯は落ち込み、その時信近と吉乃の会話を耳にする。

信近は元武家の吉乃の肝のすわったところに心惹かれて告白する。

だが、吉乃は断り唯は驚いてつい声が出てしまった。

翌日、唯は吉乃に忠清に現世のものではないと突き放されたことに落ち込んでこのまま離れたほうがいいのではないかと話す。

その時、吉乃は自分のしたいようにするのがいい、どんなことがあってもただ若君のそばにいるよう唯に告げる。

唯は心の赴くまま忠清のもとに走り出した。

忠清の屋敷に来た唯は成之が黒羽城を攻め落とそうとしていることを報告して「忠清のそばにいる足軽として若君を守りたいだけだ」と忠清に訴える。

言いたいことはそれだけかと忠清は唯に問いかけると、唯は号泣しながらふきと忠清が一緒になるのは嫌だと叫ぶ。

唯の気持ちを知った忠清はふきとは何でもないことを伝え、またふくの姿になって唯とデートがしたいと話す。

唯は大喜びして支度をしに駆け出して行き、忠清は唯が帰った後、「どうやらわしも、嫌なのだ…」と呟く。

その後、忠清は成之の屋敷に来て唯からすべてを聞いたと察する成之。

忠高にすべてを話せばそれですむだろうと成之は冷たく言ったが忠清は戦の先陣を自分に任せてほしいと忠高に頼みに言ってきたと成之に伝える。

そして、成之に頼みたい義があると忠清は告げるのだった…。

忠清は女の姿になった唯と一緒に馬に乗り草原にやってきた。

最後の別れを言った忠清に唯は平成に帰る間際に忠清に告白しようとしたがその直前に消えてしまう…。

平成の世に戻った唯は尊たちからもう戦国時代には戻れないと言われ唖然とする唯だったーー。

ドラマ『アシガール』第8話の感想

唯は若君を救った功績を買われて若君の警固役に取り立てられた。

天野家で武者修行することになったが女子高生のためすぐに根をあげた。

縮こまっている唯(黒島結菜)も可愛い💗

一方、忠清は婚約者の阿湖姫と対面して、さらには側室としてふきも控えていて唯はやきもきする。

恋のライバル出現で唯は気が気でないなヽ(*^ω^*)ノ

敵の高山家とつながりがある成之を探りに行った唯だったが、逆に策略に陥って成之の部屋に連れ込まれる。

成之は忠清と唯を引き離そうとしてるのか!

駆けつけてきた忠清は唯に激怒する。

吉野に背中を押された唯は忠清に会いにいって自分のありったけの想いを伝えて2人の心が通じ合う。

唯と忠清の心が通じ合ってよかった、純粋が二人が結ばれて何より♬

現代の両親のもとにいったん戻ることになっていた唯は忠清とともに遠乗りをして、ロマンチックなデートになると意気込んでいた。

タイムマシンが使える最後の機会になるとも知らずに唯は忠清と一緒にひとときのデートを過ごした。

この後永遠の別れになると思ってみると全く違って見えるな…..。

まとめ

ドラマ『アシガール』第8話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

忠清は女の姿になった唯と一緒に馬に乗り草原にやってきていた。

最後の別れを言った忠清に唯は平成に帰る間際に忠清に告白しようとしたがその直前に消えてしまった。

平成の世に戻った唯は尊たちからもう戦国時代には戻れないと言われて唖然とする唯だった。

第9話では、唯の熱意に弟の尊は動かされてあと一往復分だけの燃料をたくわえていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする