ドラマ『アシガール』7話ネタバレあらすじ 忠清唯に大きな嘘をつく

黒島結菜主演のドラマ『アシガール』第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

若君失踪への関わりを疑われて追われる身になった唯は信茂によって天野家に匿われる。

しかし、追っ手は吉乃をとらえて唯の居場所を聞き出そうとして唯は吉乃を助けようと自ら姿を現して….。

ドラマ『アシガール』第7話のあらすじ

君・忠清(健太郎)は、タイムマシーンで現代に送られて怪我の治療を受けた。

しかし、高熱を出してしまい戦国に戻ってこられなくなった忠清だった。

一方唯(黒島結菜)は一ヶ月後の機会を信じて待ち続けるが、若君失踪への関わりを疑われて追われる身になってしまう。

「じい」こと信茂(イッセー尾形)は、そんな唯を天野家にかくまった。

だが、追っ手は唯が母と慕う吉乃(ともさかりえ)をとらえて唯の居場所を聞き出そうとする。

彼女を救おうと、唯は自ら姿を現し、とらわれの身になった。

牢の中で、忠清が戻るはずの満月の夜に望みを託したものの、ついに戻ってこず、唯は絶望と発熱で倒れてしまう。

翌朝、もうろうとしたまま殿・忠高(石黒賢)の前に引き出された唯。

成之(松下優也)は「足軽・唯之助」の着物をはぎ取るように命じて唯は最大のピンチを迎える…。

ドラマ『アシガール』第7話のネタバレ

唯は忠清と初めてデートで来た思い出の場所で野宿をした。

そこに信茂が現れて忠清のお気に入りの場所で忠清の後を追って切腹をしようとしていた。

それを唯が必死に止め、忠清は満月の夜に帰ってくると信茂に告げる。

信茂はその言葉を信じて天野家に唯を匿うことにした。 

女中になって働くことになった唯は満月の間だけ匿われることになった。

一方、黒羽城に来ていた阿湖姫は忠清を探していた時に成之に会い親元に帰るよう冷たく言い放つ。

阿湖姫は成之のことを睨んでいた。

洗い物をしていた唯は天野信近に呼び出されて忠清が矢に倒れた夜になぜ吉田城にいたのか尋ねる。

唯はしばらく考え、如古坊が忠清の暗殺を企てていたことを話した。

黙っていたのはもし如古坊の耳に入って命を狙われたくないと唯は信近に伝える。

信近は忠清暗殺に成之は関わったないかと唯に問いかけ、唯は心当たりがあったが忠清の手前黙っていることにした。

成之のもたに来た忠高は病弱で戦いには向かないと成之から聞かされる。

病弱になったのは何者かに毒を盛られたからだと成之は忠高に言い忠高は扇子を使い成之に殴りかかる。

成之は手のひらでそれを止め忠高は「なるほど」と呟き去っていく。

いよいよ満月の日になり唯は忠清が帰ってくるとうかれていた。

その時、吉乃が捕まったとの知らせを聞き急いで吉乃のもとに向かう。

吉乃は信近の前で唯之助は忠清をたぶらかすような真似はしないと豪語した。

唯が吉乃の前に現れて黙って隠れていることはできなかったと泣いて話す。

牢屋に入れられた唯は忠清が帰るのを信じて待っていた。

一方、忠清は日本史の教科書を読んでこの本に載っておらずとも羽木家のみんなは確かに生きていたと尊に語った。

尊に女性の好みを聞かれると、忠清は唯の写真を見て想いを馳せた。

いよいよ忠清が戦国へ帰る日、速川家は忠清に別れを告げる。

タイムマシンの燃料はあと2回分しかなく次に唯がここに帰ってきたらもう二度と戦国へは行けないと尊は忠清に教える。

忠清はタイムマシンで戦国へ戻り着物を着て黒羽城へ向かった。

そんななか、唯は牢屋で風邪を引き成之は唯が高山家の間者で忠清の命を狙っていると忠高に告げる。

しかし忠高は唯がそのような企みを企てたとは思えないと話す。

そんな時、忠清が生きて帰ってきてみんなも喜んだ。

成之は憤りながら帰っていき、信茂は喜びのあまり忠清に抱きついた。

風邪を引いている唯に感謝を伝え忠清は唯を抱き寄せた。

唯は天野家の離れの屋敷で静養して、忠清が帰ってきたお祝いをしていた。

夜になり小平太は忠清から預かった手紙を唯に渡す。

唯が手紙を読んで忠清が制服を着て自分のベッドで寝そべって漫画を読んでいる写真を見て唯は心の底から羨ましがる。

手紙の最後にタイムマシンの燃料があとわずかだと書かれていて唯は確かめるために忠清に会いに行こうとする。

唯のいる屋敷に突然忠清が現れてタイムマシンの燃料があと1回分しかないと忠清は唯に告げる。

唯は何の迷いもなく戦国時代に残ると決意する。

速川家のみんなのために忠清は実はあと2回分使えると嘘をつき満月の夜に家に帰ってまた来いと唯に話す。

唯は喜んでいたが、忠清は寂しそうな顔をしていたーー。

ドラマ『アシガール』第7話の感想

タイムマシンで現代に送られて怪我の治療を受けていた忠清は、高熱を出してしまって戦国に戻れなくなっていた。

一方で、唯は一ヶ月後に忠清が帰ると信じて待ち続けたが若君を暗殺しようとした刺客だと疑われて追われる身になってしまう。

感染症になって倒れてしまった忠清が心配だけど、追われる身になった唯のことも心配(`・ω・´)

信茂は若君を信じて待つ唯に心打たれて唯を匿うことにした。

「じい」は優しい人だって僕は思ってた!

そんな中、追っ手は吉乃を捕まえて唯の居所を聞き出そうとして唯は吉乃を救おうと自ら姿を現した。

唯は無鉄砲だけど愛情あふれるところが愛くるしい♬

とらわれの身になった唯は満月の夜に望みを託したがついに戻ってこなくて唯は牢屋の中で風邪を引いて倒れてしまう。

翌朝にもうろうとした意識のまま殿の忠高の前に引き出されて成之は唯の着物を剥ぎ取るように命じて唯はピンチを迎える。

だが、その時忠清が生きて帰ってきて家臣たちは喜んだ。

唯はついに忠清にハグされて至福のひとときだと思うけど悲しいかな唯は夢だと思ってるという( ̄▽ ̄;)

この光景も微笑ましいけどね💕

まとめ

ドラマ『アシガール』第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

風邪を引いて天野家の屋敷で静養していた唯の前に突然忠清が現れてタイムマシンの燃料があと1回分しかないと忠清は唯に告げた。

唯は何の迷いもなく戦国時代に残ると決意した。

唯の家族のために忠清は実はあと2回分使えると嘘をつき満月の夜に家に帰ってまた来いと唯に話す。

唯は喜んでいたが、忠清は寂しそうな顔をしていた。

忠清の寂しそうな顔が頭から離れない….。

第8話では、忠清の窮地を救ったとして、唯(黒島結菜)は若君の警固役に取り立てられる。

天野家で武者修行することになった唯だが小平太にしごかれていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする