ドラマ『アシガール』6話ネタバレあらすじ 若君が現代に!

黒島結菜主演のドラマ『アシガール』第6話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

戦国からタイムマシンで戦国から送られてきた瀕死状態の忠清に速川家のみんなは驚く。

医者である美香子の尽力でなんとか一命をとりとめる忠清。

一方、唯はタイムマシンの仕組みから3分で戻ってくるはずだと思っていたが、いつまでも戻って来ずそのうち若君が消えたと家臣たちは騒ぎ始めて….。

ドラマ『アシガール』第6話のあらすじ

タイムマシーンで戦国から送られた瀕死の若君・忠清(健太郎)に、速川家の面々は驚いた。

だが、母の美香子(中島ひろ子)の尽力でなんとか命を取りとめる。

戦国時代にいる唯(黒島結菜)は、タイムマシーンの仕組みから3分すれば忠清は戻るはずだと、気楽に構えていた。

だが、戻ってこなくて若君が消えたと大騒ぎになってしまった。

しかも成之(松下優也)の策略で、唯は忠清の失踪への関わりを疑われることになる。

城から逃げ出した唯が偶然出会ったのは、忠清のいいなづけの阿湖(川栄李奈)だった。

一方平成の世での忠清は、唯を心配しつつ養生していた。

にじみ出る若君らしさは、尊(下田翔大)らを魅了する。

忠清は戦国で近いうちに自分が死に、一族が滅びる運命と知って衝撃を受けた。

やがて戦国に戻れる、次の満月の夜がやってきていたがーー!?

ドラマ『アシガール』第6話のネタバレ

忠清は平成の世に行き速川家のみんなは驚いた。

一方、タイムマシンの仕組みから3分経ったら戻ってくるはずだがいまだに戻らず唯は焦る。

その時、高山家の者がやってきて唯は如古坊と話していた男だと気づく。

高山家は忠清を連れ去ってはいないと否定して信茂は無闇に高山家に攻め入れば戦になると家来に告げる。

信茂は家来に忠清を探すように命じて唯は忠清を信じて待っていた。

一方、怪我をした忠清を見た唯の母・美香子は忠清を病院に運び唯の手紙を見た尊は事情を察知した。

病院で手当てを受けた忠清は一命をとりとめて看護師に感謝する。

尊は覚と美香子に唯がタイムマシンで忠清を平成の世に送り込んだことを正直に話す。

忠清にもこのことを話し最初は戸惑っていたが落ち着いて現状を受け入れる。

尊は忠清に平成の世のことを教えるために忠清に自分の制服を着せて街を案内した。

女子高生たちは忠清のイケメンっぷりに思わず振り返り馬よりも速く走る車に驚く。

その時、木村先生がガラの悪い若者に絡まれていて忠清が木村先生を助ける。

尊も若者に立ち向かい喧嘩は初めてだという尊に争いを知らないというのは幸せなことだと忠清は尊に告げた。

黒羽城跡地に来た忠清はショックを受けて尊に何があったのか尋ねる。

尊は忠清の武士魂を信じて羽木家が滅亡すると告白した。

心配で忠清のもとに来た尊に忠清はなぜ450年前にタイムスリップして自分を助けようとするのかと尊に聞いた。

尊は唯が考えなしに動いてとにかくただひたすらに忠清を助けようとしているだけだと忠清に言い忠清は納得した。

その頃、成之が忠清の行方を追っていて唯はこのまま忠清が見つからなかったら成之が当主をなり如古坊も高い地位に就くだろうと足軽から聞く。

そんなことになってはたまらんと唯は成之に会いに行き、如古坊は唯を小刀で始末しようとするが成之が止める。

成之は如古坊に城の中で唯之助を始末したら自分たちが忠清を狙っていることもバレると忠告した。

唯を始末するために成之は策を講じた…。

唯は忠清をたぶらかした高山家の間者だということで指名手配され、足軽たちは唯に金と毛皮を渡して抜け道を教えた。

山奥に来た唯は疲れ果てて倒れ、阿湖姫が唯の口に水を滴らせる。

唯は阿湖姫に感謝して、阿湖姫が黒羽城に行きたいということで抜け道を教えた。

そんななか、速川家にいた忠清はこのまま平穏な暮らしを望んでいて突然倒れてしまう。

感染病にかかってしまった忠清は次の満月の日に戦国の世に戻すことはできないと美香子は言う。

そんなことになってるとは露知らず、戦国時代で忠清が帰ってくるまで逃げ延びようと決意する唯だったーー。

ドラマ『アシガール』第6話の感想

唯によってタイムマシンで戦国から送られてきた瀕死の忠清に速川家の面々は驚くが母の美香子の治療で一命をとりとめる。

一方、戦国時代にいる唯はタイムマシンの仕組みから3分すれば戻ってくると思っていたが戻ってこなくて若君が消えたと大騒ぎになる。

あっちもこっちも大騒ぎだな、唯はとんだトラブルメーカーだ!

成之の策略で唯は忠清の命を狙った高山家の間者だと疑いをかけられて指名手配されてしまう。

指名手配書の唯の絵が面白いww

城から逃げ出した唯は逃げた先の山奥で阿湖姫と出会う。

唯は阿湖姫だと気づいてなかったけど阿湖姫は唯のことを気に入った様子。

一方、忠清は平成の世で唯の家で療養していて戦国で近いうちに自分が死んで、一族が滅びる運命だと知って衝撃を受ける。

自分が忠清だったらかなりのショックだな、それでも忠清は自分の運命を変えようと決意してカッコいい💗

まとめ

ドラマ『アシガール』第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

速川家にいた忠清は平穏な暮らしを望んでいたが突然倒れてしまった。

感染病を発症した忠清は次の満月の日に戦国時代に戻ることはできないと美香子は告げた。

一方、戦国時代では忠清が帰ってくるまで逃げ延びようと決意する唯であった。

第7話では、信繁は若君失踪を疑われた唯を匿うが追っ手は唯が母と慕う吉乃をとらえて唯の居場所を聞き出そうとする…..。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする