ドラマ『アシガール』5話ネタバレあらすじ 戦国時代で秘密兵器

黒島結菜主演のドラマ『アシガール』第5話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

忠清が率いる羽木軍のピンチを救うために現代に戻った唯は尊に頼み込んで発明品の「まぼ兵くん」を持って再び戦国へ。

足軽として忠清のそばについて合戦の野を駆け回って大奮闘して….。

ドラマ『アシガール』第5話のあらすじ

若君・忠清(健太郎)が率いる羽木軍のピンチを救おうと、現代に戻った唯(黒島結菜)。

弟の尊(下田翔大)に頼み込みグッズ「まぼ兵くん」を持って戦国へ。

足軽「唯之助」として、忠清の馬について合戦の野を駆け回り、大奮闘する。

活躍を買われた唯は、天野信茂(イッセー尾形)の計らいで、忠清の「御馬番」となる。

そばにいられると喜んだのもつかの間、馬の世話に明け暮れるはめに。

しかしそんな折に忠清から遠出に誘われ、勇んで馬を引く。

この初デートで忠清の思いに触れ、いっそう好きになる。

吉田城での、高山との和議を任された忠清だが、唯はそこに暗殺の陰謀をかぎつけ、忠清を追って走る。

だが、一歩遅く、すでに忠清に向かって矢が放たれていた。

ドラマ『アシガール』第5話のネタバレ


 
唯は戦に勝てる発明品を作ってと尊にお願いしたが戦争の兵器は作りたくないと言って断った。

だけど、唯に才能を見せつけるチャンスだと言ってのせられた尊は発明品を作ると決意する。

学校に来た唯は木村先生に戦に勝つ方法を聞いた。

木村先生は敵陣の後ろに羽木軍の伏兵をこっそりまわり込ませて本軍が敵陣に突っ込んで山まで行き敵を挟み撃ちにする作戦を唯に話す。

そして、尊は東京までスポーツ観戦に行って発明品を作り始める。

尊は唯に発明品の「まぼ兵くん」を渡して唯はまた戦国時代へ戻る。

戻った唯は悪丸に山で敵陣の後ろの山にまわり込んで「まぼ兵くん」を作動させてほしいと頼む。

羽木軍は高山軍とぶつかるが劣勢にたたされ、唯は忠清とともに敵陣に正面突破した。

山までたどり着いた唯と忠清だがこの先は行き止まりになっていて忠清は諦めかけた。

すると、「まぼ兵くん」が作動してサッカー観戦をしているサポーターの映像が空に浮かび上がる。

それを見た高山軍は1万もの伏兵が突然現れたと仰天して逃げていった。

戦は羽木家が勝利をおさめて唯は忠清を最後まで守り抜いた功績をかわれて忠清の馬番を務めることになった。

城に戻った忠清は成之と会ったが忠高と成之の不穏な空気に戸惑っていた。

唯は馬小屋の掃除を命じられて思ってたのと違うと文句を言う。

一方、成之は忠清を暗殺して羽木家の当主になるのを虎視眈々と狙っていた。

唯が馬小屋の藁で寝ている時に忠清が現れてびっくりした。

忠清が馬に乗って唯が走って追いかける。

忠清から生まれはどこかと聞かれてとっさにごまかした。

忠清は母が幼い頃に亡くなって母のことを時々思っていた。

忠清と唯は一緒に帰って忠清は唯に「覚悟は決まったか?」と尋ねる。

もしかして忠清にふくだとバレたのではと不安に思う唯だった。

一方、忠清の婚約相手の阿湖姫が忠清に会いに行こうとしていた。

馬小屋の掃除をしている唯は如古坊と高山家の者が何やら不穏な会話をしているのを目撃する。

「今宵、吉田城で忠清を…」という言葉が聞こえ、唯は如古坊たちを追いかけようとしたが如古坊に腹を殴られて気絶してしまう。

目を覚ました唯は忠清が高山家との和議を結ぶために吉田城に行ったと知り唯は急いで吉田城に向かう。

しかし、忠清は高山家の刺客に矢で射られて瀕死の重傷を負ってしまった。

城に運ばれた忠清は坊主の治療を受けたがしんぞうに血溜まりがたまってこのままだと命はないと信茂に告げる。

信茂が出ていった後、唯はでんでん丸で坊主を倒し忠清のそばに駆け寄る。

忠清は唯が来る気がして起きていて唯は忠清に和議を勧めたことを謝った。

忠清に短刀型のタイムマシンを持たせて唯は尊宛ての手紙を書く。

忠清が短刀を鞘から抜き、最後に本当の名前を教えてほしいと忠清は唯に尋ねる。

唯は躊躇しながらも「唯」と告げ忠清はすっと消えていった。

忠清が現実世界に行った後、唯は忠清の無事をひたすら祈っていたーー。

ドラマ『アシガール』第5話の感想

唯は羽木軍のピンチを救うためにタイムマシンで現代に戻る。

尊に頼み込んで発明品の「まぼ兵くん」を持って戦国へ。

この「まぼ兵くん」可愛い見た目だけどこれで敵軍を追い払えるの?

「まぼ兵くん」でサッカー試合を鑑賞する大勢のサポーターが空に映し出されて大軍が来たと勘違いして逃げていく。

忠清を守った功績を買われて忠清の「御馬番」になるが馬小屋の掃除が大変で疲れ果てる。

馬の世話は思ったより大変だ(´・ω・`)

忠清と初デートをすることになった唯は大喜びをした。

忠清が母親の話をする時に悲しい表情をしたのが印象的(*´ー`*)

そんななか、唯は如古坊と高山家の家臣が不穏な会話をしているのを耳にする。

吉田城で忠清を暗殺しようと企てていて唯は忠清に危険を知らせようと吉田城に駆け出す。

しかし一足遅く忠清は矢に倒れて瀕死の怪我を負う。

このままでは忠清が死ぬと思い唯はタイムマシンを忠清に持たせて現代に送り込むことになった。

唯もとんでもないことを考えるな、忠清は助かるのか❗️

まとめ

ドラマ『アシガール』第5話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

忠清に短刀型のタイムマシンを持たせて、最後に本当の名前を教えてほしいと忠清は唯に尋ねた。

唯は戸惑いながらも「速川唯」と自分の本当の名前を告げ忠清はすっと消えていった。

忠清が現実世界に行った後に、唯は忠清の無事をひたすら祈っているのだった。

第6話では、タイムマシンで戦国から送られてきた忠清に速川家のみんなは驚いたが医者の美香子の尽力で命をとりとめて….。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする